ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 病理診断科

ここから本文です。

更新日:2016年4月27日

病理診断科

 病理診断科について

正しい治療のためには、正しく病気を診断することが重要です。
患者さんの体から採取した組織や細胞を、顕微鏡で調べ、病気の診断をすることを専門に行っているのが病理診断科です。病理診断は病気の最終診断(final diagnosis)です。
病理診断科はふだん患者さんと直接接することはありませんが、ほかの診療科と連携し、当院の高い医療レベルを縁の下で支えています。

ページの先頭へ戻る

 こんな症状、疾患を診ています

病理組織診断

内視鏡で胃や腸や肺の病変の一部を採取したり、皮膚の病変などを切り一部を採取したりするようなことを生検といいます。これらの小さな組織片から組織標本を作り、顕微鏡で観察して、病変の診断(良性か、悪性かなど)を行います。これを生検診断といいます。また、手術で摘出された臓器からも、複数の組織標本を作成し、腫瘍の進行度、リンパ節転移の有無、腫瘍が完全に取り切れているかなどを調べ、手術後の治療方針を決める上で重要な情報を主治医に提供しています。これは外科病理診断と呼んでいます。(写真は胃がんの組織像です。)

胃がんの組織像

胃がんの組織像

細胞診断

肺がんや膀胱がんでは、がん細胞が痰や尿のなかにこぼれ出ることがあります。これらの痰や尿を調べてがん細胞があるかないかを診断するのが細胞診断です。綿棒のようなもので細胞をこすりとってきたり(子宮頸部など)、できものに細い針を刺して細胞をとってきたり(乳腺、甲状腺など)したものも細胞診の対象となります。細胞診は患者さんの体への負担が少ないため、繰り返し検査を行うことができます。細胞診断は細胞検査士(サイトスクリーナー)と病理医が連携して診断にあたっています。(写真は子宮頸部の腺がん細胞です。)

写真は子宮頸部の腺がん細胞

写真は子宮頸部の腺がん細胞

病理解剖

不幸にして病院で治療中に亡くなられてしまった場合、ご家族の承諾のもとで行われるのが病理解剖です。生前の診断は正しかったか、治療効果はどのくらいあったのかなどについての判断を行います。生前はわからなかった病気の原因や、死因が明らかになることもあります。病理解剖の結果は、毎月行われる剖検検討会を通して若い医師の教育や今後の診療に役立てられます。当院では毎年、捧体慰霊祭を行い、医学の発展に貢献された患者様への感謝の気持ちをご遺族の参加のもとで共有しています。

ページの先頭へ戻る

 私たちが担当しています ~担当医紹介~

職名 氏名 専門分野 資格等
部長 深澤 雄一郎 外科病理学一般
腎臓病理学
移植腎病理学
日本病理学会専門医・研修指導医・学術評議員
日本臨床細胞学会専門医
日本移植学会認定医
副医長 辻 隆裕 外科病理学一般
感染病理学
分子生物学
日本病理学会専門医
日本臨床細胞学会専門医
柳内 充 外科病理学一般 日本病理学会専門医
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本アレルギー学会専門医
医師 石井 保志 外科病理学一般  

嘱託医師

秋元 真祐子 外科病理学一般  
牧田 啓史 外科病理学一般  
木内 隆之 外科病理学一般  
清水 亜衣 外科病理学一般  

ページの先頭へ戻る

 論文等

平成20年論文等(病理診断科)

爪下ケラトアカントーマの1例
市立札幌病院 形成外科
七戸 竜司  堀内 勝己  大澤 正之
川嶋 邦裕  吉田 哲憲
同 病理科
高田 明生  武内 利直
斗南病院皮膚科
松村 哲理
Skin Cancer vol.23 No.1: 36-40, 2008

当科腎生検における軽鎖沈着症の組織学的検討
市立札幌病院 病理科
小川 弥生  武田 広子  藤田 裕美
吉澤 明希  小熊 貴光  中村 厚志
武内 利直
市立札幌病院医誌 67(2): 14-20, 2008

Connexin43 knockdown accelerates wound healing but inhibits mesenchymal transition after corneal endothelial injury in vivo
Nakano Y, Oyamada M, Dai P, Nakagami T, Kinoshita S, Takamatsu T
Invest. Ophthalmol. Vis. Sci. 49: 93-104, 2008

ページの先頭へ戻る

平成19年論文等(病理科)

The effects of FasL on inflammation and tumor survival are dependent on its expression levels
A Wada, Y Tada, K Kawamura, Y Takiguchi, K Tatsumi, T Kuriyama, T Takenouchi, J O-Wang and M Tagawa
Cancer Gene Therapy,(2007) 14, 262-267

