文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 外科・乳腺外科

ここから本文です。

更新日:2017年6月26日

外科・乳腺外科

外科・乳腺外科について

当院外科・乳腺外科は、スタッフ医師7人と初期・後期研修医師3~4人で消化器(食道・胃・腸・肝臓・胆嚢・膵臓・他)疾患、乳腺疾患、小児外科疾患等の診療にあたっています。
当科で診療する主な疾患としては,食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆管・胆嚢癌、膵臓癌、乳癌など悪性疾患や、胆石症、そけいヘルニア、急性虫垂炎、痔など良性疾患があります。
平成25年の総手術件数は927件で,そのうち全身麻酔による手術は609件でした。予定手術はもちろん、臨時手術、救命救急センター等との連携手術も行います。
毎週、放射線診断科・消化器内科・病理診断科と共にカンファレンスやキャンサーボードを行い、手術患者さんの治療方針や手術適応を厳重に検討しています。それぞれの患者さんの病気の進み具合や体の状態を充分に考え、患者さんお一人お一人に合わせた最適な術式を選択しています。根治を目指した拡大手術から手術後の生活しやすさ(QOL)を重視する手術まで,幅広く対応しております.
当科は道内でも黎明期から腹腔鏡下胆嚢摘出術を始めており、患者さんの手術後の早期社会生活復帰のお役にたってきました。最近は,症例により消化管手術にも腹腔鏡手術を応用しています.
消化器外科・乳腺・小児外科専門医を擁し、他科との良好な情報交換や優秀な外来・病棟スタッフに恵まれた環境の中で、病気に悩む方々の一日も早い健康回復を目指して日夜奮闘しています。

ページの先頭へ戻る

基本方針

合併症を極力少なくし,安全に手術を行うことを最優先としています。
クリニカルパスなどを利用した充分でありながら無駄のない医療を提供する一方で、患者さんお一人お一人の病状・病態にあった手術および周術期管理を行います。その目的のために、各科・各部門との緊密な連携・カンファランスによって治療方針を決定しております。

ページの先頭へ戻る

こんな症状、疾患を診ています

  • バリウム検査や便検査をしたら、胃腸科病院で手術を勧められた
  • 便に血液が混じる
  • 肌や尿が黄色くなり内科で検査したら、外科受診を勧められた
  • 前から胆石があり、最近お腹や背中が痛い
  • 乳房にしこりがある
  • 乳房検診で精密検査を勧められた
  • 子供の股や陰嚢がはれている気がする
  • 子供の便秘がひどくて、小児科医に精密検査を勧められた

