ここから本文です。

更新日:2022年10月1日

小型家電の無料回収

令和4年10月1日(土曜日)から小型家電回収ボックスでの小型家電回収が変わりました

小型家電回収変更周知チラシ

札幌市では、市有施設・商業施設36カ所に小型家電回収ボックスを設置して、家庭で使用済みとなった小型家電を無料で回収してきましたが、令和4年10月1日(土曜日)から小型家電ボックスでの回収方法が変わりました。市民の皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いします。

小型家電回収変更周知チラシのダウンロード(PDF:1,501KB)
(令和4年8月中旬から9月中旬に市内全世帯に配布した周知チラシです)

<変更点1>回収場所を6カ所に集約しました

近年リチウムイオン電池を内蔵する小型家電が増えており、これに起因する火災事故等が全国の選別施設やリサイクル工場で発生しています。こうしたリチウムイオン電池を使用する製品をはじめ、小型家電のより安全かつ適切な分別回収とリサイクルに取り組むため、令和4年10月1日(土曜日)から、お持込みいただいたものを対面で確認して回収できる施設に回収場所を集約しました。

変更前の回収場所
(令和4年9月30日(金曜日)まで)
変更後の回収場所
(令和4年10月1日(土曜日)から)
市有施設・商業施設36カ所に設置した小型家電回収ボックス

対面で回収可能な施設6カ所

  • 各地区リサイクルセンター(市内4カ所)
  • リサイクルプラザ宮の沢
  • 札幌市役所本庁舎12階
    (環境局循環型社会推進課)

    ※札幌市役所本庁舎12階での回収は、令和4年10月3日(月曜日)からです。10月1日(土曜日)、2日(日曜日)は閉庁日のため、ご利用いただけません。

※所在地や利用可能時間などの施設の詳細は、小型家電回収ボックス一覧をご覧ください。

国の認定を受けた民間事業者の無料回収拠点(じゅんかんコンビニ24など)の回収場所は変わりません。無料回収拠点のご利用にあたっても、必ず回収ルール(回収対象品目や回収対象外品目、注意事項など)を事前にご確認いただき、安全かつ適切な分別回収にご協力をお願いいたします。

<変更点2>回収しない品目を追加しました

金属資源が少量しか取れず大部分が残さ(ごみ)になってしまう品目や、メーカー回収など他のリサイクルルートが確保されている品目、リサイクルに多額の費用が発生する品目は、リサイクル効率や費用対効果が低いことから、令和4年10月1日(土曜日)から回収しない品目としました。また、衛生上の理由から電動鼻水吸引器も、令和4年10月1日(土曜日)から回収しない品目としました。

変更前の回収しない品目
(令和4年9月30日(金曜日)まで)
変更後の回収しない品目
(令和4年10月1日(土曜日)から)
  • テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン(家電4品目)
  • モバイルバッテリー
  • 加熱式たばこ・電子たばこ
  • 温水洗浄機付便座
  • テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン(家電4品目)
  • モバイルバッテリー
  • 加熱式たばこ・電子たばこ
  • 温水洗浄機付便座

以下の品目が回収しない品目に加わりました

  • 電動鼻水吸引器
  • 布製の家電製品
    電気毛布、電気カーペットなど
  • 木製の家電製品
    木製スピーカー、木製の時計など
  • フロン含有製品
    フロンを使用する除湿機、冷風機、ウォータークーラーなど
  • 家電リサイクル法対象外のテレビ
    有機ELテレビ、ポータブル液晶テレビ、プロジェクションテレビ、車載用液晶テレビなど
  • パソコン用モニター
    CRTブラウン管、薄型液晶などパソコン用モニターすべて

これらの品目は国の認定を受けた民間事業者の無料回収拠点でも対象外品目となっていますので、処分される場合は回収しない品目や電池・バッテリー類の処分方法の項目をご覧ください。

ページの先頭へ戻る

小型家電回収ボックスでの無料回収

札幌市では、小型家電リサイクル法に基づき、ご家庭で不用になった家電製品と付属品(コード類、リモコン、アダプタなど)を無料で回収し、家電製品に含まれている金、銀、レアメタル等の有用金属をリサイクルしています。

