ホーム > 市政情報 > 政策・企画・行政運営 > ユニバーサル(共生)の推進 > (仮称)共生社会推進条例の制定に向けた検討

ここから本文です。

更新日:2024年7月2日

(仮称)共生社会推進条例の制定に向けた検討

高齢者人口の増加やグローバル化の進展に伴う外国人人口の増加、価値観の多様化等の昨今の社会情勢を踏まえると、「誰もが互いにその個性や能力を認め合い、支え合う、多様性が強みとなる社会」を指す共生社会の実現は喫緊の課題となっています。

そこで、札幌市では、この共生社会の実現に向けた基本理念を皆で作り上げ、市民・事業者・行政が共有し、一体となって取組を進めていくこと等を目的として、(仮称)共生社会推進条例の制定を目指しています。

現在、札幌市では、令和6年度末の条例制定を目指し、令和6年(2024年)3月12日に公表した条例の骨子案を基に検討を行っているところであり、今後も札幌市ユニバーサル推進検討委員会での検討のほか、市民ワークショップやパブリックコメント等の市民参加事業を通して様々な方から広くご意見を伺ってまいりたいと考えています。

条例の検討経過

時期 内容
令和5年(2023年)11月8日(水曜日) 第1回札幌市ユニバーサル推進検討委員会での意見交換

令和5年(2023年)12月18日(月曜日)

第2回札幌市ユニバーサル推進検討委員会での意見交換
令和6年(2024年)3月12日(火曜日)​​​​​

第3回札幌市ユニバーサル推進検討委員会での意見交換

※条例の骨子案を公表(当該骨子案は同日時点におけるものであり、今後変更となる場合があります。)

令和6年(2024年)6月15日(土曜日)・6月23日(日曜日) 市民ワークショップの開催
令和6年(2024年)11月頃 パブリックコメントの実施(予定)
令和7年(2025年)2月頃 令和7年第1回定例市議会に条例案を提出(予定)

 市民ワークショップの開催

「(仮称)共生社会推進条例」の制定検討などに向けて、参加者同士で普段感じているバリアを共有したり、バリアの解消のために取り組めることを考えるワークショップを開催しました。
ワークショップでは、現時点の「(仮称)共生社会推進条例」の骨子案などをご紹介させていただくきました。ワークショップの話し合いから生まれたご意見は、本条例の検討に活かしてまいります。
実施結果などの詳細は、以下のページからご確認ください。

市民ワークショップ「Let's make Harmony!SAPPORO」

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局政策企画部ユニバーサル推進室

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2361

ファクス番号:011-218-5109