ここから本文です。

更新日:2014年10月14日

情報の探し方

札幌市公式ホームページには、膨大な情報が掲載されています。

このページでは、その膨大な情報のなかから、欲しい情報にたどり着くための方法をご紹介します。

情報の探し方は大きく分けて2つあります。検索機能を使う場合カテゴリから探す場合です。

万が一、情報が見つからない場合は、札幌市コールセンター(011-222-4894)年中無休 8時00分~21時00分も是非ご利用ください。

 検索機能を使う場合

公式ホームページ内に設置している検索窓に、調べたいキーワードを入力して検索ボタンを押してください。公式ホームページ内で、お探しと思われるページが検索されます。

検索窓にキーワードを入力し検索ボタンを押している画像

下矢印(検索結果は)

検索結果のイメージ画面

検索結果は、検索条件に合致する順番に表示されます。検索したキーワードは太字で表示されます。

上手に検索するにはポイントがありますので、以下にいくつかご紹介します。

複数のキーワードを空白(スペース)で区切る

調べたい事柄に関連するキーワードを、なるべく短く区切って複数入力してください。それらのキーワードが含まれるページを検索します。その際、キーワードを空白(スペース)で区切ることが大切です。

良い例

○

このように入力すると、「ごみ」と「分別」を含むページが検索されます。キーワードの間にはスペースを1つ入れましょう。

悪い例

×

複数のキーワードをつなげて検索すると、お探しのページが見つかりにくくなります。

 

×

文章をそのまま入力しても、見つかりにくくなります。

複数のキーワードのいずれかを含むページを検索する

2つのキーワードの間に大文字のORを入力すると、そのキーワードのいずれかを含むページを検索できます。

良い例

○

このように入力すると、「動物園」か「ZOO」を含むページが検索されます。ORの前後には空白(スペース)を入れてください。

悪い例

×

このようにORを入れずに検索すると、「動物園」と「ZOO」が両方が含まれるページを検索してしまいます。

特定の単語を含まないページを検索する

単語の前にマイナス記号をつけると、その単語を含まないページが検索されます。
複数の意味を持つ語句(たとえば区役所の「窓口」とそれ以外の「窓口」)のいずれかに限定して検索したい場合に便利です。

良い例

○

このように入力すると、「窓口」を含み、かつ「区役所」を含まないページが検索されます。

悪い例

×

マイナス記号の前には必ず空白(スペース)を入れてください。

※この他にも様々な検索方法がありますので、詳しくは検索のヒントのページをご覧ください。

Google、Yahoo!などの検索機能を使う場合

Google、Yahoo!などの検索ページから、直接、札幌市の情報を調べたい場合は、検索ワードの中に「札幌市」というキーワードを入れて、複数の単語で検索をしてください。

「札幌市」というキーワードを入れない場合、札幌市と関係のない情報も検索されてしまいますので、ご注意ください。

googleの検索画面の入力例

 カテゴリから探す場合

検索機能を使わずに、欲しい情報をカテゴリ分類から探すこともできます。

札幌市公式ホームページでは、以下のカテゴリを用意しています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局広報部広報課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2036

ファクス番号:011-218-5161