文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

精神科

精神科について 

 身体合併症を併せ持つ精神科救急の患者さんを中心に診るセンターです。
 2012年4月に当院隣に精神医療センター(38床)が新設され、前身の静療院の成人部門が移転・統合されました。その結果、当院は精神科病棟を有する総合病院となり、2013年4月には、精神科救急・合併症入院料の基準を取得しました。当センターの入院対象は、身体疾患各診療科と連携しながら精神および身体の治療を要する患者さん、精神科三次救急の患者さんです。
 精神科病棟を有する総合病院は、札幌市内に当院のほか北海道医療センターと、2つの大学病院があります。今後もこれらの病院と協力しながら、身体疾患を併せ持つ精神科救急患者さんの診療に尽力してまいります。
 なお、緊急の入院依頼に応じられるよう外来診療を可能な範囲で縮小しており、一定の改善が得られた長期通院を要する患者さんは、連携医療機関である診療所や病院をご紹介させていただいております。双方向の円滑な診療体制維持のため、何卒ご協力をお願い致します。

構造・規模: 鉄筋コンクリート造、地上4階建
総床面積: 3,020平方メートル
病床数: 38床(個室16床、4床室16床、保護室6床)
職員体制:常勤医師8名、看護師30名(病棟27名、外来3名)、精神保健福祉士2名、非常勤臨床心理士2名)

精神医療センター

1)入院診療のご案内

 同センターは、主として急性期の集中的な治療を要する精神疾患患者さんの診療を行っています。
具体的には、以下のような患者さんを対象に入院の受け入れをしています。

  1. 急性期の身体疾患を合併することにより、身体疾患各診療科と連携しながら精神科治療も積極的に行わなければならない患者さん
    *精神疾患があり、肺炎、悪性腫瘍、重症糖尿病、骨折などの身体疾患を合併した患者さんや、身体疾患がありながら精神疾患(うつ病、統合失調症、認知症、せん妄など)を合併した患者さんの診療を行います。
  2. 精神科三次救急対応を要する患者さん、救命救急センターと連動した札幌圏の精神科救急患者さん
    *身体的に重篤で救命救急治療を要する患者さんで、背景に精神疾患があり精神科治療も同時に必要とされるような患者さんについては、救命救急センターにおける身体治療終了後、当センターに転棟していただき引き続き診療を行います。

2)外来診療のご案内

  1. 救急外来
    他院や他診療科からの紹介で緊急入院を必要とする患者さんに対応します。
  2. 新患診療
    完全紹介予約制です。当院各診療科と連携しながら治療を進める必要のある患者さんを対象としています。他の病院・診療所で紹介状を書いていただき、その医療機関から直接、当院窓口へ事前の予約をお願いいたします。患者さんご自身からは直接精神科へご予約頂けません。
    なお、既に他の精神科医療機関におかかりの場合は、ご紹介いただく身体疾患診療科医療機関の紹介状の他に、おかかりの精神科医療機関の紹介状も必要です。
  3. 再来診療
    新患診療後の再来診療に関して、病状が安定している患者さん、身体疾患診療科と連携して治療を行う必要がない患者さんには、身近な地域の精神科医療機関を紹介させていただいております。

ページの先頭へ戻る

こんな症状・疾患を診ています 

  • うつ病、双極性感情障害
  • 統合失調症
  • パニック障害、不安障害、強迫性障害、身体表現性障害
  • 認知症、せん妄

 ※がん患者さんの緩和医療チームにも当センターが関与しています。

ページの先頭へ戻る

基本方針 

 これまで札幌市内には、身体疾患を併せもつ精神疾患患者さんに対応できる医療機関が不足しており、関係機関からこのような医療機関の開設について多数のご要望を頂いてまいりました。このため当センターでは、身体合併症をもつ精神疾患患者さんや精神科三次救急対応を要する患者さんへの入院治療を中心に行っています。
 救急対応がいつでも可能なように外来診療は最小限にとどめているため、他院での診療継続が可能な患者さんについては、地域連携センターを介して市内連携医療機関をご紹介しております。ご理解ご協力の程お願い致します。

