文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 心臓血管外科

ここから本文です。

更新日:2018年9月12日

心臓血管外科

心臓血管外科について 

当科では、循環器内科医、心臓血管外科医、麻酔科、臨床工学士、看護師からなるハートチームで、循環器疾患の診断・治療に関し、ホットな議論をして最高の医療を提供することを心がけ、困難な疾患に対しても治療成績を常に向上させ、急性期のみならず10年後に満足のいく治療を行っております。心臓、冠動脈手術には人工心肺を用いない心拍動下手術(OPCAB)を行いつつも、長期予後の良い両側内胸動脈を必要症例のほぼ全例で使用しています。大動脈瘤には従来の動脈瘤切除および人工血管置換術を第一選択としますが、人工血管置換が困難な患者様には開腹、開胸操作を必要としないステントグラフト内挿術を選択しています。心臓弁膜症においては、僧房弁で自己弁を温存する弁形成術を第一選択としておりますが、最近では、大動脈基部の形成を含んだ手技の確立により長期予後の期待できる大動脈弁の弁形成も行っております。下肢血行障害にも形成外科、循環器内科とチームとして治療し、重症虚血肢への下腿3分枝バイパス術、血管内治療を総合的に行い下肢の切断を回避できるように治療しています。静脈瘤は、短期入院によるストリッピング手術を行っています。また、当科はすべての透析シャント作製に携わっており、内シャントセンターを開設し急なシャントトラブルに迅速に対応しております。

ページの先頭へ戻る

基本方針 

生命予後ばかりでなく生活の質が改善する良質な外科治療が長期にわたり継続することをモットーにスタッフ一同努力しております。

ページの先頭へ戻る

こんな症状、疾患を診ています 

是非当院循環器内科か心臓血管外科を訪れてみてください。隠れた疾患が見つかるかもしれません。

  1. 今まで、昇れていた階段を昇れないのは、本当に年のせいなのでしょうか?
    ドキドキしたり、息が苦しい、時に胸がなんだか圧迫されるなどの症状は、心臓の病気の可能性があります。
  2. 歩くと足のふくらはぎが張って痛くなるけど、休むとよくなるからそのままにしていた。
    足の動脈が狭くなると起こる症状かもしれません
  3. 足がむくんでいて、足の血管が浮き出ている。
    静脈瘤かもしれません

ページの先頭へ戻る

次の疾患が心臓関連手術の対象となります

後天性心疾患

  • 心臓弁膜症に対する弁形成術(僧房弁、三尖弁、大動脈弁)
  • 狭心症に対する冠動脈バイパス手術(心拍動下手術)
  • その合併手術
  • 重症低左室機能に対する左室形成術
  • 不整脈に対するメイズ手術(心房細動)
  • 心臓腫瘍(粘液腫など)摘出術


心拍動下冠動脈バイパス(LITA-LAD吻合)


心拍動下冠動脈バイパス(SVG-4PD吻合)


僧房弁形成術の術中写真


僧帽弁形成術(前尖自己心膜パッチaugmentation法)
術中写真


重症大動脈弁狭窄症術中写真


人工弁(生体弁)置換術後


MICS-MVP(後尖triangular resection、人工腱索)
術中胸腔鏡写真

 

 

ページの先頭へ戻る

血管関連手術の対象疾患

大血管疾患

  • 胸部真性大動脈瘤、急性大動脈解離に対する胸部人工血管置換術
  • その合併手術としての弁置換術、バイパス手術、さらに大動脈基部全置換術
  • 腹部大動脈瘤に対する瘤切除兼人工血管置換術
  • 胸部、腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術


遠位弓部大動脈瘤


上行大動脈(Zone0)からの開窓型ステントグラフト内挿術

鎖骨下-鎖骨下動脈バイパス術
術後写真

末梢血管疾患

  • 下肢閉塞性動脈硬化症に対するバイパス手術(下腿3分枝以下へのバイパスも救足のためには行っています)
  • 動脈の狭窄病変に対するステント留置術

静脈疾患

  • 下肢静脈瘤に対する低侵襲カテーテル手術(高周波アブレーション治療)
  • 大伏在静脈抜去術(ストリッピング術)


下肢静脈瘤(CT写真)


高周波治療デバイス
(写真:日本コヴィディエン)


カテーテルによる大伏在静脈の焼灼
(写真:日本コヴィディエン)

 内シャント

  • 内シャント新規作成(自己動静脈吻合、人工血管)
  • シャント不全に対する修復術

先天性心疾患

  • 心房中隔欠損症、心室中隔欠損症などの心内修復手術
  • 動脈管開存症などの手術

ページの先頭へ戻る

診療実績 

平成22~29年度手術実績

心臓胸部大血管手術

 

平成
22
年度

平成
23
年度

平成
24
年度

平成
25
年度

平成
26
年度

平成
27
年度

平成
28
年度

平成
29
年度

OPCAB:心拍動下冠動脈バイパス術

8件

7件

6件

1件

2件

5件

8件

8件

CPB:体外循環下手術(弁膜症・胸部大動脈瘤など)

