文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2016年3月30日

検査部からのお知らせ

臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について

市立札幌病院検査部は病院の理念・運営方針のひとつである「安全で質の高い医療を提供します」を目指し、検査結果を正確に迅速に提供できるように努めています。
その為には検査の精度管理(検査精度を一定に保つため)の向上、診断精度を高めるために、常に新しい検査方法や試薬、検査機器を検討し、技術・知識を習得する必要があります。
そこで検査部では、臨床検査が終了した検体(残余検体)を使用して、検査方法などを評価しています。残余検体(血液・尿・体腔液など)の使用については、「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について―日本臨床検査医学会の見解―」(平成22年3月)を遵守いたします。
残余検体使用時には、患者さまの個人情報や検査データの守秘義務を順守し、患者さまが不利益を被ることはありません。
患者さまのご理解とご協力をお願いいたします。

ご不明な点がございましたら、下記担当者までご連絡ください。

 

連絡先:市立札幌病院 検査部
担当者:検査部長
電 話:011-726-2211(内線5200)