ページの先頭へ戻る

手術件数

平成28年の手術件数です。

手術コード

手術名

件数

K0001 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径5㎝未満) 89
創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径5㎝未満・真皮縫合) 2
K0002 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径5㎝以上10㎝未満) 2
K0003 創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径10㎝以上)(その他) 1
K0004 創傷処理(筋肉、臓器に達しないもの・長径5㎝未満) 1
創傷処理(筋肉、臓器に達しないもの・長径5㎝未満・真皮縫合) 1
K0005 創傷処理(筋肉、臓器に達しないもの・長径5㎝以上10㎝未満) 1
K0061 皮膚腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝未満) 2
K0062 皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3㎝以上6㎝未満) 1
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(躯幹) 1
K472 乳腺膿瘍切開術 1
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5㎝未満) 10
K4742 乳腺腫瘍摘出術(長径5㎝以上) 4
K474-2 乳管腺葉区域切除術 2
K474-3 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術(一連につき) 74
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術) 14
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わないもの) 24
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・腋窩部郭清を伴わないもの) 23
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術) (内視鏡下によるものを含む) 3
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除併施しない) 19
K4766 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除併施有り) 2
K485 胸壁腫瘍摘出術 1
K5253 食道切除再建術(腹部の操作) 1
K5341 横隔膜縫合術(経腹) 1
K5342 横隔膜縫合術(経胸及び経腹) 1
K6112 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(四肢) 3
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 98
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内等)(その他のもの) 1
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 8
K6232 静脈形成術、吻合術(腹腔内静 1
K6261 リンパ節摘出術(長径3㎝未満) 4
K6262 リンパ節摘出術(長径3㎝以上) 2
K630 腹壁膿瘍切開術 1
K6331 ヘルニア手術(腹壁瘢痕ヘルニア) 9
K633-21 腹腔鏡下ヘルニア手術(腹壁瘢 1
K6333 ヘルニア手術(臍ヘルニア) 10
K6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア) 31
K6336 ヘルニア手術(大腿ヘルニア) 1
K6338 ヘルニア手術(骨盤部ヘルニア・坐骨ヘルニア) 1
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 33
K636 試験開腹術 8
K636-2 ダメージコントロール手術 1
K636-4 腹腔鏡下試験切除術 3
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 3
K6374 限局性腹腔膿瘍手術(その他) 2
K639 急性汎発性腹膜炎手術 3
K6421 後腹膜腫瘍摘出術(腸切除を伴わないもの) 1
K643 後腹膜悪性腫瘍手術 1
K645 骨盤内臓全摘術 4
K647 胃縫合術 4
K654-2 胃局所切除術 1
K654-31 腹腔鏡下胃局所切除術(内視鏡処置を併施するもの) 1
K654-32 腹腔鏡下胃局所切除術(その他のもの) 1
K6551 胃切除術(単純) 3
K6552 胃切除術(悪性腫瘍) 12
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍) 9
K6571 胃全摘術(単純) 1
K6572 胃全摘術(悪性腫瘍) 18
K657-22 腹腔鏡下胃全摘術(悪性腫瘍) 2
K662 胃腸吻合術(ブラウン吻合を含む) 6
K663 十二指腸空腸吻合術 1
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 4
K6711 胆管切開結石摘出術(胆嚢摘出を含む) 1
K6712 胆管切開結石摘出術(胆嚢摘出を含まない) 1
K672 胆嚢摘出術 47
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68
K6751 胆嚢悪性腫瘍手術(胆嚢に限局する) 3
K6753 胆嚢悪性腫瘍手術(肝切除(葉以上)を伴う) 1
K677-22 肝門部胆管悪性腫瘍手術(血行再建なし) 2
K690 肝縫合術 1
K6951 肝切除術(部分切除) 14
K6952 肝切除術(亜区域切除) 1
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 1
K6954 肝切除術(1区域切除(外側区域切除を除く)) 2
K6955 肝切除術(2区域切除) 5
K7021 膵体尾部腫瘍切除術(膵尾部切除術)(脾同時切除) 1
K7022 膵体尾部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 4
K7031 膵頭部腫瘍切除術(膵頭十二指腸切除術) 4
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う) 5
K7033 膵頭部腫瘍切除術(周辺臓器の合併を伴う) 1
K7034 膵頭部腫瘍切除術(血行再建を伴う場合) 2
K704 膵全摘術 2
K705 膵嚢胞胃吻合術 1
K711 脾摘出術 4
K711-2 腹腔鏡下脾摘出術 1
K714 腸管癒着症手術 21
K7161 小腸切除術(悪性腫瘍手術以外の切除術) 13
K7162 小腸切除術(悪性腫瘍手術) 5
K716-22 腹腔鏡下小腸切除術(悪性腫瘍手術) 1
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 5
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 3
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 22
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 14
K7191 結腸切除術(小範囲切除) 21
K7192 結腸切除術(結腸半側切除) 2
K719-21 腹腔鏡下結腸切除術(小範囲切除、結腸半側切除) 4
K719-22 腹腔鏡下結腸切除術(全切除、亜全切除) 1
K7193 結腸切除術(亜全切除) 2
K7193 結腸切除術(悪性腫瘍手術) 34
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 55
K720 結腸腫瘍摘出術 1
K724 腸吻合術 6
K725 腸瘻造設術 26
K726 人工肛門造設術 40
K726-2 腹腔鏡下人工肛門造設術 5
K7321 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴 1
K7322 人工肛門閉鎖術(腸管切除を伴う) 8
K7391 直腸腫瘍摘出術(経肛門) 4
K7401 直腸切除・切断術(切除術) 5
K7402 直腸切除・切断術(低位前方切除術) 3
K740-21 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切除術) 7
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 11
K740-23 腹腔鏡下直腸切除・切断術(切断術) 2
K7403 直腸切除・切断術(超低位前方 1
K742-2 腹腔鏡下直腸脱手術 2
K7434 痔核手術(根治手術) 2
K745 肛門周囲膿瘍切開術 6
K747 肛門ポリープ切除術 2
K772 腎摘出術 1
K799 膀胱壁切除術 1
K836 停留精巣固定術 1
K865-2 腹腔鏡下仙骨腟固定術 1

