文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2022年5月6日

麻酔科

麻酔科について 

周術期管理チームリーダーとしての麻酔科。
市立札幌病院が、急性期病院としての役割を担うため、周術期医療が重要になります。そして麻酔科医には、安全で質の高い周術期医療を提供し、市民の健康と福祉の増進に寄与することが求められます。その為、麻酔科医には

  1. 十分な麻酔科領域の専門知識と技量
  2. 刻々と変わる臨床現場における、適切な臨床的判断能力、問題解決能力
  3. 医の倫理に配慮し、診療を行う上での適切な態度
  4. 習慣や常に進歩する医療・医学を則して、生涯を通じて研鑽を継続する向上心

が必要とされています。
私たちは、患者さんを良く診る(見て、聞いて、触れて)、そして考えることに重点を置き、更に最先端の医療機器を駆使し、様々な生体情報を理解して安全な周術期管理を目指しております。
さらに、医師、看護師、臨床工学士、薬剤師、臨床検査技師など周術期に関わる複数の職種が協力し合い、麻酔科医を中心とした周術期管理チームを構成していくことにより、チームが一丸となり、安全で質の高い周術期医療の提供に繋がると考えております。それこそが、市立札幌病院が緊密な地域医療連携に役立つと信じております。

ページの先頭へ戻る

基本方針 

患者さんの意思を尊重し、最先端技術を取り入れ、安全な周術期管理を提供します。

こんな仕事を行っています 

手術中の麻酔管理

麻酔とは単に患者さんを眠らせるといったものではありません。

  1. 手術中後の痛みを和らげる
  2. 手術のストレスによる、身体の過剰な反応を抑える
  3. 手術中の循環・呼吸といった全身状態を安定させる

などの役割があります。
そうすることで術者が手術に全力を注げる環境を整え、手術の合併症を減らすことができます。
手術の前日などに、実際に麻酔を担当する医師が患者さんの病室に訪問します。そこで具体的な麻酔の方法を説明したり、簡単な問診などを行います(術前診察といいます)。手術の内容や患者さんの状態によって、麻酔方法はさまざまです。よりよい方法を提示しておりますが、疑問点や希望することがありましたら気兼ねなく仰って下さい。
手術中は、麻酔を専門とする医師が1名以上患者さんの傍にずっとおります。研修指定病院のため、臨床研修医が担当することもありますが、指導医が常について安全に配慮しています。
麻酔科02麻酔科04

 

ページの先頭へ戻る

症例実績 

2017~2021年度麻酔科管理手術症例実績

年度 件数
2017年度

4,039

2018年度

4,009

2019年度

4,040

2020年度

2,861

2021年度(12月時点)

2,074

2020年度はコロナ禍の影響により手術件数が減少し、それに伴い麻酔科管理症例も減ってしまいました。
2021年後半より徐々に手術件数が戻り始めています。

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています~担当医紹介~ 

職名 氏名 専門分野 資格等
部長 伊東 義忠 麻酔科学一般 日本麻酔科学会指導医・代議員・認定医
日本専門医機構専門医
小児麻酔認定医
麻酔科標榜医
医学博士
副部長 檀上 渉 麻酔科学一般
救急医学
日本麻酔科学会指導医・認定医
日本専門医機構専門医
救急医学会専門医
麻酔科標榜医
医学博士
医長 木谷 友洋 麻酔科学一般 日本麻酔科学会指導医・専門医・認定医
日本区域麻酔学会認定医
麻酔科標榜医
副医長 目黒 泰輝 麻酔科学一般 日本麻酔科学会専門医・認定医
麻酔科標榜医
富永 拓 麻酔科学一般 日本麻酔科学会指導医・専門医・認定医
小児麻酔認定医
日本周術期経食道エコー認定医
麻酔科標榜医
佐藤 美奈 麻酔科学一般 日本麻酔科学会専門医・認定医
麻酔科標榜医
渡邉 麻紗子 麻酔科学一般 日本麻酔科学会専門医・認定医
麻酔科標榜医
那須 智樹 麻酔科学一般 日本麻酔科学会専門医・認定医
麻酔科標榜医
一般職 小野 つぼみ    
天笠 祐樹    
非常勤医 寺坂 美緒 麻酔科学一般 日本麻酔科学会認定医
麻酔科標榜医
梅本 ふみ 麻酔科学一般

日本麻酔科学会専門医・認定医
麻酔科標榜医

 

学会・研究会等発表演題

令和2年

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


当院における献腎移植術での脳死下臓器提供及び心停止下臓器提供件数の推移の後方視検討

檀上 渉

市立札幌病院 

麻酔科

第48回日本救急医学会総会・学術集会

2020年
11月18 日~20

岐阜

 

ページの先頭へ戻る

論文等

令和2年

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)
発表年 ページ
Anesthetic management of a pediatric patient with secondary tracheal stenosis and malacia following ventilator-associated tracheobronchitis. Chin Khang Hoo, Wataru Danjo, Hiroki Tominaga, Yoshitada Itoh Sapporo City General Hospital Department of Anesthesiology The Journal of Sapporo City General Hospital 2020 79 205 209