文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年9月12日

血液内科

血液内科について 

血液内科では急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形性症候群などの造血器悪性腫瘍をはじめとして、各種の貧血(再生不良性貧血、溶血性貧血、悪性貧血など)や、特発性血小板減少性紫斑病や血友病などの出血性疾患などの血液疾患に幅広く対応しております。入院定床は36床で、うち無菌管理可能な病床を6床有しております。入院患者さんの大部分は、悪性リンパ腫、急性白血病、多発性骨髄腫などの造血器悪性腫瘍で占めております。高リスクあるいは再発の悪性リンパ腫や多発性骨髄腫の方には、積極的に自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法を行い、急性白血病などに対しては、血縁者間同種造血幹細胞移植も随時行っており、長期寛解あるいは治癒を指向した治療を行うよう努力しております。ご高齢の患者さんや合併症を有する患者さんにもおいても、総合病院の強みである各診療科と十分な連携のもとに、個々の状況に応じて、最適な治療を、ご相談、ご提案させていただいております。

ページの先頭へ戻る

基本方針 

患者さんの病態に応じて、最新かつ最良の治療を提供し、地域の方々に信頼される診療科を目指します。

ページの先頭へ戻る

こんな症状、疾患を診ています 

(抗生物質の効かない)原因不明の発熱、浮腫、貧血、リンパ節腫大、歯肉出血、耳鼻科では原因不明の鼻出血などの症状がある場合は血液疾患が疑われますので、院内各科とあわせて精査いたします。なお、鉄欠乏性貧血は原因の多くが消化管出血か女性の場合は性器出血(生理過多など)ですので、まず消化器科か婦人科の精査をおすすめしています。また当科の外来受診には、原則として紹介状の持参をお願いしています。ほとんどの血液疾患に対応しております。

平成29年度入院実績

内訳 人数

非ホジキンリンパ腫

258

多発性骨髄腫

30

急性骨髄性白血病

27

骨髄異形成症候群

31

再生不良性貧血

13

特発性血小板減少性紫斑病

4

急性リンパ性白血病

16

造血幹細胞移植実施数

内訳 件数

自家末梢血

6

同種末梢血

1

臍帯血

2

 

ページの先頭へ戻る

手術件数 

平成28年の手術件数です。

手術コード

手術名

件数

K6261

リンパ節摘出術(長径3cm未満)

1

合計    

1

ページの先頭へ戻る

私たちが担当しています ~担当医紹介~ 

職名 氏名 専門分野 資格等
部長 山本 聡 血液疾患
造血幹細胞移植
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会血液専門医・指導医
輸血細胞治療学会認定医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医
ICD制度協議会認定ICD(Infection Control Doctor)
日本エイズ学会認定医
医長 坂井 俊哉 血液疾患
造血幹細胞移植
内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会血液専門医
副医長 山口 圭介 血液疾患
造血幹細胞移植
内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会血液専門医
笠原 郁美 血液疾患
造血幹細胞移植
内科学会認定医・総合内科専門医・指導医
日本血液学会血液専門医

ページの先頭へ戻る

近隣の医療機関の皆様へ 

当科は近隣の医療機関からの患者さんのご紹介を積極的に対応しております。
当科での治療の適応のある患者さん、鑑別が困難な血液異常の患者さんがいらっしゃいましたら,お気軽にご相談頂ければ幸いです。ご紹介頂いた先生方と患者さんの双方の信頼が得られますよう、努力させて頂きます。
ご紹介は従来通り、医師への直接のご連絡でお受けいたしますが、翌日以降の受診の場合は、外来待ち時間の短縮などサービス向上のため、予約をお願いしております。
札幌市医師会会員の先生におかれましては、地域医療室(受付時間;月曜日~金曜日午前9時00分~午後5時00分・直通電話011-707-7705、FAX:011-770-7706、E-mail:spchiiki@muse.ocn.ne.jp)を通して頂き、札幌市医師会会員以外の先生におかれましては、地域連携センター(受付時間:同じ、直通電話011-726-7831,FAX011-726-7832)をご利用頂ければ幸いです。
尚、緊急に入院治療が必要と思われる患者さんの場合は、空床状況、個室および無菌室稼働状況によっては、早急な受け入れが困難な場合も生じているため、恐れ入りますが、受診前に、直接、お電話にてご確認をお願いできますと幸いです。