コンセントでつなぐ家電製品はもちろん、おもちゃ、ゲーム機、時計など電池で動くものや壊れているものも回収しています。また、パソコン本体(ノート型、デスクトップ型、モニター一体型)も小型家電として回収しています。

ごみの減量と限りある資源の有効活用のため、ご家庭で不用となった家電製品の回収にご協力ください。

ご利用にあたっては、事前に回収するもの回収しない品目持込み方法をご確認いただきますようお願いいたします。

回収するもの

次の要件をすべて満たす家電製品を回収しています

回収する家電製品の要件 備考
  • ご家庭で不用になったもの
  • 30センチ四方の投入口を通る大きさ
  • 回収しない品目に該当しないもの
  • 事業所から出るものは対象外です
  • 横や斜めにして投入口を通る大きさであれば回収します
  • 壊れたものも回収します

電池・バッテリー類は取り外してください

  • 電池・バッテリー類を取り外すことができる家電製品は、必ず電池・バッテリー類を取り外してからお持込みください。取り外した電池・バッテリー類の処分方法は、回収しない品目や電池・バッテリー類の処分方法をご覧ください
  • 電池・バッテリー類が製品に内蔵されており、製品を分解・解体しないと電池・バッテリー類は取り外すことができない品目は、電池・バッテリー類がついたままお持込みください

電池・バッテリー類が内蔵されていて取り外すことができない品目の例

電池・バッテリー類内蔵の家電製品の例

  • 携帯電話、スマートフォン
  • ノートパソコン、タブレット端末
  • 携帯ゲーム機
  • 電気シェーバー、電動歯ブラシ
  • 携帯スピーカー、ワイヤレスイヤホン
  • ポータブル掃除機、ロボット掃除機
  • 腕時計(電池式)、スマートウォッチ
  • ハンディファン

蛍光管・電球類・CDなどは取り除いてください

電池・バッテリー類のほか、蛍光管、電球類、CDなどのディスク類、インクカートリッジ、液体類、ごみ類(食品残さ、掃除機のごみ、鉛筆の削りカスなど)などは取り除いてお持込みください。また、換気扇などで汚れのひどいものは、汚れを落としてからお持込みください

個人情報は消去してください

携帯電話やパソコンなどに含まれる個人情報は消去してからお持込みください

分解しないでください

作業員が怪我をする恐れがあるため、家電製品は分解せずにお持込みください

ページの先頭へ戻る

回収しない品目

以下の品目は小型家電回収ボックスで回収していません。これらの品目の処分方法は、回収しない品目や電池・バッテリーの処分方法をご覧ください。

なお、これらの品目は、国の認定を受けた民間事業者の無料回収拠点でも対象外品目となっています。小型家電回収ボックスや無料回収拠点に置き去る行為は不法投棄にあたりますのでお止めください。

これまで回収しない品目としていた家電4品目、モバイルバッテリー、加熱式たばこ・電子たばこ、温水洗浄機付便座に加えて、令和4年10月1日(土曜日)から、電動鼻水吸引器布製の家電製品木製の家電製品フロン含有製品家電リサイクル法対象外のテレビパソコン用モニターも回収しない品目になりました。

(品目名をクリックすると、処分方法をご案内する箇所に移動します。)

回収対象外(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン(家電4品目)

回収しない品目(布製の小型家電(電気毛布、電気カーペットなど))

布製の小型家電
(電気毛布、電気カーペットなど)

回収しない品目(木製の家電製品(木製スピーカー、木製の時計など))

木製の小型家電
(木製スピーカー、木製の時計など)

回収しない品目(フロン含有製品(フロンを使用する除湿機、冷風機、ウォータークーラーなど))

フロン含有製品
(フロンを使用する除湿機、冷風機、ウォータークーラーなど)

回収しない品目(家電リサイクル法対象外のテレビ(有機ELテレビ、ポータブル液晶テレビ、プロジェクションテレビ、車載用液晶テレビなど)

家電リサイクル法対象外のテレビ
(有機ELテレビ、ポータブル液晶テレビ、プロジェクションテレビ、車載用液晶テレビなど)

