ここから本文です。

更新日:2020年11月19日

HPVワクチンについて

お知らせ

  • HPVワクチンの接種に関する、厚生労働省作成のリーフレットが更新されました。(令和2年11月13日)

 ヒトパピローマウイルス感染症とは

 ヒトパピローマウイルス(HPV)は、性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。子宮頸がんを始め、肛門がん、膣がんなどのがんや尖圭コンジローマ等多くの病気の発生に関わっています。特に、近年若い女性の子宮頸がん罹患が増えています。

HPVワクチンについて

【接種可能な医療機関】

予防接種医療機関名簿のページから御確認いただけます。

【接種対象年齢】 小学校6年生から高校1年生の年齢に相当する女子

【接種費用】 上記の年齢の方は無料

【接種回数】 3回

【接種間隔】

<2価ワクチン>

1回目の接種から1か月以上の間隔をあけて2回目を接種し、1回目の接種から5か月以上かつ2回目の接種から2か月半以上の間隔をあけて3回目を接種

(標準的には、1ヶ月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種)

<4価ワクチン>

1回目の接種から1か月以上の間隔をあけて2回目を接種し、2回目の接種から少なくとも3か月以上の間隔をあけて3回目を接種

(標準的には、2ヶ月の間隔をおいて2回接種後、1回目の接種から6か月の間隔をおいて1回接種)

HPVワクチンについてに関する重要なお知らせ

平成25年6月14日、厚生労働省よりHPVワクチンについての積極的な接種勧奨を差し控えるよう通知がありました。

これに基づき、札幌市においては、接種対象者への個別通知による積極的な接種勧奨を差し控えることといたしました。

なお、定期予防接種そのものの中止ではありません。

接種を希望する方及び保護者の方は、ワクチンの有効性及び安全性等について十分にご理解いただいた上で、接種について判断をしていただきますようお願いいたします。

HPVワクチンの実施医療機関の皆様におかれましては、接種を希望される方へのワクチンの有効性及び安全性についての説明に御配慮いただきますようお願い申し上げます。

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(勧告)(PDF:69KB)

 ワクチンの有効性及び安全性については、厚生労働省作成のリーフレットをご覧ください。

小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(概要版))(PDF:3,383KB)(令和2年10月 厚生労働省作成)

小学校6年~高校1年相当 女の子と保護者の方へ大切なお知らせ(詳細版(PDF:4,581KB))(令和2年10月 厚生労働省作成)

HPVワクチンの接種を受けた方へ(令和2年10月 厚生労働省作成)(PDF:1,306KB))(令和2年10月 厚生労働省作成)

積極的な接種勧奨を差し控える理由

平成25年6⽉14⽇に厚生労働省の検討部会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に⾒られたことから、同副反応の発⽣頻度等がより明らかになり、国⺠に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきでないとされました。

厚生労働省のHPVワクチン相談窓口

 厚生労働省では、平成26年11月1日より、HPVワクチン相談窓口を開設しました。※平成29年4月1日から電話番号変更。

 HPVワクチンについての接種についての相談にお応えします。

 電話番号 03-5276-9337

 受付時間 月曜日から金曜日 午前9時から午後5時
 ※ただし、土日祝日、年末年始除く

 詳しくは厚生労働省のホームページ(HPVワクチン)を御確認ください。

 

HPVワクチンについて接種後に生じた症状に係る協力医療機関について

  厚生労働省ではHPVワクチンについて接種後に生じた症状(主として痛み、しびれ、脱力など)について、適切な医療を提供するため、痛みの診療協力医療機関を指定しています。

 協力医療機関の受診に際しては、必ず地域の医療機関からの予約申し込み紹介が必要となります。直接受診することはできませんので、気になる症状がある時にはまず、接種した医療機関など、地域の医療機関を受診してください。

 協力医療機関の詳細については厚生労働省のホームページ「ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について」を御確認ください。

 医療機関関係者の皆様は「医療機関の皆様へ>子宮頸がん予防ワクチン接種後の痛みの診療について」のページを御確認ください。

 HPVワクチンの効果

HPVワクチンについては世界保健機関(WHO)が接種を推奨し、多くの先進国では公的接種されています。

HPVワクチンについては、子宮頸がん全体の50~70%の原因とされる2種類(16型・18型)のヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果があります。

HPVワクチンについて接種についてのリスク

比較的軽度の副反応は、一定の頻度で起こることが知られており、ワクチン接種後に、発熱や接種した部位の痛み・腫れ、注射の痛み・恐怖・興奮などをきっかけとした失神などの症状について報告があります。

副反応に

占める頻度

サーバリックス

ガーダシル

注射部の痛み・発赤・腫れ、疲労感

注射部の痛み

注射部の痒み、腹痛、筋痛・関節痛、頭痛など

注射部の腫れ、紅斑

じんましん、めまい、発熱など

注射部の痒み・出血・不快感、頭痛、発熱など

注射部の知覚異常、感覚鈍麻、全身の脱力など

注射部の硬結、手足の痛み、筋肉のこわばり、腹痛・下痢など

頻度不明

手足の痛み、失神、リンパ節症など

疲労感、倦怠感、失神、筋痛・関節痛、嘔吐など

※令和2年11月時点の各ワクチン製剤の添付文書から抜粋

副反応については、接種との因果関係を問わず、報告を集め、定期的に専門家が分析・評価しています。その中には、まれに下記のような重い副反応の報告もあります。

病気の名前

主な症状

報告頻度

アナフィラキシー

呼吸困難、じんましんなどを症状とする重いアレルギー

約96万接種に1回

ギラン・バレー症候群

両手・足の力の入りにくさなどを症状とする末梢神経の病気

約430万接種に1回

急性散在性脳髄炎(ADEM)

頭痛、嘔吐、意識の低下などを症状とする脳などの神経の病気

約430万接種に1回

複合性局所疼痛症候群 (CRPS) 外傷をきっかけとして慢性の痛みを生ずる原因不明の病気 約860万接種に1回

※厚生労働省HP「HPVワクチンQ&A Q18」より抜粋

現在、因果関係は不明ながら、持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されており、その発生頻度等について厚生労働省において調査中です。

ワクチン接種後の注意

ワクチン接種後に副反応と思われる体調の変化があった場合は、速やかに接種医療機関等の医師や保健所にご相談ください。

HPVワクチンについては子宮頸がんの原因となる全てのヒトパピローマウイルス(HPV)に予防効果がある訳ではありません。ワクチン接種をした方も、20歳になったら2年に1度は子宮頸がん検診を受けることをお勧めします。

子宮頸がんをはじめとするがん検診の詳細は、札幌市がん検診のページをご覧ください。

様式

・説明書(PDF:335KB)

・問診票(PDF:529KB)

・接種する際に保護者が同伴しない場合の同意書(PDF:784KB) (PDF:784KB)
 ※13歳未満の接種の際には必ず保護者の同伴が必要です。ご注意ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168