文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年9月12日

放射線診断科

放射線診断科について 

 良質な画像診断の提供を目指しています。
放射線診断科では、画像診断に関わる診療を行っています。当科が地域連携で行っている画像検査は、主にCT検査、MRI検査、核医学検査、骨密度測定です。ご紹介いただいた患者さんに、画像検査を行い、画像診断報告書を作成し、画像データと画像診断報告書を紹介元に送付しております。
 当院には、CT装置3台(320列、16列、4列装置が各1台)、MRI装置2台(静磁場強度1.5-Teslaと3.0-Teslaが各1台)、PET/CT装置1台、SPECT/CT装置1台が設置されています。320 列Area Detector CTは平成23年10月に導入されており、3D画像や4D画像検査を円滑に行うことができます。また、3.0-Tesla MRI装置は2015年3月に導入された最新鋭の機種で、様々な撮像を高いレベルで施行することができます。PET/CT装置は2016 年3月に設置され、同年4月1日から、FDGを用いたPET/CT検査を開始しております。このPET/CT装置は、最新のtime-of-flight 法を搭載しており、画質は極めて良好で、従来のPET/CT画像とは一線を画しています。SPECT/CTは2010年に導入されたもので、必要に応じてCTと核医学検査の重ね合わせ画像を提供しています。当院は、日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関、日本IVR学会修練認定施設に認定されております。日本医学放射線学会に認定された指導医が常勤しており、質の良い画像診断業務を遂行する体制も整っています。

ページの先頭へ戻る

こんな検査をしています 

平成29年度読影実績

内容 件数
CT検査

15,711

MRI検査

7,051

核医学検査

1,959
(内FDG-PET/CT784件)

CT検査

X線を利用して人体の断層像を撮影する検査です。1mm以下の厚さでも撮影でき、空間解像力の高い(高精細な)画像を作ることもできます。2015年度の画像読影レポート件数は約14200件と最も件数の多い検査です。当院には3台の装置があります(320列、16列、4列装置が各1台)。320列Area Detector CT装置は平成23年10月に導入されており、心臓や冠動脈の検査も可能です。

MRI検査

磁力と電波を使って人体の断層像を撮影する検査です。CTと比べて検査時間は長いですが、CTとは異なる情報を得ることができます。MRI装置は2台(静磁場強度1.5-Teslaと3.0-Teslaが各1台)あります。3.0-Tesla MRI装置は2015年3月に導入された高性能の装置です。

核医学検査

体内に放射線を出す放射性医薬品を注射し、脳血流の測定や、心臓、骨、肺、腎臓、副腎、甲状腺などの病気や機能がわかります。認知症の診断にも使用されています。当院にはガンマカメラ(SPECT/CT装置)1台とPET/CT装置1台があります。PET/CT装置は2016年3月に設置され、同年4月1日から、FDGを用いたPET/CT検査を開始しております。このPET/C装置は、最新のtime-of-flight法を搭載しており、画質は極めて良好で、従来のPET/CT画像とは一線を画しています。SPECT/CTは2010年に導入されたもので、必要に応じてCTと核医学検査の重ね合わせ画像を提供しています。

超音波検査

当科では、主に甲状腺などの頭頚部の領域の超音波検査を行っています。甲状腺病変に対する針生検も行っています。また、超音波検査を利用して全身の様々な部位に生じた膿瘍のドレナージ術なども行っています。

血管造影検査

カテーテルと呼ばれる細い管を患者さんの血管内に通し、血管を撮影する検査です。このカテーテルおよび血管造影を利用した治療としてIVRがあり、当科では肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法(TACE:Transcatheter Arterial Chemo-Embolization)、外傷や消化管出血に対する緊急の止血術、狭くなった血管の拡張術なども行っております。当院の血管撮影装置(DSA装置)は、2010年度に導入されたものですが、同時にコーンビームCTの撮影も行うことが可能で、精度の高い診断や治療(IVR)を行うことができます。

