文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年8月8日

医療関係の方へ

学術研修会演題

第961回 市立札幌病院学術研修会

日時:令和元年9月12日(木曜日) 17時30分~19時00分
場所:市立札幌病院 2階講堂(札幌市中央区北11条西13丁目1番1号)

テーマ:地域医療支援病院に求められる『治し、支える』リハビリテーション機能とは

【第一部】17時30分~17時45分

  • 治し支える医療とリハビリテーション機能
    市立札幌病院 リハビリテーション科 主査 高橋正浩

【第二部】17時45分~18時30分

  • フレイル(虚弱)と急性期リハビリテーション
    市立札幌病院 リハビリテーション科 理学療法士 杉浦宏和
  • フレイルに対する「生活を支える」ケアと連携
    市立札幌病院 リハビリテーション科 作業療法士 石井陽史
  • フレイル患者の摂食機能とは―摂食嚥下機能低下を見落とさないための当院の取り組み―
    市立札幌病院 リハビリテーション科 言語聴覚士 青野裕範

【質疑応答】18時30分~19時00分

<座長>リハビリテーション科 部長 奥村潤一郎
      リハビリテーション担当課長 小山昭人

お知らせ(PDF:657KB)

事前申込は不要です。ご自由にご参加ください。

お問い合わせ

市立札幌病院 (代)011-726-2211

リハビリテーション科 高橋正浩(内線3817)
              高橋拓真(内線3813)

終了演題

第960回 市立札幌病院学術研修会
令和元年度第1回 がん診療連携拠点病院研修会

日時:令和元年7月11日(木曜日) 18時00分 ~ 19時00分
場所:市立札幌病院 2階講堂(札幌市中央区北11条西13丁目1番1号)

テーマ:がん薬物療法支持療法 Up to date

  • がん薬物療法における支持療法の新潮流~Steroid Sparingを考える~
    消化器内科部長・ 外来化学療法センター長 中村 路夫
  • Steroid Sparingを考える~薬剤師の立場から~
    薬剤部調剤課がん薬物療法認定薬剤師 井上 靖隆

<司会> 市立札幌病院消化器内科部長 ・ 外来化学療法センター長 中村 路夫
ポスター(PDF:352KB)

実施実績

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。