小児前胸部皮下腫瘍の1例
小川 弥生
日本臨床細胞学会北海道支部会報 2007, 16, P75-78

当科腎生検における軽鎖沈着症の組織学的検討
小川 弥生、武田 広子、藤田 裕美、吉澤 明希、小熊 貴光、中村 厚志、武内 利直
市立札幌病院医誌 2008, 67(2), p14-20

顕微鏡的多発血管炎の1剖検例
伊藤しげみ、古屋 亮児、小田 寿朗、小川 弥生、笹野 公伸
診断病理 2007, 24(4), p395-400

穿孔性腹膜炎を発症した結腸原発GIMT例
―結腸GIST本邦報告例の検討―
庄中 達也、三澤 一仁、菊地 一公、武田 圭佐、大川 由美、小川 弥生、佐野 秀一
日本消化器外科学会雑誌 2007, 40(12), p234-236

ページの先頭へ戻る

平成18年論文等(病理科)

Two cases of adenoid cystic carcinoma: Preoperative cytological findings were useful in determining treatment strategy
Kasagawa, T., Suzuki, M., Doki, T., Fujimori, T., Itami, M., Takenouchi, T. and Yamamoto, N.
Breast Cancer 2006;13:112-116.

Strong HLA-DR antigen expression on cancer cells relates to better prognosis of colorectal cancer patients:Possible involvement of c-myc suppression by interferon-γ in situ
Matsushita, K., Takenouchi, T., Shimada, H., Tomonaga, T., Hayashi, H., Shioya, A., Komatsu, A., Matsubara, H. and Ochiai, T.
Cancer Sci. 2006;97:57-63.

Impaired assembly of major histocompatibility complex class I peptide-loading complex in mice deficient in the oxidoreductase ERp57
Garbi N, Tanaka S, Momburg F, Hammerling GJ.
Nature Immunol. 2006 Jan;7(1):93-102.

Expression of human endogenous retrovirus-R gene links to differentiation of squamous cells
Otsuka N, Miyatake Y, Ishizu A, Tanaka S, Yamamoto Y, Ikeda H, Yoshiki T.
AIDS Res Hum Retroviruses 2006 Nov;22(11):1148-51.

潰瘍性大腸炎に合併した全身性水痘帯状疱疹ウイルス感染症の1剖検例
小川 弥生、田中 敏、高田 明生、武内 利直、岡田 昌生
診断病理2006, 23(2), P144-146

尿細管間質性腎炎の組織像と鑑別:腎と透析
小川 弥生
2006, 61(3), p407-412

全身性エリテマトーデスに併発した血栓性血小板減少性紫斑病の1例
小川 弥生、向井 正也、後藤 秀樹、田中 敏、高田 明生、武内 利直
日本臨床免疫学会会誌 2006, 29(5), p342-347

女性のダグラス窩に発生した異所性前立腺の1例
田中 敏、小川 弥生、高田 明生、武内 利直
診断病理 2006, 23(3), p234-236

ページの先頭へ戻る

平成17年論文等(病理科)

Transperineal ultrasound-guided 12-core systematic biopsy of the prostate for patient with a prostate-specific antigen level of 2.5-20 ng/ml in Japan.
Shinya Yamamoto, Ujin Kin, Kazuyoshi Nakamura, Masaaki Hamano, Yasuyo Nishikawa, Toshinao Takenouchi and Masayuki Maruoka
Int. J. of Clin. Oncology 10:117-121, 2005

Quadruple immunosuppression with basiliximabtacrolimus, mycophenolate mofetil and predonisone is safe and effective for renal transplantation.
Miura, M., Harada, H., Fukuzawa, N., Iwami, D., Taniguchi, A., Seki, T., Togashi, M., Ogawa, Y., Satoh, H. and Hirano, T.
Clin. Transplant. 19 suppl 14: 54-58, 2005

Accessory molecules in the assembly of major histocompatibility complex class I/peptide complexes: how essential are they for CD8(+) T-cell immune responses?
Garbi N., Tanaka, S., van den Broek M, Momburg F. and Hammerling GJ.
Immunol Rev. 207:77-88, 2005(Oct.)

