ここから本文です。

更新日:2014年8月22日

(株)本間鮮魚店:さっぽろ食の安全・安心推進協定

協定ロゴマーク札幌市と「さっぽろ食の安全・安心推進協定」を締結した「(株)本間鮮魚店」「マイルール」(食の安全・安心のために特に重点的に取り組んでいく事項)をご紹介します。

マイルール

マイルール
  • 商品の品質・鮮度・適正表示の確認を行い、安全・安心な食品を提供します。
  • 商品の先入れ・先出しを徹底し、消費期限・賞味期限の管理を徹底します。
  • 食品表示の偽装は許しません。
  • 商品を保管する冷蔵庫、冷凍庫の温度を確認し、記録します。
  • 店舗・倉庫等の清掃、整理整頓を徹底し、常に清潔な状態を保ちます。
協定の締結

協定締結日:平成22年9月26日/協定締結番号:102070

協定書(PDF:584KB)

前年度の取組状況

【平成25年度】

  • 北海道産の食材にこだわり、鮮魚・加工品ともに産地表示を心がけています。また、氷を敷き詰めた発泡スチロールに鮮魚を並べガラスのフタをして陳列するのは、保冷技術がそれほど進んでいなかった創業当時からの工夫です。見栄えを損なわずに、ホコリや雑菌の侵入や温度上昇から鮮魚を守れる上、冷気と温度を効率よく封じ込め、鮮度を逃がさないという先人の知恵を現在も守っています。

事業者の概要

事業者の概要

二条市場に店を構える本間鮮魚店は、昭和19年の創業。北海道産の食材にこだわり、鮮魚・加工品とも産地表示を心がけています。氷を敷きつめた発砲スチロールに鮮魚を並べガラスのふたをして陳列するのは、保冷技術がそれほど進んでいなかった創業当時からの工夫。見栄えをそこなわずに、ほこりや雑菌の侵入や、温度上昇から鮮魚を守れる上、冷気と湿度を効率よく封じ込め、鮮度を逃がさないという先人の知恵です。そんな昔ながらの風景も、なじみ客に親しまれています。

本間鮮魚店1 本間鮮魚店2

事業者名

(株)本間鮮魚店表取締役

  • 札幌市中央区南3条東1丁目二条魚町
  • 電話番号011-241-9387/FAX番号011-251-5169
施設名
  • (株)本間鮮魚店
    札幌市中央区南3条東1丁目二条魚町/電話番号011-241-9387
ホームページ

 

関連する協定締結者

札幌水産物商業協同組合(加盟団体)

参考

 

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

※ 食中毒等による健康被害の発生など、緊急の対応が必要な場合は、直接お電話にてご連絡を願います。