ここから本文です。

更新日:2021年6月15日

フリースクール支援

札幌市内のフリースクール等民間施設

札幌市が把握している施設は次のとおりです。

フリースクール等民間施設一覧

※フリースクールとは、不登校の子どもたちの受け皿として、学習支援や体験活動などを行うため、個人やNPOなどが運営する学校以外の安心できる学びの場、居場所の総称です。(一覧に掲載されたフリースクール等民間施設と、下記補助対象施設とは、必ずしも一致するものではありません。)

※フリースクールへの通学に際し、通学定期券が利用できる場合があります。詳しくはこちら(札幌市交通局ホームページ)をご確認ください。

フリースクールに対する新型コロナウイルス感染症対策事業費臨時補助金【受付中】

不登校児童生徒の受け皿となっているフリースクール等民間施設が、新型コロナウイルス感染症対策として必要な予防策を講じることができるよう、フリースクール等民間施設設置者である法人等に対して必要な経費の一部を補助し、不登校児童生徒の感染予防を図ることを目的として、臨時的に補助を実施いたします。

 第1回受付期間:令和3年6月1日火曜日~令和3年6月30日水曜日

 第2回受付期間:令和3年10月1日金曜日~令和3年10月29日金曜日

 ※なお、第1回受付にて予算上限を超える申請があった場合は、第2回の募集は行いません。

申請方法等については、次のとおりです。
フリースクールに対する新型コロナウイルス感染症対策事業費臨時補助金

フリースクール等民間施設事業費補助【受付中】

平成24年度より、不登校児童生徒の受け皿となっている札幌市内のフリースクール等民間施設の活動を支援し、児童生徒の社会的自立を図ることを目的として、施設の設置者に対し、児童生徒の指導体制の整備、教材や体験学習等に係る経費の一部を助成しています。

平成29年度より、補助要綱を一部変更しました。主な変更点は以下のとおりです。

  • 児童生徒数による年間補助限度額の段階を、2段階から5段階に増やしました。
  • 受付期間について、第3回(12月、年間補助限度額の段階変更のみ対応)を新たに設けました。

補助対象施設

次に掲げるすべてを満たすもの。

  1. 不登校児童生徒に対する相談・指導を主たる目的としていること。
  2. 非営利法人(学校法人を除く。)が運営する施設であって、かつ2年以上の活動実績(任意団体として活動していた期間を含む。)があること。
  3. 学校との間に十分な連携・協力関係が構築されていること。
  4. 複数の児童生徒(小・中学生)を受け入れていること。
  5. 施設の利用料が比較的低額であり、当該収入のみでは適切な運営が困難と認められるものであること。

補助金額

1団体あたりの年間補助限度額
児童生徒数 年間補助限度額

8名以下

1,600千円

9名~16名

2,000千円

17名~24名

2,400千円

25名~32名

2,800千円

33名以上

3,200千円

受付期間

  • 第1回受付期間:令和3年6月1日火曜日~令和3年6月30日水曜日
  • 第2回受付期間:令和3年9月1日水曜日~令和3年9月30日木曜日
  • 第3回受付期間:令和3年12月1日水曜日~令和3年12月17日金曜日
  • ※ただし12月申請については、既に受けている交付決定額の変更(年間補助限度額の変更を伴うものを含む)変更のみ(新規申請は不可)。

申請要領

補助金の申請は、必ず下記の申請要領をご確認のうえ行ってください。
申請要領(PDF:244KB)

補助要綱および申請書類

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943