ページの先頭へ戻る

学会・研究会等発表演題 

平成29年

演題名 出題者名 所属 学会名 発表
月日


Multiple myeloma web seminar 第2回 ガイドライン~移植適応・非適応~ 山本聡 市立札幌病院血液内科 Multiple myeloma web seminar 2017年
2月14日
札幌
同種骨髄移植後に発症した全身性アミロイドーシスに対し、Bortezomibが奏功している多発性骨髄腫の一例 山本聡
坂井俊哉
山口圭介
笠原郁美
市立札幌病院血液内科 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017年
3月2~4日
松江
頭蓋骨病変にて発症し、自家移植後寛解を維持している骨原発びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫の一例 山口圭介
山本聡
坂井俊哉
笠原郁美
市立札幌病院血液内科 第39回日本造血細胞移植学会総会 2017年
3月2~4日
松江
Multiple myeloma web seminar 第3回 最新のMM治療について 山本聡 市立札幌病院血液内科 Multiple myeloma web seminar 2017年
3月14日
札幌
治療終了後17年目に再発した急性前骨髄性白血病の一例 坂井俊哉
笠原郁美
山口圭介
山本聡
市立札幌病院血液内科 第52回日本血液学会春季北海道地方会 2017年
4月22日
札幌
多彩な有害事象にて治療に難渋した多発性骨髄腫症例 山本聡 市立札幌病院血液内科 Multiple Myeloma Web症例検討会 2017年
7月25日
札幌
十分な治療効果が得られた移植非適応骨髄腫患者に対して、TFI (treantment free interval)を選択する。~継続治療は本当に必要か?~ 山本聡 市立札幌病院血液内科 Multiple Myeloma Master's Meeting in Sapporo 2017年
9月29日
札幌
慢性播種性カンジダ症に対してステロイドを併用し、良好な治療経過が得られた急性骨髄性白血病の一例 笠原郁美
山口圭介
坂井俊哉
山本聡
市立札幌病院血液内科 第59回日本血液学会秋季北海道地方会 2017年
10月7日
札幌
びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫に対するR-CHOP療法におけるVCRからVDSへの変更の影響 笠原郁美
山口圭介
坂井俊哉
山本聡
市立札幌病院血液内科 第79回日本血液学会学術集会 2017年
10月20~22日
東京
  • 多発性骨髄腫治療におけるニンラーロカプセルの役割~TOURMALINE-MM1の結果を中心に~
  • 最適なニンラーロの使い方について~Early line での使用について
山本聡 市立札幌病院血液内科 ニンラーロWEB講演会 2017年
11月28日
札幌

平成28年

演題名

出題者名

所属

学会名

発表
月日



自家造血幹細胞移植後に移植関連血栓性微小血管症を合併した非ホジキンリンパ腫の2例 山口圭介
山本聡
坂井俊哉
笠原郁美
向井正也
市立札幌病院血液内科 第38回日本造血細胞移植学会総会  2016年
3月3~5日
名古屋
DLBCL患者でのR-CHOP療法におけるVDSの予後に対する影響 笠原郁美
山口圭介
坂井俊哉
山本聡
市立札幌病院血液内科 第51回日本血液学会春季北海道地方会 2016年
4月19日
札幌
当施設におけるDLBCL患者でのNCCN-IPIの有用性 笠原郁美
山口圭介
坂井俊哉
山本聡
市立札幌病院血液内科 第14回日本臨床腫瘍学会学術集会 2016年
7月28~30日
神戸
関節リウマチ様の関節炎と蛋白尿を契機に診断された全身性アミロイドーシスの1例