骨塩定量検査

骨粗鬆症の診断を補助する検査です。

ページの先頭へ戻る

IVR施行件数 

平成28年度の件数です。

手術コード

手術名

件数

K533-2

内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術

1

K6151

血管塞栓術(腹腔内血管等)(止血術)

12

K6152

血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内等(選択的動脈化学塞栓術)

15

K6153

血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内等)(その他のもの)

58

K616-5

経皮的血管内異物除去術

2

K6261

リンパ節摘出術(長径3cm未満)

2

K637-2

経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術

20

K722

小腸結腸内視鏡的止血術

1

合計

111

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています ~担当医紹介~ 

職名 氏名 専門分野 資格等
部長 寺江 聡 画像診断 日本医学放射線学会放射線診断専門医
副部長 臼渕 浩明 画像診断
IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
医長 竹井 俊樹 画像診断
核医学検査

日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本核医学会専門医
PET認定医

副医長 高橋 文也 画像診断
IVR
日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
一般職 藤井 宝顕 画像診断
IVR
 
後期
研修医
井浦 孝紀 画像診断  

ページの先頭へ戻る 

ほかの科との連携 

麻酔科と連携して痛みを少なく

手術中に硬膜外麻酔を麻酔科にていれてもらい、術後の痛みをなくしてもらっています。

ページの先頭へ戻る

学会認定施設 

当院は、日本医学放射線学会放射線科専門医総合修練機関、日本IVR学会修練認定施設に認定されております。学会に認定された指導医が常勤しており、質の良い画像診断業務やIVRを遂行する体制が整っています。

ページの先頭へ戻る

全国IVR症例登録事業への参加について 

IVRとは、画像診断技術を利用した治療や検査のことを広く指し、血管の塞栓術や拡張術、経皮的なドレナージや生検などが含まれます。
日本IVR学会(事務局:〒355-0063埼玉県東松山市元宿1丁目9番4号FAX: 0493-35-4236)では、本学会に参加する施設で行ったIVR診療の情報を登録し、IVR診療の状況を把握し、各種疾患の診断治療の向上に役立てる取り組みをIVR学会症例登録として実施しております。
この事業は、現在の我が国のIVR診療の現状を浮き彫りにし、基礎と臨床の種々の研究にも貢献するものと考えられます。
当院は、上記の日本IVR学会による全国症例登録の趣旨に賛同し、登録事業に積極的に協力してまいります。当院でIVR診療を行ないました患者さんについては、個人情報を削除した後、診療内容をIVR学会事務局に届出いたします。但し、登録を希望されない場合には届出を致しません。また、後に登録の削除を申し出られました場合にも登録を削除致します。
当院では、患者様に安心して医療を受けていただくために、安全な医療をご提供するとともに、患者さんの個人情報の取り扱いにも万全の体制で取り組んでおりますので、皆様のご理解とご協力のほどお願い申し上げます。なお、ご不明な点などがございましたら、下記の担当医までお気軽にお尋ね下さい。

市立札幌病院 放射線診断科 臼渕 浩明

 

ページの先頭へ戻る

近隣の医療機関の皆様へ 

当科は近隣の医療機関からの患者さんの画像検査のご依頼に対応しております。当科での画像検査のご希望がございましたら、お気軽にご相談いただければ幸いです。
当科で行っている画像検査は以下のものです。

  • CT
  • MRI
  • 核医学検査(シンチグラフィー、および、FDG-PET/CT)
  • 骨塩定量検査(腰部単純撮影を含む)

受診に関しましては、外来待ち時間短縮などのサービス向上のため予約をお願いしております。
札幌医師会会員の先生におかれましては地域医療室(受付時間:月曜日~金曜日 午前9時00分~午後5時00分・直通電話:011-707-7705 FAX:011-707-7706、E-Mail: spchiiki@muse.ocn.ne.jp)を通していただき、札幌市医師会会員以外の先生は地域連携センター(受付時間:同じ 直通電話:011-726-7831 FAX:011-726-7832)をご利用下さい。