合計

1085

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています ~担当医紹介~

外科・乳腺外科

職名

氏名

専門分野

資格等

理事 三澤 一仁 消化器外科、特に肝・胆・膵外科 日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定医
日本肝胆膵外科学会評議員
マンモグラフィ読影認定医
部長 大島 隆宏 消化器外科 日本外科学会専門医
日本消化器外科学会認定医
マンモグラフィ読影認定医
医長 奥田 耕司 消化器外科
救急外科
麻酔科標榜医
日本外科学会専門医・指導医
日本救急医学会専門医
マンモグラフィ読影認定医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本がん治療認定医機構認定医
医長 片山 知也    
副医長 寺﨑 康展 一般外科 日本外科学会専門医
日本外科感染症学会インフェクションコントロールドクター
日本医師会認定産業医
災害派遣医療チーム研修修了
日本DMAT
マンモグラフィ読影認定医
一般職 上坂 貴洋 一般外科 マンモグラフィ読影認定医
日本外科学会専門医
一般職 齋藤 健太郎 一般外科  
一般職 谷 道夫    
一般職 大島 由佳 一般外科

 

 

職名

氏名

専門分野

資格等

部長

大川 由美

乳腺外科

日本乳癌学会専門医・指導医
日本外科学会専門医・指導医

マンモグラフィ読影認定医
乳房再建用エキスパンダー/インプラント基準医師
日本臨床腫瘍学会暫定指導医

日本がん治療認定医機構認定医・暫定教育医

兼務
血液内科副医長

笠原 郁美

血液疾患
造血幹細胞移植

内科学会認定医・指導医
血液専門医

                  ページの先頭へ戻る

乳がん検診・乳腺専門外来・ストーマ外来について

乳がん検診について

クーポン検診、札幌市の乳がん検診(札幌市お住まい、40歳以上で偶数年齢の方)、その他の自己負担検診いずれもできます。問診、触診、マンモグラフィ(女性技師)を行い、必要に応じて超音波検査を行います。同日結果をお知らせできます。

超音波室

超音波室

乳腺専門外来

乳腺専門医が毎週月曜日9時00分~10時30分に、気になる症状や検診で精密検査を勧められた初診の方の診察を行っています。地域連携センターで予約できます。他曜日をご希望の場合も適宜予約可能です。当院乳腺外科に受診歴がある方は月曜日から金曜日8時45分~11時00分に直接お越し頂き、当科予約外のお手続きで受診できます。

当科にはマンモトーム(吸引組織生検機器)があり、大きな傷をつけずに組織検査ができます。女性の16人に1人は乳癌に罹ると言われています。乳房に不安がある方、検診を受けたことがない方、是非ご検討ください。

ストーマ外来

当院のストーマ外来は、ストーマを持つ患者さん・オストメイトが受診されています。
完全予約制とし、ゆったりとした環境で担当医師・看護師が時間をかけて、術前の生活と変わらず安心して過ごせるよう、ストーマの管理の方法などについて援助しています。また、排便コントロールについてお困りの方などのご相談もお受けしています。
第4水曜日の午後、診療を行っています。

治療の点滴室

治療の点滴室

空調も設備されている診察室

空調も設備されている診察室

外来スタッフから

外来スタッフは病院と患者さん、ご家族をつなぐ場になるようにと環境を整えさせていただいております。
入院・手術前の不安な気持ちや手術後の新たな生活への支援も行っています。いつでも気軽に声をかけて下さい。

ページの先頭へ戻る

論文等

平成20年論文等(外科)

異所膵をともなう潰瘍合併十二指腸狭窄の一切除例
森田 亮、福島 剛、高橋 俊之、和田 雅孝、片桐 弘勝、菊地 一公、武田 圭佐、大川 由美
三澤 一仁、佐野 秀一
市立札幌病院医誌 第67巻第2号, 257-258, 2008

Stage II大腸癌におけるVEGF、 EGFRの発現と再発
武田 圭佐、和田 雅孝、片桐 弘勝、菊地 一公、大川 由美、福島 剛、三澤 一仁、佐野 秀一
藤野 理絵子、武内 利直
第33回札幌市医師会医学会誌, 増刊No.254, 31-32, 2008

ページの先頭へ戻る

平成19年論文等(外科)

大腸癌におけるVEGF、EGFRの発現と肝転移との関連に関する研究
武田 圭佐、財津 雅昭、片桐 弘勝、菊地 一公、大川 由美、田口 和典、三澤 一仁、佐野 秀一、
藤野 理絵子、小川 弥生、武内 利直
第32回札幌市医師会医学会誌 pp37-38, 2007

ページの先頭へ戻る

平成18年論文等(外科)

Pseudomyxoma peritonei due to mucinous cystadenocarcinoma in situ of the urachus presenting as an inguinal hernia
Toshiki Shinohara, Kazuhito Misawa, Hidekazu Sano, Yumi Okawa, Akio Takada
Int J Clin Oncol (2006) 11:416-419

サイトメガロウィルス感染により穿孔性腹膜炎をきたしたBehcet病の1例
庄中 達也、田口 和典、武田 圭佐、大川 由美、三澤 一仁、佐野 秀一
日本臨床外科学会雑誌 67(8), 1933-1936, 2006

