文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2022年3月23日

5階西病棟

病棟の紹介

2022032201

2022032202

20220322irast01

 5階西病棟は主に血液内科・腎臓内科の患者さんが入院しています。

血液内科:白血病や悪性リンパ腫の患者さんが多く入院しています。患者さんの多くは、入退院を繰り返しながら数週間から数ヶ月の期間をかけて抗がん剤治療を行っています。疾患によっては、抗がん剤治療後に造血幹細胞移植を行っています。患者さん同士も顔なじみとなり、互いに励まし合いながら治療に望んでいる姿も見受けられます。疾患や治療経過によっては、感染予防のために無菌室という特殊な病室で過ごすことが必要となることがあります。無菌室入室中でもご家族との面会が可能です。
左の写真が、無菌室になります。

 

腎臓内科:ネフローゼ症候群や腎不全などの患者さんが入院されています。主に腎生検、ステロイドによる治療、シャント造設、透析の導入を行っています。患者さん、ご家族に十分な説明を行い、信頼関係を大切にした医療の提供を目指しています。腎臓疾患は、生活の中に投薬治療や食事療法を取り入れ、うまく付き合っていく必要があります。退院後、病気の悪化がなく過ごせるように医師と看護師が協働して教育を行っています。

医療チームの活動

20220322irast02 血液内科医師、腎臓内科医師、看護師、看護補助員、看護事務補助員で構成されています。看護師の中にはがん化学療法認定看護師が在籍し、安全な化学療法実施のため活動しています。また、がんの治療や症状に伴う不安の軽減や意思決定など、患者さん・ご家族の支援を行っています。

20220322irast03 上記病棟スタッフの他、緩和ケアチーム、認知症ケアチーム、薬剤師、リハビリテーションスタッフ、栄養科、退院支援係と連携しながら、患者さんやご家族の支援を行っています。

看護サービスについて

20220322irast04 5階西病棟は、「患者さん、ご家族の思いに寄り添い、その人らしさを大切にした、安全・安楽で安心できる看護の提供」を理念としています。

 5階西病棟に入院される方は、治療上入退院を繰り返すことが多く、治療の経過とともに日常生活や社会生活の変化を余儀なくされる方も少なくありません。また、治療の為に無菌室という閉鎖空間で数週間治療を継続する場合もあります。そのため、看護師は、患者さんに安全・安楽な看護が提供できるよう日々、専門的知識・技術の習得に力を入れています。さらに、一人ひとりの患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切にし、支援できることを共に考え看護を提供しています。