ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食の安全 > 安全・安心な食のまち・さっぽろ推進事業 > 平成30年度札幌市食品健康危機管理シミュレーション事業

ここから本文です。

更新日:2019年2月7日

平成30年度札幌市食品健康危機管理シミュレーション事業

札幌市内の保育所で食品由来が疑われる健康被害が発生した場合を想定した模擬机上訓練を、保育所職員を対象に実施しました。

 訓練写真2 訓練写真1

開催日時

平成30年11月21日(水曜日)13時30分~17時00分
開催場所

札幌市中央区大通西19丁目WEST19 5階講堂

訓練内容
  • オリエンテーション
    訓練スケジュール説明、食中毒の概要及び食中毒調査の流れ等の基本事項の講義
  • 机上シミュレーション訓練
    事件の探知から初動調査まで(フェーズ1)、被害の拡大防止措置を講じるまで(フェーズ2)について時系列ごとに付与された状況に応じて取るべき対応を参加者自身が検討するディスカッション形式の訓練。
訓練参加者 市内保育所職員 54名(見学者4名)

参加者の感想

  •   意識が変わった。園に持ち帰って危機管理意識の共有・向上をしていきたい。
  • 色々な職種のお話をきくことができたことはよかった。
  • シミュレーションをすることで、いろいろな想定を考えることができた。
  • 他園の情報も聞けて良かった。
実施概要 平成30年度札幌市食品健康危機管理シミュレーション訓練 実施概要(PDF:606KB)

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。