30件

45件

57件

61件

64件

70件

59件

62件

TEVAR:胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術

22件

27件

25件

38件

36件

26件

32件

29件

その他

   

2件

4件

3件

7件

6件

3件

年間総手術件数

 

ページの先頭へ戻る

手術件数 

平成28年度(2016年度)手術一覧

手術コード

手術名

件数

K0001

創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径5cm未満)

5

K0002

創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径5cm以上10cm未満)

1

K0003

創傷処理(筋肉、臓器に達するもの・長径10cm以上)(その他)

19

K0004

創傷処理(筋肉、臓器に達しないもの・長径5cm未満)

3

K0005

創傷処理(筋肉、臓器に達しないもの・長径5cm以上10cm未満)

1

K0133

分層植皮術(10㎠以上200㎠未満)

2

K016

筋(皮)弁術

2

K023

筋膜切離術

1

K488

試験開胸術

6

K488-3

胸腔鏡下試験開胸術

1

K539

心膜切開術

4

K539-3

胸腔鏡下心膜開窓術

7

K5521

冠動脈バイパス移植術(1吻合)

2

K5522

冠動脈バイパス移植術(2吻合以上)

6

K552-21

冠動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(1吻合)

2

K552-22

冠動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)(2吻合以上)

32

K553-21

左室自由壁破裂修復術(単独)

2

心室中隔穿孔閉鎖術(単独)

1

K5541

弁形成術(1弁のもの)

4

K5542

弁形成術(2弁のもの)

4

K5551

弁置換術(1弁のもの)

30

K5552

弁置換術(2弁のもの)

2

K5601ニ

大動脈瘤切除術(上行大動脈・その他のもの)

3

K5601ハ

大動脈瘤切除術(上行大動脈・自己弁温存型大動脈基部置換術)

1

K5601イ

大動脈瘤切除術(上行大動脈・大動脈弁置換術又は形成術を伴うもの)

6

K560-22

オープン型ステントグラフト内挿術(上行・弓部同時、弁置換・形成)

1

K5603

大動脈瘤切除術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術・その他のもの)

3

K5606

大動脈瘤切除術(腹部大動脈・分枝血管の再建を伴うもの)

10

K5607

大動脈瘤切除術(腹部大動脈・その他のもの)

3

K5611

ステントグラフト内挿術(胸部大動脈)

8

K5612

ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)

16

K5613

ステントグラフト内挿術(腸骨動脈)

2

K5943

不整脈手術(メイズ手術)

8

K596

体外ペースメーキング術

39

K5972

ペースメーカー移植術(経静脈電極)

3

K597-2

ペースメーカー交換術

3

K6001

大動脈バルーンパンピング法(初日)

10

K6002

大動脈バルーンパンピング法(2日目以降)

7

K6011

人工心肺(初日)

57

K6021

経皮的心肺補助法(初日)

1

K606

血管露出術

5

K6072

血管結紮術(その他)

31

K607-3

上腕動脈表在化法

6

K6082

動脈塞栓除去術(その他)(観血的)

4

K608-3

内シャント血栓除去術

1

K6093

動脈血栓内膜摘出術(その他)

1

K610-3

外シャント設置術

4

K610-3

内シャント設置術

156

K6105

動脈形成術(その他の動脈)

11

K6105

動脈吻合術(その他の動脈)

1

K6143

バイパス移植術(腹腔内動脈)

2

K6144

バイパス移植術(頸部動脈)

3

K6147

バイパス移植術(その他の動脈)

21

K6147

血管移植術(その他の動脈)

7

K6147

血管移植術、バイパス移植術

2

K615-2

経皮的大動脈遮断術

2

K6153

血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔

9

K6153

血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内等)(その他のもの)

3

K6153

血管塞栓術(腹腔内血管等)(その他のもの)

3

K616

四肢の血管拡張術・血栓除去術

4

K616-4

経皮的シャント拡張術・血栓除去術

95

K6171

下肢静脈瘤手術(抜去切除術)

1

K6173

下肢静脈瘤手術(高位結紮術)

4

K617-4

下肢静脈瘤血管内焼灼術

20

K6182

中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他)

8

K6233

静脈吻合術(その他の静脈)

1

K557-2

大動脈弁下狭窄切除術

1

K560-22イ

オープン型ステントグラフト内

1

K5603ニ

大動脈瘤切除術(上行・弓部同)

1

K542

心腔内異物除去術

1

K5971

ペースメーカー移植術(心筋電)

1

合計

728

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています ~担当医紹介~  

職名 氏名 専門分野 資格等
部長 中村 雅則 心臓
大血管
末梢血管

心臓血管外科専門医
胸部外科指導医・認定医
胸部外科修練指導医
外科専門医・指導医
ステントグラフト実施医
日本冠疾患学会FJCA

医長 坂田 純一 心臓
大血管
末梢血管
外科専門医・指導医
心臓血管外科専門医
心臓血管外科修練指導医
日本脈管学会認定脈管専門医
日本血管外科学会認定血管内治療医
宇塚 武司 心臓
大血管
末梢血管
心臓血管外科専門医
外科専門医
循環器専門医
脈管専門医
ステントグラフト指導医
血管外科学会認定血管内治療医
血管内レーザー焼灼術指導医
一般職 近藤 麻代 心臓
大血管
末梢血管
 

