ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食の安全 > 安全・安心な食のまち・さっぽろ推進事業

ここから本文です。

更新日:2020年7月8日

安全・安心な食のまち・さっぽろ推進事業

札幌市安全・安心な食のまち推進条例

平成25年4月1日、札幌市は、市民・事業者・札幌市の3者が力を合わせ、”安全・安心な食のまち・さっぽろ”の実現を目指すため、「札幌市安全・安心な食のまち推進条例」を制定しました。
この条例に基づき、さまざまな施策を進めています。

 安全・安心な食のまちさっぽろ推進計画

条例に基づく総合的・具体的な施策を計画の中で定めています。
 

 計画期間:令和2年度~令和6年度

 計画期間:平成27年度~令和元年度

各施策のご案内

 市民委員や学識経験者などからなる会議において、札幌市の施策について審議等を行っています。

市民モニターの皆さんに、日常の買い物などのなかで気になったことをご報告いただいています。

事業者・行政が連携し、大規模食中毒や災害時の食中毒を想定したシミュレーション訓練を年1回行っています。

食の安全・安心について楽しみながら学べるイベントを開催しています。

 どなたでも無料で使用できる札幌市オリジナルのアレルゲンピクトグラム(絵文字)を掲載しています。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。