ページの先頭へ戻る

学会・研究会等発表演題 

平成29年

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


PETで肺癌の予後にどこまで迫れるか 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科 呼吸器がんキャンサーボード 2017年
2月2日
札幌
耳下腺の硬化性多嚢胞性腺症の一例 竹井俊樹
本間壽大
木村輔
吉田綾華
八木建樹
臼渕浩明
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 第69回北海道画像診断カンファレンス 2017年
2月10日
札幌
当院における副腎静脈サンプリングの現状(シンポジウム「泌尿器科疾患に対するIVR」) 木村輔
臼渕浩明
本間壽大
竹井俊樹
寺江聡
和田典男
市立札幌病院放射線診断科
同糖尿病・内分泌内科
第67回北海道血管造影IVR研究会 2017年
2月18日
札幌
MRIで異常所見を呈したダニ媒介性脳脊髄炎の一例(ポスター) 本間壽大
寺江聡
木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明
板東敬介
田島康敬
深澤雄一郎
好井健太朗
市立札幌病院放射線診断科
同救命救急センター
同神経内科
同病理診断科
北海道大学獣医学部公衆衛生学教室
第46回日本神経放射線学会 2017年
2月17~19日
東京
肉眼的血尿と水腎症で発症した骨盤内AVMの一例 木村輔
本間壽大
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 第68回北海道血管造影IVR研究会 2017年
8月5日
札幌
小頭症と小脳橋低形成を伴った発達遅滞の一例 寺江聡 市立札幌病院放射線診断科 第11回北海道NR懇話会 2017年
8月26日
函館
PET診断はどこまで口腔腫瘍の予後に迫れるか 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科 第27回日本口腔内科学会・第30回日本口腔診断学会ランチョンセミナー 2017年
9月7日
札幌
多発性内分泌腺腫症(MEN1型)の一例 木村輔
本間壽大
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 第70回北海道画像診断カンファレンス 2017年
9月22日
札幌
がん検診の現状とこれから 4.がん診療におけるPET・PET/CT検査の役割 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科 平成29年度市立札幌病院市民公開講座 2017年
10月28日
札幌
PET/CTを含む最近の核医学検査の話題 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科 旭川PET臨床画像講演会 2017年
11月9日
旭川
Carotidyniaの一例 本間壽大
木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 第71回北海道画像診断カンファレンス 2017年
11月17日
旭川
脊髄病変を伴うPRES(PRES-SCI)の一例 木村輔
本間壽大
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 第12回北海道NR懇話会 2017年
12月9日
札幌

平成28年

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


神経根病変を認めた脊髄サルコイドーシスの一例 高橋文也
寺江聡
加藤大貴
本間壽大
清水幸衣
臼渕浩明
宮崎知保子
市立札幌病院放射線診断科 第66回北海道画像診断カンファレンス 2016年
2月12日
札幌
空置内腸骨動脈瘤に対しNBCAの血流遮断下注入を併用してTAEを行った2例

高橋文也

臼渕浩明
加藤大貴
本間壽大
清水幸衣
宮崎知保子
寺江聡
宇塚武司
渡辺祝安

市立札幌病院放射線診断科
同心臓血管外科
第65回北海道血管造影IVR研究会 2016年
2月20日
札幌
神経根病変を認めた脊髄サルコイドーシス 高橋文也
寺江聡
加藤大貴
本間壽大
清水幸衣
臼渕浩明
宮崎知保子
市立札幌病院放射線診断科 第7回脊椎・脊髄画像クラブ(SSIC) 2016年
4月2日
東京
抗VGKC複合体抗体関連辺縁系脳炎の一例 本間壽大
高橋文也
竹井俊樹
臼渕浩明
宮崎知保子
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 第7回北海道NR 2016年
5月28日
札幌
抗VGKC複合体抗体関連辺縁系脳炎の治療前後の経過をMRI画像で観察し得た一例

本間壽大
高橋文也
竹井俊樹
臼渕浩明
宮崎知保子
寺江聡

田島康敬

市立札幌病院放射線診断科
同神経内科
第134回日本医学放射線学会北日本地方会 2016年
6月18日
札幌
組織球症(Erdheim-Chester disease病の一例)における核医学所見について 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科 第50回ライラックカンファレンス 2016年
7月8日
札幌
PET検査における一工夫 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科 第17回北海道PET研究会 2016年
7月9日
札幌
PTLD(Post-Transplant Lymphoproliferative Disorders)の1例