ページの先頭へ戻る

日常生活の支援

看護婦さんのイラストワーファリン内服中の患者さんに対し、食事の留意点についてパンフレットを用いて説明をしております。また、静脈瘤の患者さんには、弾性ストッキングを実際に試して頂きながら指導を行っております。手術後の自宅での生活に心配がある方は、地域連携センターによるサポートシステムもあります。
一人一人の生活に合わせた支援をしております。

私たち看護師は、優しさをもち、丁寧な対応を心がけております。
お気軽にご相談ください。

学会・研究会等発表演題 

演題名

出題者名

所属

学会名

発表
月日



生体弁置換術後3年で再弁置換術を要した三尖弁狭窄症の1治験例

宇塚武司 
中村雅則
近藤麻代
山梨克真
小松博史
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第104回北海道外科学会 2016年
2月27日
札幌
脳合併症を有する活動期感染性心内膜炎における急性期手術-術前頭部MRIの有用性-

宇塚武司
中村雅則
近藤麻代
安田尚美
沼口亮介
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第116回日本外科学会 2016年
4月16日
大阪
病変進行の早い透析患者にこそ両側内胸動脈による冠動脈バイパス術が必要か? 

中村雅則
宇塚武司
近藤麻代
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第116回日本外科学会 2016年
4月16日
別府
脳合併症を有する活動期感染性心内膜炎における急性期手術-術前頭部MRIの有用性-

宇塚武司
中村雅則
近藤麻代
沼口亮介
堀田祥史
瀧上真良
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第1回Academic Seminar for Surgeons in SCGH 2016年
4月21日
札幌
EVAR術後脚閉塞防止に対する当院の取り組み

宇塚武司
中村雅則
近藤麻代
沼口亮介
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第44回日本血管外科学会 2016年
5月18日
東京
EVAR後遠隔期に発症した原因不明の腹部大動脈瘤破裂に対し、術中所見にてTypeⅢエンドリークと診断した1例

沼口亮介
中村雅則
近藤麻代
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第88回北海道シネアンジオ研究会

2016年

6月11日

札幌
開心術後乳び胸に対して経静脈的胸管塞栓術が有効であった1例

沼口亮介
中村雅則
近藤麻代
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第101回胸部外科北海道地方会 2016年
8月27日
札幌
慢性腸間膜動脈閉塞症に対し自家静脈を用いたバイパス手術を施行した一例

宇塚武司
中村雅則
沼口亮介
近藤麻代
有村聡士
渡辺祝安 

市立札幌病院心臓血管外科 第36回日本血管外科学会北海道地方会 2016年
9月8日
札幌
人工弁感染に対する大動脈弁再置換術後の感染再燃による弁周囲逆流に対する大動脈基部置換術の1例

近藤麻代
中村雅則
沼口亮介
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 心臓外科フォーラム 2016年
5月21日
札幌
早期手術と完全郭清を基本とした感染性心内膜炎の外科治療-早期手術の妥当性

中村雅則
宇塚武司
近藤麻代
沼口亮介
渡辺祝安 

市立札幌病院心臓血管外科 第69回日本胸部外科学会 2016年
10月1日
岡山
大動脈弁輪、Valsalva洞の石灰化に上行大動脈の石灰化、アテローマを伴う大動脈弁狭窄症に対する低体温循環停止上行置換術を伴うSurgical AVR

中村雅則
宇塚武司
近藤麻代
沼口亮介
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第7回日本弁膜症学会 2016年
10月21日
札幌
MICS MVPの術中下肢虚血に対して下肢灌流を施行した1例

近藤麻代
中村雅則
沼口亮介
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第105回北海道外科学会 2016年
10月29日
札幌
左冠動脈領域多枝バイパス(3枝以上)に対するin situ BITA sequential bypass

中村雅則
近藤麻代
沼口亮介
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第30回冠疾患学会 2016年
12月10日
東京
動脈グラフト-動脈グラフト吻合を要したCABG症例の検討

沼口亮介
中村雅則
近藤麻代
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第30回冠疾患学会 2016年
12月10日
東京
自己弁温存対動脈基部置換術におけるトラブルシューティングEH測定の問題を補うための進展弁尖長測定の意義とAVJ.STJ同時縫縮による遺残ARの制御

中村雅則
沼口亮介
近藤麻代
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院心臓血管外科 第4回Aortic Valve Academy  2016年
12月24日
東京

 

ページの先頭へ戻る

論文等 

平成28年

論文名

著者名

所属

雑誌名
(書名)



ページ

Idiopathic bronchial hemorrhage: a rare but catastrophic complication in cardiac surgery. Uzuka T
Nakamura M
Nakajima T
Kusudoh S
Usubuchi H
Tanaka A
Watanabe N
Cardiovascular surgery, Respiratory Medicine, Radiology,Thoracic surgery   J Cardiothorac Surg. 2016 11(1) 78