高度の肺気腫のため腹壁吊り上げ法腹腔鏡下胆嚢摘出術を自発換気下にて施行した一例
庄中 達也、倉内 宣明、馬場 基、斉藤 琢巳、武田 圭佐、大川 由美、三澤 一仁、佐野 秀一
市立札幌病院医誌 66(1), 35-38, 2006

腹腔鏡下生検が鑑別に有用であった乳癌大腸転移の1例
大川 由美、三澤 一仁、田口 和典、菊地 一公、武田 圭佐、佐野 秀一
日本臨床外科学会雑誌 67(9), 2136-2141, 2006

透析患者における難治性感染症:最新の診断と治療II 難治性MRSA感染症 (2) 外科領域
佐野 秀一、武田 圭佐、中井 正人、斉藤 容子、石角 鈴華、山田 純一
臨牀透析 22(2), 167-174, 2006

ページの先頭へ戻る

平成17年論文等(外科)

閉塞性黄疸で発症した胆管内発育型肝細胞癌の1例 ―最近の切除報告19例の検討―
長佐古 良英、三澤 一仁、渡辺 正明、大黒 聖二、
長谷川 公治、小橋 重親、大川 由美、佐野 秀一
日本消化器外科学会雑誌 第37巻5号 p533-538, 2004

Solitary fibrous tumor in the retroperitoneum
Yoshihide Nagasako, Kazuhito Misawa, Shigechika Kohashi, Hidekazu Sano
American College of Surgeons Vol198, No2, p322-323, 2004

後腹膜原発平滑筋肉腫膵転移の1例
小橋 重親、青柳 武史、三澤 一仁、大黒 聖二、長佐古 良英、
長谷川 公治、大川 由美、佐野 秀一、中西 昌美、田原 正彦
日本消化器外科学会雑誌 第38巻第6号 p679-683, 2005

痔瘻癌と鑑別の困難であった直腸癌痔瘻転移の1例
小橋 重親、青柳 武史、渡辺 正明、長佐古 良英、三澤 一仁、佐野 秀一
日本臨床外科学会雑誌 第66巻第6号 p1409-1413, 2005

危険点数を用いた周術期肺血栓塞栓症の高危険群解析予防対策
長佐古 良英、三澤 一仁、佐野 秀一、伊東 義忠、合田 由紀子、河東 寛
外科 第67巻第4号 p453-455, 2005

経括約筋的腫瘍切除により肛門機能が温存可能であった下部直腸GISTの一例
藤澤 孝志、三澤 一仁、山下 健一郎、内野 隼斗、高橋 春子、遠藤 悠美子
廣方 玄太郎、庄中 達也、菊池 一公、大川 由美、田口 和典、佐野 秀一
市立札幌病院医誌 第65巻第1号 p27-30, 2005

透析合併乳癌患者の臨床・病理学的検討
大川 由美、田口 和典、三澤 一仁、佐野 秀一
札幌市医師会医学会誌 第30回 p171, 2005

ページの先頭へ戻る

平成15年論文等(外科)

Evaluation of malignancy using Ki-67 labeling index for gastric stromal tumor
Yoshihide Nagasako, Kazuhito Misawa, Shigechika Kohashi, Kimiharu Hasegawa, Yumi Okawa, Hidekazu Sano, Akio Takada, Hidetoshi Sato
Gastric Cancer(2003)6:168-172

ページの先頭へ戻る

平成14年論文等(外科)

Stage・胃癌切除後low dose FP療法の検討
三澤一仁、折茂達也、仲昌彦、鈴木茂貴、佐藤富志史、大川由美、米山重人、 佐野秀一、中西昌美
第27回札幌市医師会医学会誌 pp31-32、2002

胃癌術後の肝・大動脈リンパ節再発と縦隔リンパ節再々発にLow-Dose FP療法が著効した1例
三澤一仁、佐野秀一、佐藤富志史、仲昌彦、鈴木茂貴、大川由美、米山重人、中西昌美
癌と化学療法 29(5):757-760、2002

消化管吻合におけるコロンキットの使用経験とその有用性
米山重人、折茂達也、仲昌彦、鈴木茂貴、佐藤富志史、大川由美、三澤一仁、佐野秀一、中西昌美
市立札幌病院医誌 62(2):21-26、2002

卵黄腸管への腸重積を伴った臍帯ヘルニア合併13トリソミーの1例
大川由美、三澤一仁、佐野秀一、中西昌美、手戸一郎、中島健夫、服部司
市立札幌病院医誌 62(1):27-29、2002