腎血管炎
佐藤 英俊、小川 弥生
腎疾患病理アトラス-尿細管間質疾患と血管疾患のWHO分類、 東京医学社:373-386、 2005

ウェゲナー肉芽腫症
小川 弥生、石津 明洋、吉木 敬
血管炎アトラス 厚生省難治性疾患克服事業;難治性血管炎に関する調査研究班:19-20, 2005

血栓性血小板減少性紫斑病
小川 弥生、石津 明洋、吉木 敬
血管炎アトラス 厚生省難治性疾患克服事業;難治性血管炎に関する調査研究班:55-56, 2005

結節性多発動脈炎
石津 明洋、小川 弥生、吉木 敬
血管炎アトラス 厚生省難治性疾患克服事業;難治性血管炎に関する調査研究班:11-12, 2005

アレルギー性肉芽腫性血管炎
石津 明洋、小川 弥生、吉木 敬
血管炎アトラス 厚生省難治性疾患克服事業;難治性血管炎に関する調査研究班:23-24, 2005

ヘノッホ・シェーンライン紫斑病
石津 明洋、小川 弥生、吉木 敬
血管炎アトラス 厚生省難治性疾患克服事業;難治性血管炎に関する調査研究班:31-32, 2005

ページの先頭へ戻る

平成16年論文等(病理科)

Intra-third ventricular craniopharyngiomas:imaging characteristics, Histopathology and successful trans-lamina terminalis approach.
Hashimoto S, Ogawa Y, Ishida T, Okubo A, Momota H, Ogawa Y
International Congress series 1259:111-117, 2004

Steroid-sensitive nephritic syndrome associated with positive Clq immunofluorescence.
Hashimoto S, Ogawa Y, Ishida T, Mochizuki T, Koike T, Sato H, Ueda T
Clin Exp Nephrol. 8(3):266-269, 2004

平成15年死亡例検討会報告および死亡統計・部検統計
佐藤英俊
市立札幌病院医誌 64:91-114, 2004

血管病変からみた腎疾患
佐藤英俊
2004年度日本病理学会診断講習会ハンドアウト 95-108, 2004

ページの先頭へ戻る

平成15年論文等(病理科)

乳腺のGlycogen-rich clear cell carcinomaの一例
小川弥生、高田明生、田原正彦、中村厚志、大川由美、佐藤英俊
診断病理 20:114-116、2003

カラー図説講座 腎組織標本のみかた 腎生検診断法―腎小型血管炎
佐藤英俊
腎と透析 55(6):858-865、2003

特集 「悪性リンパ腫の病理と臨床」 ―悪性リンパ腫の診断
佐藤英俊
市立札幌病院医誌 63:85-90、2003

平成14年死亡検討会報告、平成14年死亡統計・剖検統計報告
佐藤英俊
市立札幌病院医誌 63:163-193、2003

舌に発生した顆粒細胞腫の1例
栗橋可織、松下和裕、小林一三、熊澤龍一郎、中村英司、藤原敏勝、小川弥生、佐藤英俊
北海道歯学雑誌 24:64-67、2003

Hyperacute onset of uremic syndrome associated with hyperacute rejection in the recipient of an ABO-incompatible kidney
Harada H, Togashi M, Seki T, Shindo J, Shimoda N, Ogawa N, Takada A, Tateno M, Sato, H, Hirano T, Nephrol Dial transplant 18:1009-1012,2003

Unilateral renal cortical necrosis with contralateral hydronephrosis after surgery for uterus carcinoma.
Hashimoto S, Shiroshita K, Sakurai T, Takada A, Kawata T, Koike T, Sato H, Ueda T
Clin. Exp. Nephrol 7:72-76,2003

Multiple elastofibromas

Shimuzu S, Yasui C, Tateno M, Sato H, Homma S, Hirano E, Tajima S, Tsuchiya K
J Am Acad Dermatol 50:126-129,2003

Evaluation of malignancy using Ki-67 labeling index for gastric stromal tumor
Nagasaka Y, Misawa K, Kohashi S, Hasegawa K, Okawa Y, Sano H, Takada A, Sato H
Gastric Cancer 6:168-172,2003

ページの先頭へ戻る

平成14年論文等(病理科)

前立腺原発葉状腫瘍の1例
小川弥生、立野正敏、高田明生、佐藤英俊
診断病理 19:48-50、2002

頭皮のatypical fibroxanthoma, primarily spindled variantの1例
小川弥生、高田明生、立野正敏、佐藤英俊
診断病理 19:159-162、2002

線維肉腫様の組織像を伴った隆起性皮膚線維肉腫の1例
小川弥生、高田明生、立野正敏、佐藤英俊
診断病理 19:173-175、2002

前胸部に発生したエックリン腺癌の1例
立野正敏、小川弥生、高田明生、佐藤英俊
診断病理 19:163-165、2002

胆嚢のpyloric gland type adenomaの1例
立野正敏、原田大、高田明生、小川弥生、佐藤英俊
診断病理 19:131-133、2002

Elution of IgA from kidney tissues exibiting glomerular IgA deposition and analysis of antibody specificity
Ogawa Y,Ishizu A,Ishikura H,Yoshiki T
Pathobiology 70(2):98-102, 2002