文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2022年4月1日

呼吸器内科

呼吸器内科診療方針 

気管支炎から気管支喘息・肺癌まで呼吸器疾患全般に対して科学的根拠に基づく標準的治療を提供することを基本方針としています。

ページの先頭へ戻る

呼吸器内科の概要 

当科は3名の医師で入院と外来、気管支鏡検査を行っています。当院が地域がん診療連携拠点病院の指定を受けているため、当科でも肺がんに力を入れて診療しています。入院患者さまの多くは肺がんの内科治療(抗がん剤治療や放射線治療)を受けています。肺がんは難治がんの代表格で、抗がん剤のみでは完治できないため、治療方針を決める際には当科のほか呼吸器外科、放射線診断科、放射線治療科、病理診断科、リハビリテーション科、緩和ケア内科など多くの部門がかかわり、連携やカンファレンスを行っています。治癒の見込めない進行肺がんの患者さまに関しては、効果と副作用のバランス、生活の質を考慮しつつがんとうまく共存できる治療方針を考えています。肺がん以外には気管支喘息、COPD(肺気腫や慢性気管支炎)、間質性肺炎、肺炎などの呼吸器感染症も診療しています。当科が対応する領域は現代の医学でも完治はおろか改善も困難な疾患が多いのが現実ですが、呼吸器疾患全般に対して少しでも多くの患者、家族の皆さまが納得できる診療を提供できるよう努力しております。

ページの先頭へ戻る

こんな症状・疾患を診ています 

  • かぜをひいたあと咳だけがとまらない
  • 呼吸するときにヒューヒューという音がきこえて息がしづらい
  • 煙草を吸っているが、最近階段をあがると息があがる
  • 痰に血がまじる
  • 胸の写真を撮ったが、医師から肺に影があるといわれた

ページの先頭へ戻る

診療実績 

令和2年度

内容

件数
気管支鏡検査 61

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています~担当医紹介~ 

職名 氏名 専門分野 資格等
部長 本村 文宏 呼吸器内科学

日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本臨床細胞学会細胞診専門医
日本呼吸器内視鏡学会専門医

副部長 秋江 研志

呼吸器内科学

金田 聡門

呼吸器内科学
臨床腫瘍学

日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医

がん治療認定医

医長 長谷川 大

呼吸器内科学(特にCOPD)

医学博士
日本内科学会認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
禁煙指導医
日本医師会認定産業医

泉 寛志 呼吸器内科学
一般職 松永 章宏

 

 


ページの先頭へ戻る

肺がんの治療 

札幌市内にあって、本院はがん診療拠点病院に指定されている数少ない医療機関のひとつです。肺がん患者は増加の一途のため、肺がんに対する診療が当科に課せられた重要な責務と考えています。そのため、標準治療を提供することのほかに、肺がんに対する新しい治療法の確立をめざした臨床試験にも参加しています。治療に際しては、可能な限り生活の質を維持できるように努めており、患者さんによっては家庭で日常生活を過ごしながら通院にて化学療法をおこなう方もいらっしゃいます。 

ページの先頭へ戻る

学会・研究会等発表 

令和2年

演題名

前医の胸水細胞診が腺癌であったが局所麻酔下胸腔鏡にて悪性胸膜中皮腫(上皮型cT1aN0M0)と診断しえた一症例

出題者

金田聡門、泉 寛志、長谷川大、秋江研志、本村文宏、三品泰二郎、

櫻庭 幹、田中明彦、牧田啓史、辻 隆裕

所属

市立札幌病院呼吸器内科、呼吸器外科、病理診断科

学会名

第119回日本呼吸器学会北海道支部学術集会

発表

月日

2020年2月22日

発表地

札幌

論文等 

令和2年

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)
発表年 ページ
A randomized phase II trial of cisplatin plus gemcitabine versus carboplatin plus gemcitabine in patients with completely resected non-small cell lung cancer: Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group Trial (HOT0703)

Fukumoto S, Oizumi S, Akie K, et al

Department of Respiratory Medicine, National Hospital Organzation Hokkaido Cancer Center, Department of Resiratory Medicine, Sapporo City General Hospital, etc. Cancer Chemotherapy and PharmacologyCancer Chemotherapy and Pharmacology 2020 86 117 127
Detection of somatic TP53 mutation in surgically resected small-cell lung cancer by targeted exome sequencing: association with longer relapse-free survival.

Yokouchi H, Nishihara H, Akie K, et al

Department of Respiratory Medicine, National Hospital Organzation Hokkaido Cancer Center, Genomics Unit, Keio Cancer Center, Keio University School of Medicine, Department of Respiratory Medicine,  Sapporo City General Hospital, etc. Heliyon 2020 6 e04439