文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

歯科口腔外科

歯科口腔外科について 

 歯科口腔外科は口腔、顎、顔面の病気の診療を行っています。その内容は、親知らずの抜歯、顎骨周囲の炎症、骨折などの外傷、囊胞、良性腫瘍、骨格性咬合異常(顎変形症)、悪性腫瘍などの治療を行っています。治療に際して恐怖心や不安の強い方、緊張で血圧が上がりやすい方、時間のかかる抜歯などには、リラックスして治療が受けられるよう静脈内鎮静法(静脈麻酔)を用いた治療も行っています。
 一般の歯科治療(虫歯や歯周病の治療、義歯の作成など)は地域の歯科医院にお願いしており、当院では行っておりません。

ページの先頭へ戻る

基本方針 

  1. 地域中核病院の口腔外科として他の病院、歯科医院との連携を重視し、地域医療に貢献するように努めます。
  2. 十分なインフォームドコンセントのもとに、患者中心の医療を提供します。
  3. 知識の習得・技術の研鑽に励み、質の高い医療を提供します。
  4. 口腔の健康管理を通して全身の健康管理に関与できる歯科医師の育成と、高い技術と幅広い知識をもつ口腔外科専門医の育成に努めます。

ページの先頭へ戻る

こんな症状、疾患を診ています 

  • 親知らず・埋伏歯の抜歯、虫歯や歯周病などにより感染源となっている歯の抜歯
  • 歯周組織・顎骨の炎症
  • 顎骨骨折、歯の脱臼、口腔軟組織の裂創
  • 顎口腔領域の良性腫瘍、囊胞
  • 口腔がん、顎口腔領域の悪性腫瘍
  • 口内炎、舌炎、扁平苔癬、口腔カンジダ症、白板症などの粘膜疾患
  • 開口障害、開口時痛
  • 口腔乾燥、唾液腺の疼痛・腫脹
  • 顎変形症に対しての外科的矯正治療(地域医療機関・矯正歯科と連携)
  • インプラントおよび一般の歯科治療(虫歯や歯周病の治療、義歯の作成など)は、当院では行っておりません。

 

ページの先頭へ戻る

診療実績 

2019年度

全身麻酔手術実績

手術名 例数
埋伏歯抜歯

22

口腔癌切除術

(うち遊離皮弁再建)

12

(1)

顎骨腫瘍・囊胞摘出術

6

下顎骨骨折整復固定術

5

プレート抜去

2

上顎洞関連手術

2

外科的咬合改善手術

1

外科的消炎術

1

静脈麻酔、静脈内鎮静手術実績

手術名 例数
埋伏歯抜歯

75

抜歯

43

顎骨腫瘍摘出術

4

歯根端切除術

2

その他

11

 

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています~担当医紹介~ 

職名

氏名

専門分野

資格等

部長

小野 貢伸

口腔腫瘍
口腔がん
摂食嚥下リハビリテーション

日本口腔外科学会専門医・指導医
がん治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)
日本口腔腫瘍学会口腔がん暫定指導医
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

副部長

中村 英司

口腔外科一般

日本口腔外科学会専門医・指導医

一般職

山口 響子

口腔外科一般

日本口腔外科学会認定医

非常勤医

金澤 香

歯科麻酔

日本歯科麻酔学会認定医・専門医

日本口腔外科学会認定医

日本顎関節学会専門医

髙橋 秀佳 口腔外科一般 日本口腔外科学会認定医

 

ページの先頭へ戻る

静脈内鎮静法下での治療 

 歯科治療に対して不安、緊張、恐怖心が強い方、高血圧・心臓病などの疾患がある方、時間がかかる手術(両側の親知らずを抜歯)などを対象に行っています。
 方法としては、腕の血管に点滴から少しずつお薬(鎮静薬、麻酔薬)を入れながら治療を行います。緊張や不安がとれると眠くなりますが、全身麻酔とは違って意識がなくなるわけではなく、話しかけると応じることができる程度です。リラックスして治療を受けることができ、血圧・脈拍が安定するため安全に治療を受けられます。また、治療の際、途中の経過など覚えていない方も多く(健忘効果)、処置時間が実際より短く感じられたりすることもあるため、治療を楽に感じることができます。
 治療後は、薬剤の効果がしばらく残りますので、眠気・ふらつきが出るため、原則として入院(日帰り入院あるいは1泊入院)が必要となります。