回収しない品目(パソコン用モニター(CRT(ブラウン管)モニター、薄型液晶モニターなどパソコン用モニターすべて)

パソコン用モニター
(CRT(ブラウン管)モニター、薄型液晶モニターなどパソコン用モニターすべて)

ページの先頭へ戻る

持込み方法

ビニール袋や箱に入れずに、家電製品をそのまま職員にお渡しください

  • お持込みいただいた家電製品の大きさや、回収対象品目かどうか、電池などが取り外されているかを確認します(回収対象外の品目などは受け取れませんので、お持ち帰りいただきます)
  • ビニール袋、製品の箱、説明書、書類などは小型家電回収では回収しません
    (紙資源をダンボール、雑がみなどに適切に分別して地区リサイクルセンターにお持込みいただいた場合は回収します)
  • お持込みにあたって事前のご連絡や本人確認証の提示などは不要です
  • 回収したものは返却できません

ページの先頭へ戻る

小型家電回収ボックス一覧

重要なお知らせ

  • 令和4年10月1日(土曜日)から、対面で回収可能な次の6施設に回収場所を集約しました
    • 各地区リサイクルセンター(市内4カ所)
    • リサイクルプラザ宮の沢
    • 札幌市役所本庁舎12階(環境局循環型社会推進課)
      ※札幌市役所本庁舎12階での回収は、令和4年10月3日(月曜日)からです。10月1日(土曜日)、2日(日曜日)は閉庁日のため、ご利用いただけません。
  • 区役所やショッピングセンターなどの施設に設置していた小型家電回収ボックスは順次撤去します。各施設のボックスがあった場所への家電製品の置き去りは絶対にお止めください。

小型家電回収ボックスについての問い合わせ先

札幌市コールセンター 電話:011-222-4894(8時00分~21時00分、年中無休)

  • 小型家電回収ボックスの場所を地図で確認したい場合は、小型家電の無料回収場所(googleマップ)をご覧ください(認定事業者の無料回収拠点も掲載しています)
  • お持込みにあたって事前連絡や本人確認証などの提示は不要です
  • 回収時にお持込みいただいた小型家電の大きさや、回収対象品目かどうか、電池などが取り外されているかを確認します
施設名称 所在地

利用可能時間

(利用できない日)

北地区リサイクルセンター

北区あいの里2条6丁目1-10

(廃棄物空気輸送センター内)

10時~16時

(月曜日、年末年始は休み

※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

厚別地区リサイクルセンター

厚別区厚別東3条1丁目1-10

(リユースプラザ内)

10時~16時

(月曜日、年末年始は休み

※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

中央地区リサイクルセンター

中央区南30条西8丁目7-1

(中央清掃事務所敷地内)

10時~15時

(年末年始は休み)

西地区リサイクルセンター

西区二十四軒4条1丁目5 JR高架下

(リサイクルプラザ二十四軒サテライト内)

10時~16時

(月曜日、年末年始は休み

※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

リサイクルプラザ宮の沢

西区宮の沢1条1丁目1-10

(ちえりあ1F)

10時~18時

(月曜日、年末年始は休み

※月曜日が祝日の場合は翌平日が休み)

札幌市役所本庁舎12階

循環型社会推進課事務室

中央区北1条西2丁目

札幌市役所本庁舎12階

8時45分~17時15分

(土曜日、日曜日、祝日、年末年始は休み)

ページの先頭へ戻る

回収しない品目や電池・バッテリー類の処分方法

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン(家電4品目)

これらの品目は、家電リサイクル法に基づき、販売店が引き取り家電メーカーがリサイクルする仕組みのため、令和4年10月の変更前から回収ボックスでは回収していません。燃やせないごみや大型ごみに出すこともできません。

テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンリサイクルのページでご案内している方法で処分してください。(ワイン庫(ワインセラー)やポータブル冷蔵庫なども冷蔵庫・冷凍庫に該当します)

家電4品目を小型家電回収ボックスや認定事業者の回収拠点に出すことは、不法投棄にあたり罰則の対象となりますのでお止めください。

(関連ホームページ)