診療実績 

令和元年度身体合併症患者の合併症分類

内容

件数

悪性腫瘍

34

意識障害

30

肺炎・気胸

18

骨折・外傷

16

妊産婦

8

急性腹症

7

血液疾患(悪性含む)

7

腎疾患(透析含む)

6

内分泌・代謝

6

肺塞栓・心不全

4

その他

24

160

 

令和元年度全入院患者の入院形態

内容

件数

医療保護入院

 158

任意入院

37

応急入院

6

緊急措置入院

1

措置入院

6

208

私たちが担当しています~担当医紹介~ 

 

 

職名

氏名

専門分野

資格等

部長 伊藤 侯輝 臨床精神医学  
副部長 松永 力 臨床精神医学

一般病院連携精神医学専門医・指導医
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医

医長 近藤 千尋 臨床精神医学
コンサルテーション・リエゾン精神医学
一般病院連携精神医学専門医・指導医
精神保健指定医
登録精神腫瘍医
日本精神神経学会専門医・指導医
副医長 黒鳥 偉作 臨床精神医学  
一般職

北村 一紘

臨床精神医学

精神保健指定医

相澤 香織

臨床精神医学

 

三戸 麻友紗

臨床精神医学

 

岩渕 賢嗣

臨床精神医学

 

非常勤医

鹿野 智子

臨床精神医学

精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医

 

ページの先頭へ戻る

こんなこともしています 

EBMに基づいた先進的な薬物療法、心理教育、集団認知行動療法などを実践しています。 

ページの先頭へ戻る

学会・研究会等発表演題 

平成31年・令和元年(2019年)

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


市立札幌病院連携施設精神科専門医プログラムの紹介

高田秀樹

松永力

石井純

嶋香菜子

奥村真佑

中下並人

味藤静

相澤香織

高柳瞬

鹿野智子

市立札幌病院精神医療センター 第115回日本精神神経学会学術総会

2019年
6月21日

新潟
睡眠障害の臨床―眠れないと言われたとき 松永力 市立札幌病院精神医療センター 不安不眠に関わる研修会 2019年
6月28日
札幌
精神科医の立場から見た精神科身体合併症医療―精神科病院でできること 松永力 市立札幌病院精神医療センター 第8回日本精神科医学会総会 2019年
7月5日
札幌
地域における総合病院精神科医療の展開 高田秀樹 市立札幌病院精神医療センター 第69回日本病院学会 2019年
8月1日
札幌
肺血栓塞栓症の予防と対応―精神科病院でできること 松永力 市立札幌病院精神医療センター 大谷地病院研修会 2019年
9月9日
札幌
アルコール離脱症候群の予防にガバペンチンが有効であった2症例

相澤香織

松永力

森下和輝

味藤静

秋山久

長江智子

奥村真佑

森川一史

嶋香菜子

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 第32回日本総合病院精神医学会総会 2019年
11月15日
倉敷
摂食障害の治療中に低Mg血症によるけいれんをきたした一例

秋山久

森下和輝

相澤香織

味藤静

長江智子

奥村真佑

森川一史

嶋香菜子

松永力

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 第136回北海道精神神経学会例会 2019年
12月8日
札幌
長期の鉄剤投与により、二次性ヘモクロマトーシスを生じた神経性無食欲症の一例 森下和輝

相澤香織

味藤静

秋山久

長江智子

奥村真佑

森川一史

嶋香菜子

松永力

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 第136回北海道精神神経学会例会 2019年
12月8日
札幌
中枢神経ループスの一例 ステロイドによる副作用との鑑別点について

味藤静

石井純

森下和輝

相澤香織

秋山久

長江智子

奥村真佑

森川一史

嶋香菜子

松永力

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター

石金病院

第136回北海道精神神経学会例会 2019年
12月8日
札幌
総合病院におけるアルコール離脱症候群の予防―ガバペンチンが有用であった2例

相澤香織

松永力

森下和輝

味藤静

秋山久

長江智子

奥村真佑

森川一史

嶋香菜子

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 第136回北海道精神神経学会例会 2019年
12月8日
札幌