主な流れ

1.歯科麻酔医による診察

治療前に全身疾患、服用中の薬の確認などをします

 

2.治療

shika2_3005

shika3_3005

 

3.日帰り入院と1泊入院

(1)日帰り入院

午後回診

退院

  • 午前中の治療限定
  • お帰りの際は付き添いの方が必要

(2)1泊入院

翌日回診

退院

*詳しく知りたい方はお気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る

近燐の医療機関の皆様へ 

 当科は近隣の医療機関からの患者さんのご紹介に積極的に対応しております。当科での治療の適応のある患者さんがいらっしゃいましたら、お気軽にご紹介いただければ幸いです。ご紹介いただいた先生方と患者さんの双方の信頼が得られますように努力いたします。
 なお、緊急のご紹介は医師への直接のご連絡でお受けしますが、翌日以降の受診の場合は、外来待ち時間短縮などのサービス向上のため、予約をお願いしております。
 紹介状をご準備いただきますと、地域連携センター(受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時・直通電話:011-726-7831 FAX:011-726-7832)で予約を承ります。医療機関からでも患者さんからでも結構です。
 札幌市医師会会員の先生からのご紹介は、地域医療室(受付時間:月曜日~金曜日 午前9時~午後5時、土曜日は12時まで・直通電話:011-707-7705 FAX:011-707-7706、E-Mail:spchiiki@muse.ocn.ne.jp)で予約を行っています。

ページの先頭へ戻る

学会・研究会等発表演題 

平成29年

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


下顎歯槽部に再発したマントル細胞リンパ腫の1例 八幡大悟
髙橋秀佳
永坂大地
中村英司
藤原敏勝
小野貢伸
市立札幌病院歯科口腔外科 第35回日本口腔腫瘍学会総会 2017年
1月26日
福岡
下顎歯槽部に再発したマントル細胞リンパ腫の1例 八幡大悟
髙橋秀佳
永坂大地
中村英司
藤原敏勝
小野貢伸
市立札幌病院歯科口腔外科 北海道病院歯科医会平成29年第1回例会 2017年
3月25日
札幌
咀嚼筋隙に進展した角化囊胞性歯原性腫瘍に対して反復処置法を適応した1例 篠原早紀
山田珠希
松岡真琴
佐藤(栗林)和代
大廣洋一
小野貢伸
鄭漢忠
北海道大学大学院歯学研究科口腔顎顔面外科学教室
市立札幌病院歯科口腔外科
第43回日本口腔外科学会北日本支部学術集会 2017年
5月26日
函館
当科における過去17年間の腺様囊胞癌症例の臨床的検討 山田珠希
足利雄一
小野貢伸
栗林和代
大廣洋一
鄭漢忠
北海道大学大学院歯学研究科口腔顎顔面外科学教室
市立札幌病院歯科口腔外科
第41回日本頭頸部癌学会 2017年
6月8日
京都
顎放線菌症が疑われた下顎骨骨髄炎の1例 髙橋秀佳
鳥井將貴
八幡大悟
箭原元基
中村英司
小野貢伸
市立札幌病院歯科口腔外科 第62回日本口腔外科学会総会 2017年
10月21日
京都
口から食べるためのリハビリテーション 嚥下障害とその評価 小野貢伸 市立札幌病院歯科口腔外科 第950回市立札幌病院学術研修会 2017年
11月9日
札幌

平成28年

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日
発表地
当科管理の病院歯科と大学病院の鎮静症例の臨床統計的検討 金澤香 市立札幌病院歯科口腔外科
北海道医療大学歯学部生体機能・病態学系歯科麻酔科学分野
第42回日本口腔外科学会北日本支部学術集会 2016年
6月19日
山形市

論文等 

平成28年

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)
発表年 ページ
反復処置法により顎骨の形態を温存し治癒した巨大な含歯性嚢胞の1例 篠原早紀 市立札幌病院歯科口腔外科
鎌ヶ谷ファミリー歯科
横山ファミリー歯科
市立札幌病院医誌

2016

75  289 293