本間壽大
寺江聡
木村輔

竹井俊樹
臼渕浩明

市立札幌病院放射線診断科 第67回北海道画像診断カンファレンス 2016年
7月22日
札幌
脊椎変性疾患: 腰椎椎間板ヘルニア 寺江聡 市立札幌病院放射線診断科 第27回日本骨軟部放射線診断セミナー「骨軟部画像診断 Refresher Course 2016」 2016年
8月6日
札幌
脊髄原発悪性リンパ腫の1例

本間壽大
寺江聡

木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明

市立札幌病院放射線診断科 第7回NR懇話会 in 函館
第8回北海道NR
2016年
8月27日
函館
Ara-Cの硬膜嚢内投与に伴う脊髄症の1例 寺江聡
本間壽大
木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明
市立札幌病院放射線診断科 第7回NR懇話会 in 函館
第8回北海道NR
2016年
8月27日
函館
PET/CT検査によるがん診断の現状と展望について 竹井俊樹 市立札幌病院放射線診断科

第943回市立札幌病院学術研修会
平成28年度第2回がん診療連携拠点病院研修会

2016年
9月8日
札幌
急性~亜急性に発症する中枢神経系疾患の画像診断 寺江聡 市立札幌病院放射線診断科 画像診断を学ぶ会 2016年
10月7日
旭川
ダニ媒介性脳脊髄炎の脳脊髄MRI所見:症例報告

本間壽大

寺江聡
木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明
板東敬介
田島康敬

市立札幌病院放射線診断科
同救急救命センター
同神経内科
第135回日本医学放射線学会北日本地方会 2016年
10月28日
仙台
脳MRIが診断の糸口になったトルエン中毒の1例

高橋明央
本間壽大
木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡

市立札幌病院放射線診断科 第68回北海道画像診断カンファレンス 2016年
11月11日
旭川


ページの先頭へ戻る

論文等 

平成29年

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)


ページ
大動脈弁置換術後の前縦隔乳び胸に対し経皮経静脈的胸管塞栓術が奏効した1例 木村輔
高橋文也
本間壽大
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡
沼口亮介
近藤麻代
宇塚武司
中村雅則
渡辺祝安
市立札幌病院放射線診断科
同心臓血管外科
市立札幌病院医誌 2017 76 247 253
脊髄空洞症の診断と治療の現状 寺江聡
関俊隆
佐々木秀直
市立札幌病院放射線診断科
北海道大学大学院医学研究科神経病態分野脳神経外科学教室
同神経内科学教室
新薬と臨床 2017 66 821 827
乳腺MRI: 当院における検査の実際と基本的な読影についての解説 本間壽大
木村輔
竹井俊樹
臼渕浩明
寺江聡
市立札幌病院放射線診断科 市立札幌病院医誌 2017 77 25 32

平成28年

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)
発表年 ページ
当院における外傷性出血に対する経カテーテル的塞栓術(TAE)の最近の実施状況

高橋文也

臼渕浩明
加藤大貴
本間壽大
清水幸衣
宮崎知保子
寺江聡

市立札幌病院放射線診断科 市立札幌病院医誌 2016 75 208 212

平成27年論文

Peritumoral steatosisを呈した膵神経内分泌腫瘍肝転移の一例
加藤 大貴、長谷川 悠、臼渕 浩明、寺江 聡、小池 裕太、上坂 貴洋、三澤 一仁、秋元 真裕子、柳井 充、深澤 雄一郎
市立札幌病院医誌 74(2): 279-286, 2015

平成26年論文

耳下腺の多形腺腫とワルチン腫瘍の鑑別におけるダイナミック造影CTの有用性の検討
原田 八重、寺江 聡、宮崎 知保子、臼渕 浩明、長谷川 悠、吉村 理、原 敏浩、瀧 重成
市立札幌病院医誌 73(2): 185-189, 2014