文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2022年7月19日

3階東病棟

病棟の紹介

病棟の紹介当病棟は主に小児科のお子さんが入院しています。感染症(肺炎・胃腸炎・尿路感染症)、川崎病などの急性期疾患や、喘息、糖尿病、ネフローゼ症候群などの慢性期疾患、外科・耳鼻咽喉科・形成外科・泌尿器科などの手術が必要なお子さんが入院されています。また、日帰り入院で、食物アレルギーのお子さんへの経口負荷試験にも対応しております。さらに、眼科・消化器内科の副病棟として、数名の成人の患者さんが入院し、治療を受けています。

医療チームの活動

医療チームの活動入院されるお子さんに最善の治療や看護を提供するために、小児科医師、看護職員でカンファレンスを実施しております。また、医療保育専門士、退院支援係、リハビリテーション科スタッフ、病棟薬剤師、栄養サポートチーム、看護補助員、看護事務補助員など、様々な職種が連携して、患者さんへの医療を提供しています。

ページの先頭へ戻る

看護サービスについて

看護サービスについて3階東病棟は、一人一人の患者様とご家族の心に寄り添い、安心して療養できる看護を提供することを看護師長理念としています。
入院されるお子さんや成人の患者様一人一人の気持ちに寄り添い、その方の大切にしたい生活についてお話を伺いながら、安心して療養生活を送ることができるよう支援させていただきます。

病棟の様子

4人部屋と個室があります。

病棟の様子

病棟の様子

プレイルームには、医療保育専門士が常在しています。年齢発達に応じたおもちゃや絵本を用意しています。

プレイルーム

プレイルーム

プレパレーション

プレパレーション子どもの発達段階に応じた方法で、病気や検査、処置などについて説明しています。

年間行事

季節を感じられるようなお楽しみ会を企画し、お子さんやご家族と触れ合う時間を大切にしています。
こちらは夏祭りの様子です。

夏祭りの様子

夏祭りの様子

長期入院時の院内学級

1か月以上入院となる、小・中学生のお子さんは院内学級で学ぶことができます。(教員は常駐しておりません。ご質問がありましたら市立札幌病院にお問い合わせください)