山口圭介

笠原郁美
坂井俊哉
山本聡

市立札幌病院血液内科 第58回日本血液学会秋季北海道地方会 2016年
9月10日
旭川
多発性骨髄腫の病態と最新の治療戦略 山本聡 市立札幌病院血液内科 北海道血液市民セミナー 2016年
10月1日
札幌
末梢血幹細胞移植後に異時性に同一ドナーからの生体腎移植の長期経過例の報告 原田浩
山本聡
和田吉生
福沢信之
堀田紀世彦
市立札幌病院腎臓移植外科
血液内科
第25回日本組織適合性学会大会 2016年
10月22~23日
札幌
多発性骨髄腫の病態、診断、治療の歴史 山本聡 市立札幌病院血液内科 multiple myeloma web seminar 第1回 2016年
11月22日
札幌

 

ページの先頭へ戻る

論文等 

平成29年

論文名 著者名 所属 雑誌名
(書名)


ページ
ヘモクロマトーシス 山本聡  市立札幌病院血液内科 今日の治療指針2017  2017   724 725
A Multicenter Retrospective Study of Mogamulizumab Efficacy in Adult T-Cell Leukemia/Lymphoma Iyama S1
Sato T2
Ohnishi H3
Kanisawa Y4
Ohta S5
Kondo T6
Mori A7
Tsutsumi Y8
Kuroda H9
Kakinoki Y10
Yamamoto S11
Takahashi T12
Shindo M13
Torimoto Y14
Sato K15
Iwasaki H16
Haseyama Y17
Kohda K18
Nagamachi Y19
Hirayama Y20
Sakai H21
Hirata Y22
Fukuhara T23
Ikeda H2
Kobune M2
Kato J24
Kurosawa M25
1.Department of Hematology, Sapporo Medical University School of Medicine
2.Department of Hematology, Sapporo Medical University School of Medicine
3.Department of Public Health, Sapporo Medical University School of Medicine
4.Department of Hematology/Oncology, Oji General Hospital
5.Department of Hematology, Sapporo Hokuyu Hospital
6.Department of Hematology, Hokkaido University Graduate School of Medicine
7.Department of Internal Medicine, Aiiku Hospital
8.Department of Internal Medicine, Hakodate Municipal Hospital
9.Department of Gastroenterology and Hematology/Clinical Oncology, Internal Medicine, Steel Memorial Muroran Hospital
10.Department of Hematology, Asahikawa City Hospital
11.Department of Hematology, Sapporo City General Hospital
12.Department of Hematology, Tenshi Hospital
13.Division of Gastroenterology and Hematology/Oncology, Department of Medicine, Asahikawa Medical University
14.Oncology Center, Asahikawa Medical University Hospital, Asahikawa, Japan
15.Department of Hematology/Oncology, Hokkaido Prefectural Welfare Federation of Agricultural Cooperative (P.W.F.A.C.) Asahikawa-Kosei General Hospital, Asahikawa, Japan
16.Department of Internal Medicine, Hokkaido Prefectural Welfare Federation of Agricultural Cooperative (P.W.F.A.C.) Sapporo Kosei General Hospital, Sapporo, Japan
17.Department of Hematology, KKR Sapporo Medical Center, Tonan Hospital, Sapporo, Japan
18.Department of Hematology and Oncology, Asahikawa Red Cross Hospital, Asahikawa, Japan
19.Department of Hematology, Sapporo Kiyota Hospital
20.Department of Hematology Oncology, Higashi Sapporo Hospital
21.Department of Hematology, Teine Keijinkai Hospital
22.Department of Hematology and Oncology, Hakodate Red Cross Hospital
23.Department of Palliative Care Medicine, Hokkaido Prefectural Welfare Federation of Agricultural Cooperative (P.W.F.A.C.) Sapporo-Kosei General Hospital
24.Department of Clinical Oncology, Sapporo Medical University School of Medicine
25.Department of Hematology, National Hospital Organization Hokkaido Cancer Center
Clin Lymphoma Myeloma Leuk 2017 1 23 30

平成28年

論文名

著者名

所属

雑誌名
(書名)



ページ

腎機能正常発熱性好中球減少症患者に対するセフェピム至適投与量の検討―PK/PDと臨床的アウトカムの関連性から―

山下良子
神山秀一
山本明日香
加納宏樹
結城祥充
上田晃
川本由加里
後藤仁和
山本聡
市立札幌病院薬剤部
血液内科
YAKUGAKU ZASSHI 136: 1641-1649, 2016年 2016 136 1641 1649