モバイルバッテリー

発火の危険があるため、回収ボックスでは回収していません。

市で収集しないごみです。最寄りのJBRC回収協力店にお持ち込みください。

(関連ホームページ)

加熱式たばこ・電子たばこ

発火の危険があるため、回収ボックスでは回収していません。

燃やせないごみの日に、指定ごみ袋とは別の透明または半透明の袋に入れて、ごみステーションに出してください。

(関連ホームページ)

温水洗浄機付便座、電動鼻水吸引器、布製の家電製品、木製の家電製品、フロン含有製品、家電リサイクル法対象外のテレビ

例)温水洗浄機付便座、電動鼻水吸引器、電気毛布・電気カーペット、木製スピーカー・木製の時計、フロンを使用する除湿機や冷風機、有機ELテレビ・ポータブル液晶テレビ・プロジェクションテレビ・車載用液晶テレビなど

不衛生な恐れのある品目、金属資源が少量しか取れず大部分が残さ(ごみ)になってしまう品目、リサイクルに多額の費用が発生する品目は、リサイクル効率や費用対効果が低いことから、回収ボックスで回収していません。

指定ごみ袋に入る大きさの場合は、燃やせないごみの日に指定ごみ袋に入れて、ごみステーションに出してください。指定ごみ袋に入らない大きさの場合は、大型ごみに出してください。

お持ちの除湿機や冷風機などのフロン含有の有無については、製品に貼付されている銘板シールをご確認ください。フロン類が使用されている製品には、製品に貼付された銘板シールに、以下のような内容が記載されていることが多いです。なお、銘板シールが確認できない場合は製造メーカーにお問い合わせください。

  • 冷媒ガス
  • フロンガス
  • R-12、R-134A、R-22等(Rで始まるもの)
  • HCFC-22等、CFC-12等

(関連ホームページ)

パソコン用モニター

例)CRT(ブラウン管)モニター、薄型液晶などパソコン用モニターすべて

法律でメーカー回収など他のリサイクルルートが確保されている品目のため、回収ボックスでは回収しません。

市で収集しないごみです。パソコンリサイクルのページで出し方をご確認ください。

(関連ホームページ)

電池・バッテリー類

家電製品に使用されている電池には、「筒型乾電池」「コイン電池」「ボタン電池」「小型充電式電池」があり、電池によって処分方法が異なります。各電池の処分方法の詳細は、関連ホームページをご覧ください。

(関連ホームページ)

ページの先頭へ戻る

国の認定を受けた民間事業者による小型家電回収

国の認定を受けた民間事業者がさまざまな方法で小型家電を回収しています。

無料回収拠点での回収(じゅんかんコンビニ24・リサイクルステーション)

マテック回収拠点

  • 株式会社マテックが運営する無人資源物回収施設です(リサイクルステーションはDCM株式会社との共同運営)
  • スマートフォンアプリや会員カードを使って、受付機でのタッチパネルの操作があります
  • 市の回収場所では回収できない比較的大きい小型家電も回収しています
  • 電池・バッテリー類を使用する家電製品は、必ず電池・バッテリー類を取り外してお持込みください。また、蛍光管、電球類、CDなどのディスク類、インクカートリッジ等も取り外してお持込みください
  • 家電リサイクル法の対象機器(テレビ・エアコン・冷蔵庫・冷凍庫・ワインクーラー・洗濯機・衣類乾燥機など)、PC用モニター(液晶・ブラウン管などすべて)、家電リサイクル法対象外のテレビフロン含有家電木製家電布製家電一人で動かすことが困難な家電製品モバイルバッテリー電子たばこ・加熱式たばこ温水洗浄機付便座などの不衛生な品目など回収対象外の品目がありますので、お持ち込み前に必ずホームページ等で対象品目をご確認ください

じゅんかんコンビニやリサイクルステーションのご利用方法の詳細や回収対象品目(対象外品目)は、ホームページやフリーコールでご確認ください。

  • 株式会社マテックフリーコール(通話料無料)
    電話:0800-800-8877(平日9時00分~17時00分/1月1日~3日は休み)

