文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

財務状況

 予算の概要

令和2年度予算の概要

 令和2年度予算については、令和元年度当初予算と比較して、新入院患者の増加や夜間看護補助にかかる加算などにより、収益的収入は16.6憶円の増加を見込んでおります。収益的支出については、材料費の増加などから14.0億円の増加を見込んでおり、収益的収支の差引としては1.0億円の純利益(黒字)を見込んでおります。
 資本的支出については、高額医療機器の購入などから1.4億円の増加を見込んでおります。資本的収入についても建設改良費の増加に伴う企業債発行額の増加などから1.3億円の増加を見込んでおり、資本的収支の差引としては9.1億円の不足額を見込んでおります。
 なお、現金を伴わない収益と費用等を加味した資金収支では、令和2年度単年度としては2.1億円の資金不足、過年度分と合わせた令和2年度末としては0.3億円の資金不足を見込んでおります。

1.年間延患者数と一日平均患者数(当初予算比較)

1

 

2.平均在院日数と新規入院患者数(当初予算比較)

2

 

 

3.財政状況(税込)

⑴ 収益的収支 <経営に伴って生じたすべての収益とそれに対応する費用 ⇒ 1年間の経営成績>
3
4
 
⑵ 資本的収支 <建物や医療器械などの整備費用とその財源など>
5

⑶ 資金状況

6

 

 

 

参考 用語説明

収益的収支

医療サービスの提供やこれに付随する事業など、病院の1年間の経営活動によって生じた収入を「収益的収入」といいます。また、この収入を生むために要した費用を「収益的支出」といいます。「収益的収支」とは、この収入と費用の差額のことで1年間の病院の経営成績を表します(収入が支出を上回れば「黒字」、下回れば「赤字」です)。収益的収入の主なものは、診療報酬や特別室の料金、札幌市の一般会計からの補助金などで、費用は職員の給与や薬品・医療材料の購入費、光熱水費、委託業者への支払い、企業債の利息などがあります。

資本的収支

医療器械の購入や施設整備に要する支出、また医療器械購入等のために行った借入金の元金返済に要する支出を「資本的支出」といい、この財源となる企業債や一般会計からの補助金を「資本的収入」といいます。「資本的収支」とはこの収入と費用の差額のことです。

 

 印刷をご希望の方は、PDFをご利用ください。(PDF:245KB)

ページの先頭へ戻る

 決算の概要

平成30年度決算の概要

 平成30年度の病院事業会計決算は、特定病院群の認定による診療報酬の増加などにより、診療収益が前年度に比べ11.0億円増加しました。これに伴い前年度に比べ材料費や経費は増加しましたが、給与費や支払利息などは減少し、5.0億円の純利益計上となりました。

 なお、現金を伴わない収益と費用等を加味した資金収支では、30年度単年度としてはマイナス2.2億円、過年度内部留保資金と合計すると21.7億円の資金不足となりますが、一般会計からの長期借入金27億円により、30年度末としては5.3億円の資金残となっております。

財政状況

(1) 収益的収支(税抜) <経営に伴って生じたすべての収益とそれに対する費用 ⇒ 1年間の経営成績>
 

収益的収支グラフ 

  • 前年度との比較

前年度との比較 

 (2) 資本的収支(税込) <建物や医療器械などの整備費用とその財源、借入金の返済など>

資本的収支 

  • 建設改良費の内訳(主要事業)

建設改良の内訳

 

(3) 資金状況

資金状況

財務諸表

平成30年度札幌市病院事業損益計算書(PDF:37KB)

平成30年度札幌市病院事業貸借対照表(PDF:55KB)

 

 

ページの先頭へ戻る

  予算編成方針

令和2年度予算編成方針の概要

1 病院事業の現状と今後の見通し

  当病院事業では、中期経営計画を策定し、基本理念の実現と使命の達成、経営の健全化を目指しています。

 平成30年度は「DPC特定病院群」の指定を受けたことによる収益増や、経営健全化に向けた取組を継続したことから、経常収支が約10億円改善しました。しかし、経常収支は約9000万円の赤字であり、いまだ資金繰りは苦しい状況が続いています。また、消費税率の上昇をはじめとした各種病院経費の増加により、今後も厳しい経営を強いられることが見込まれます。 

2 予算編成の基本的な考え方

 中期経営計画(令和元年度~6年度)において、令和2年度の経常収支は黒字を見込んでいます。

 令和2年度の予算については、職員一人ひとりが上記1にある現状をあらためて認識し、各業務の改善・整理・効率化等への取組や工夫を通して、収益の確保・向上、経費の削減を進めなくてはなりません。 

 経営比較分析表

 平成28年度決算より、全国的に総務省から示された統一の様式である「経営比較分析表」により、病院事業の経営について分析を行い公表することとなりました。
 経営および施設の状況を表す経営指標を活用し、経年比較や類似団体との比較により、札幌市病院局の現状やその背景について分析を行った資料となっております。

経営指標の概要などにつきましては、以下のリンクからご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。