ホーム > 教育・文化・スポーツ > 郷土史と文化財 > 博物館活動センター > おうちミュージアム > マンモスとアンモナイトのぬりえをしよう!

ここから本文です。

更新日:2021年5月22日

マンモスとアンモナイトのぬりえをしよう!

今は絶滅(ぜつめつ)した生き物ぬりえシリーズです。
北海道ではアンモナイトやマンモスの化石が発見されているんですよ。

マンモス

約400万年前から1万年前頃まで生息(せいそく)していて、北海道には4万5000年前以降に大陸(たいりく)から渡(わた)ってきました。
全長3.2mに達(たっ)することもある巨大(きょだい)な曲がった牙(きば)[※前歯(まえば)]が特徴(とくちょう)です。

マンモス(PDF:197KB)

アンモナイト

貝とよく間違われますが、イカやタコと同じ軟体動物(なんたいどうぶつ)です。
世界ではおよそ1万種、北海道では500種類(しゅるい)のアンモナイトが発見されています。

アンモナイト(PDF:186KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市博物館活動センター

〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6

電話番号:011-374-5002

ファクス番号:011-374-5014