ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

製造者~新しい表示制度の変更点~

◆加工食品にあっては、「食品関連事業者の氏名又は名称及び住所」、「製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称」を表示する必要があります。

◆製造所固有記号に関するルールが変更になりました。

※このページは主に事業者の方に対して、食品表示法に定められた食品の表示制度の概要について説明したものです。詳細については消費者庁のホームページをご覧になるか、保健所又は各区保健センターにご相談ください。

「食品関連事業者の氏名又は名称及び住所」の表示

◆表示内容に責任を有する者の氏名又は名称及び住所を表示します。

◆項目名については、表示内容に責任を有する者が製造業者である場合は「製造者」、加工業者である場合は「加工者」、販売業者である場合は「販売者」、輸入業者である場合は「輸入者」と表示します。

「製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称」の表示

1.製造所の所在地

都道府県名から、住居表示に従って住居番号まで記載します。

(指定都市及び県庁所在地にあっては、都道府県名を省略できます。)

2.製造者の氏名又は名称

個人営業の場合は個人名を、法人営業の場合は法人名を記載します。

屋号のみの記載は認められません。

 

※食品の処理過程が加工と解される場合は「加工所の所在地及び加工者の氏名又は名称」を、輸入品の場合は「輸入業者の営業所の所在地及び輸入業者の氏名又は名称」を、乳である場合は「乳処理場の所在地及び乳処理業者の氏名又は名称」を表示します。

※表示内容に責任を有する者が製造者等と同一である場合、「製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称」は省略できます。

3.製造所固有記号

「製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称」の表示を、あらかじめ消費者庁に届け出た製造所固有記号の表示をもって代えることができる制度です。

【従来との変更点】
◆原則として、同一製品を2以上の製造所で製造している場合に利用できます。

◆製造所固有記号による表示の場合、次のいずれかの事項を表示します。

  1. 製造所の所在地又は製造者の氏名若しくは名称の情報の提供を求められたときに回答する者の連絡先
  2. 製造所固有記号が表す製造所の所在地及び製造者の氏名又は名称を表示したウェブサイトのアドレス(二次元コードその他のこれに代わるものを含む。)
  3. 当該製品を製造している全ての製造所の所在地又は製造者の氏名若しくは名称及び製造所固有記号

【表示例】
同一製品を2か所以上の製造所で製造しており、製造者の住所(本社所在地)を表示して製造所の所在地は「製造所固有記号」をもって代える場合

製造所固有記号の表示例

※新しい制度に基づく製造所固有記号を表示する際には、記号の前に「+」を冠して記載する必要があります。

◆平成28年4月1日以降、消費者庁の製造所固有記号届出データベースに公開され、消費者自らがインターネットで製造所を確認できるようになります。

【注意】

◆新しい製造所固有記号制度の施行は、平成28年4月1日からです。

◆旧制度に基づく新規の届出は、平成28年3月31日までです。
(届出方法は消費者庁のホームページをご覧ください。)

リンク

消費者庁ホームページへのリンク
食品表示法(法令及び一元化情報)

相談窓口

食品の表示(食品の安全に係るもの:衛生事項)については、札幌市保健所食の安全推進課、広域食品監視センター又は各区保健センター健康・子ども課までお問い合わせください。



このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。