ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 障がい福祉 > サービスを利用するみなさまへ > 就労支援・雇用拡大 > 障がいのある方への就労支援 > 企業の方向けの情報 > 障がいのある方の就労事例集 > 障がいのない方にも配慮するのと同じよう、配慮していただければ働きやすくなると思います。(前川 絵里華さん)

ここから本文です。

更新日:2019年1月25日

障がいのない方にも配慮するのと同じよう、配慮していただければ働きやすくなると思います。(前川 絵里華さん)

前川さんの顔写真

業種 医療,福祉
名前 前川 絵里華
障がい種別・程度 身体障がい1種1級

記載日:平成30年12月27日

業務内容を教えてください。

受付対応している様子

電話対応、窓口・受付対応、書類作成、セミナー・イベント等の準備・運営などの事務補助業務をしています。

一日のスケジュールを教えてください。

子どもと戯れる様子

4時30分 起床~家事、身の回りの準備
6時00分 朝食、子どもの身支度
7時00分 保育園への送り、出勤
8時45分~17時15分 仕事
18時30分 保育園へのお迎え~帰宅
19時30分 夕食
20時00分~21時00分 子どもの入浴・就寝準備
22時00分~ 家事・入浴・勉強
24時00分頃 就寝

職場で配慮されていること(嬉しかったこと)を教えてください。

いつも気にかけていただき、温かい言葉をかけてくれます。

小さい子どもがいるので、どうしても途中で帰らなければならなかったり、お休みしなければならないことがあるのですが、とても理解していただいていて安心して子育てしながら働くことができています。

通路を広くしてくれたり、ロッカーを使いやすい場所に設置するなど、仕事しやすい環境にも配慮してくれています。

仕事をする上で、ご自分で行っている工夫を教えてください。

来客者へ説明している様子

できないことがあるので、その分できることでカバーするように心がけています。また、無駄な動きにならないように、先々を考えて行動するようにしています。

積極的にコミュニケーションを図る等、職場の方との信頼関係を築き、何でも話しやすいような雰囲気を作ることも心がけるようにしています。

活用した(している)支援機関を教えてください。

特にありません。

ご自分が仕事で困ったときに、相談できる相手はいますか。それはどのような関係の人ですか。

  • 職場の先輩や上司
  • 子育てしながら働いている友人
  • 障がい当事者講師の仲間

余暇(業後や休日)の過ごし方を教えてください。

犬の散歩をしている様子平日は朝早くから夜遅くまで子どもは保育園なので、お休みの日はできるだけ子どもと一緒に過ごします。イベントに一緒に参加したり、保育園のお友達と遊びに出かけたり、外出の機会を作るようにしています。また、通信大学で勉強をしているので、休日には試験やスクーリングもあります。

 

 

 

 

障がい者雇用を考えている企業の方にメッセージをお願いします。

窓口で説明している様子

障がいは人それぞれ違いますが、難しく考えずに当事者に聞くことから始めてみてください。できない事はありますが、得意な事もあるはずなので、それを一緒に見つけていってお互い気持ちよく働ける環境ができれば良いと思います。また、障がいだけでなく、疾病や家庭状況など他にも抱えていることがあります。障がいのない方にも配慮するのと同じよう、配慮していただければ働きやすくなると思います。

これから一般就労をしたいと考えている障がいのある方にメッセージをお願いします。

一般就労を難しく考えず、就労支援などで身に付けた能力、そして社会人としてのマナーを守って働けば、失敗してもそれを糧に成長していけるはずです。指導は、怒られているとは捉えずに、自分のことを考えてくれていると捉えてみてください。そうすることで、落ち込まずに前向きに頑張れると思います。まずは、失敗を恐れずにチャレンジしてみてください。

 

(この記事は、ご本人から提出していただいた原稿を基に作成しています。)

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階 

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181