平成30年(2018年)

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


当院の精神科入院患者における巨大結腸症の動向

林下善行

相澤香織

味藤静

中下並人

鹿野智子

高田秀樹

上村恵一

佐々木史

市立札幌病院精神医療センター
国立病院機構北海道医療センター精神科
市立釧路総合病院精神神経科
第114回日本精神神経学会学術総会 2018年
6月21日
神戸
レベチラセタムによる薬剤性横紋筋融解症を発症した一例

青木礼奈

鹿野智子

林下善行

高田秀樹

佐々木史

上村恵一

市立札幌病院臨床研修センター・精神医療センター
市立釧路総合病院精神神経科
国立病院機構北海道医療センター精神科
第133回北海道精神神経学会例会 2018年
7月8日
札幌

平成29年(2017年)

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


Elderly patients over 90 years old in liaison psychiatry

Fumi Sasaki・Kouhei Sugiyama・Keisuke Azumaya・Yoshiyuki Hayashishita・Keiichi Uemura・
Hideki Takada

Psychiatric Medical Center, Sapporo City General Hospital World Psychiatric Association 17th World Congress 2017年
10月8日~12日
Berlin, Germany
刃物誤飲を繰り返す一例~総合病院精神科に求められる短期精神療法を再考する~

佐々木史

中下並人

長江智子

杉山効平

林下善行

上村恵一

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 第30回日本総合病院精神医学会総会 2017年
11月18日
富山
精神症状により意思決定支援に難渋した末期癌患者2例

佐々木史

相澤香織

味藤静

中下並人

鹿野智子

林下善行

上村恵一

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 北海道精神神経学会 第132回例会 2017年
12月10日
札幌
当院に入院となったアルコール関連患者の動向

相澤香織

林下善行

佐々木史

味藤静

中下並人

鹿野智子

上村恵一

高田秀樹

市立札幌病院精神医療センター 北海道精神神経学会 第132回例会 2017年
12月10日
札幌

 

ページの先頭へ戻る

論文等 

平成30年(2018年)

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)


ページ
総合病院における精神科医療の展開 高田秀樹 市立札幌病院精神医療センター 全国自治体病院協議会雑誌 2018 57 72 75
医療現場における自殺未遂者ケア 高田秀樹 市立札幌病院精神医療センター 心の健康 2018 141 20 23
特集にあたって~当科の歴史と現状、そして展望 高田秀樹 市立札幌病院精神医療センター 市立札幌病院医誌 2018 78(1) 3 7
精神科医療の現状と新たな取り組み―精神科身体合併症医療― 松永力 市立札幌病院精神医療センター 市立札幌病院医誌 2018 78(1) 9 11
精神科新専門医制度の紹介 林下善行 市立札幌病院精神医療センター 市立札幌病院医誌 2018 78(1) 19 25
薬物療法 松永力 市立札幌病院精神科 NiCE看護学テキスト 病態・治療論(12) 精神疾患 2018   71 91
睡眠障害 松永力 市立札幌病院精神科 NiCE看護学テキスト 病態・治療論(12) 精神疾患 2018   176 185 

平成29年(2017年)

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)


ページ
がん患者のココロを支える 対応が難しいケースへのアプローチ②「死にたい」訴える患者 上村恵一 市立札幌病院精神科 薬局 2017 68 103 108
精神症状7つの誤解~「3つのD~Depression・Delirium・Dementia」を見分ける~ 上村恵一 市立札幌病院精神科 プロフェッショナルがんナーシング 2017 7 388 403
【乳癌診療の最前線】 乳がんにおける精神心理的ケアの役割 上村恵一 市立札幌病院精神科 市立札幌病院医誌 2017 77 41 48
精神科身体合併症事例に関する外来トリアージの後方視的検討

林下善行

中下並人

長江智子

鹿野智子

嶋香菜子

上村恵一

武村史

高田秀樹

市立札幌病院精神科 市立札幌病院医誌 2017 76 193 197

seishin_4.JPG