回収拠点一覧

  • じゅんかんコンビニ24は24時間営業です
  • リサイクルステーションはDCMホーマックの営業時間内の営業です

無料回収拠点の場所を地図で確認したい場合は、小型家電の無料回収場所(googleマップ)をご覧ください。(小型家電回収ボックスの場所も掲載しています)

所在区

施設名称

所在地

中央区

じゅんかんコンビニ24桑園店

中央区北9条西21丁目1

じゅんかんコンビニ24伏見店

中央区南15条西19丁目2
北区 じゅんかんコンビニ24新川駅前店 北区北27条西16丁目3
じゅんかんコンビニ24太平店 北区太平5条5丁目5
DCMホーマック篠路店リサイクルステーション 北区篠路1条1丁目1-10
東区 じゅんかんコンビニ24元町店 東区北20条東20丁目1
じゅんかんコンビニ24北21条店 東区北21条東1丁目3
白石区 じゅんかんコンビニ24マテックプラザ店 白石区本通20丁目北1-10

株式会社マテック札幌支店

※営業時間は8時~17時(1月~3月は8時30分~17時30分)、土曜日・日曜日・祝日は休みです。

白石区東米里2032-12
じゅんかんコンビニ24北郷店 白石区北郷3条3丁目517番345
厚別区 じゅんかんコンビニ24森林公園店 厚別区厚別東4条8丁目15-1
豊平区 じゅんかんコンビニ24月寒店 豊平区月寒東3条3丁目2-1
じゅんかんコンビニ24西岡店 豊平区西岡4条1丁目5-9
DCMホーマック西岡店リサイクルステーション 豊平区西岡1条8丁目8-1
清田区 じゅんかんコンビニ24美しが丘店 清田区美しが丘1条4丁目1-15
DCMホーマック真栄店リサイクルステーション 清田区真栄4条2丁目1-10
南区 DCMホーマック藤野店リサイクルステーション 南区藤野2条4丁目1-1
西区 じゅんかんコンビニ24発寒店 西区発寒12条13丁目2-52
DCMホーマック発寒追分通店リサイクルステーション 西区発寒9条14丁目516-210
手稲区 じゅんかんコンビニ24富丘店 手稲区富丘3条5丁目5
じゅんかんコンビニ24明日風店 手稲区明日風1丁目1-1

ページの先頭へ戻る

宅配便を活用した回収

リネットジャパンリサイクル株式会社が宅配便を活用したパソコン・小型家電の回収を行っています。自宅から希望日時に回収します。

料金

有料(パソコン本体は無料)

申込方法

リネットジャパンリサイクル株式会社のホームページからお申込みください。宅配業者がご希望の日時に回収に伺います。

問い合せ先

ページの先頭へ戻る

家電量販店での回収

市内の一部家電量販店で、小型家電の回収を行っています。回収方法などの詳細は、下記の各家電量販店ホームページや各実施店舗でご確認ください

料金

有料(品目により料金が異なり、無料となる場合もあります)
詳細は下記の各家電量販店ホームページにてご確認ください。

問い合わせ先

各店舗

実施店舗

ケーズデンキ
店舗名称 所在地 電話番号
ケーズデンキ札幌麻生店 北区北36条西10丁目1-5 011-708-7835
ケーズデンキ東苗穂店 東区東苗穂1条3丁目1-15 011-789-7220
ケーズデンキ厚別店 厚別区厚別東5条8丁目7-1 011-802-6532
ケーズデンキ月寒店 豊平区月寒東5条13丁目3-1 011-826-6645
ケーズデンキ平岸店 豊平区平岸1条12丁目1-55 011-826-4608
ケーズデンキ発寒店 西区発寒13条14丁目1078-15 011-676-6655
100満ボルト
店舗名称 所在地 電話番号
100満ボルト東苗穂店 東区東苗穂3条2丁目5-20 011-789-1001
100満ボルト札幌清田店 清田区真栄56番地 011-889-6100
ヨドバシカメラ
店舗名称 所在地 電話番号
ヨドバシカメラマルチメディア札幌 北区北6条西5丁目1-22 0120-141-405
(コールセンター)

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928 

ファクス番号:011-218-5108