ホーム > 健康・福祉・子育て > 食の安全・食育 > 食の安全 > 食品関連事業者の皆さまへ > アレルゲン~新しい食品表示制度の変更点~

ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

アレルゲン~新しい食品表示制度の変更点~

※このページは主に事業者の方に対して、新しい食品表示制度(食品表示法に定められた食品の表示制度)の変更点について説明したものです。詳細については保健所又は各区保健センターにご相談ください。

※特定原材料等や、アレルゲン表示が必要となる対象については変更はありませんので、アレルギー物質~食品衛生法に基づく表示~をご覧ください。

アレルゲン表示の変更点

新しい食品表示制度での変更点について、以下の3項目に分けて説明します。
1.原則、個別表示に統一
2.特定加工食品及びその拡大表記の廃止
3.その他、表示に関するルールの変更点

1.原則、個別表示に統一

これまでアレルゲンの表示基準では、個別表示と一括表示のいずれかが認められていましたが、新制度では原則として個別表示を用いることになりました。

個別表示とは
個々の原材料の直後に「(○○を含む)」と表示する方法。原材料の場合は全て「《原材料名》(~を含む)」とし、添加物の場合は原則、「物質名(~由来)」と表示します。

  • 個別表示の例(赤字はアレルゲン表示)

個別表示例

 

ただし、一般に一括表示が相当普及していることや、一覧性があり、商品に含まれているアレルゲンを一目で確認できる等のメリットがあることを考慮し、個別表示が難しい場合やなじまない場合などについては、例外的に一括表示も可能とされています。一括表示が可能であるケースについては消費者庁ホームページ内にある、「食品表示基準Q&Aについて」の「別添アレルゲンを含む食品に関する表示E-6」を参照してください。

また、一括表示についても、従来は「(原材料の一部に○○を含む)」をはじめとして、様々な表現が用いられていましたが、今後は「(一部に○○を含む)」というように表示が統一されました。この時、個別表示で同一アレルゲンを含む原材料・添加物が複数ある場合は省略が認められていますが、一括表示においては、全ての特定原材料を一括表示欄に記載する必要があります。

一括表示とは
原材料全ての記載のあとに「(一部に○○を含む)」と表示する方法。

  • 一括表示の例(赤字はアレルゲン表示)

一括表示例

 

 

なお、個別表示と一括表示を併用することはできません。個別、もしくは一括のどちらかに統一する必要があります。

 

 

 

2.特定加工食品及びその拡大表記の廃止

 

これまで、「マヨネーズ(※卵を含む食品)」や「パン(※小麦を含む食品)」のように、名称から原材料にアレルゲンが含まれることが容易に判別できる食品は、特定加工食品として、アレルゲン表示を省略しても良いとされてきました。しかし、企業の努力によって、卵を含まないマヨネーズ風調味料や小麦を含まないパンなど、アレルゲンを含まない特定加工食品が開発されるようになり、名称からアレルゲンの有無を判断することができず、誤食事例が生じるようになってしまいました。
そこで新基準では、特定加工食品及びその拡大表記が廃止されました。

なお、代替表記及び、その拡大表記はこれまでに引き続き使用が可能です。ただし、一括表示を行う場合は、代替表記が可能な原材料であっても、一括表示欄には別途記載が必要になります。

代替表記とは
特定原材料等と表記方法や言葉は異なるが、アレルゲンを含む食品と同一であることが容易に理解できる表記。
例:卵=玉子=エッグ

拡大表記とは
原材料名に特定原材料等の名称が含まれており、アレルゲンを含むことが容易に理解できる表記。
例:厚焼玉子(「卵」の代替表記である「玉子」が名称に含まれている)

 

代替表記が可能な表示は、消費者庁ホームページ内にある、「食品表示基準について」の「別添アレルゲンを含む食品に関する表示別表3」に示したものに限られます。
なお、ミルク・バター・バターオイル・チーズ・アイスクリームは、「乳」の代替表記として分類され、「乳成分を含む」の表記は省略可能となります。
また、旧基準では、卵白と卵黄を「卵」の拡大表記として取り扱っていましたが、「産業上、卵白と卵黄を完全に分離させることが不可能である」等の理由から、食物アレルギー患者の誤認を招く恐れがあるため、新基準では代替表記の拡大表記から除外され、「卵」を含む旨の表示が必要になりました。

 

 

3.その他、表示に関するルールの変更点

特定原材料の「乳」に関しては、原則、原材料については「乳成分を含む」、添加物については「乳由来」と表示します。

また、1つの原材料に2つ以上のアレルゲンが含まれる場合は、2つのアレルゲンを「・(中点)」でつなぎます。

  • 表示例(赤字はアレルゲン表示

その他例2

 

 

 

リンク

相談窓口

食品の表示(食品の安全に係るもの:衛生事項)については、札幌市保健所食の安全推進課、広域食品監視センター又は各区保健センター健康・子ども課までお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。