ここから本文です。

更新日:2019年3月25日

水辺のふれあい推進事業

札幌市では、学校・市民(市民活動団体)等が自主的に取り組んでいる水生生物観察会や水質調査に対し、水生生物調査ハンドブックの提供、観察用具の貸出し、札幌市環境教育リーダーの紹介や職員の派遣等の支援を行っております。

水生生物観察会の方法

本市では水生生物調査ハンドブックを作成し、水生生物や川の調査の方法について紹介しています。

詳細はこちらを参照してください。→水生生物観察会の方法のページ

小学生向けのページはこちら(PDF:607KB)を参照してください。

◆観察用具の貸出

水生生物観察会を開催する小学校や市民団体等に対して、必要な観察用具の貸出を行っています。

観察用具の貸し出し

ルーペ

ルーペ(約30個)

アクアスコープ

アクアスコープ(18個)

ピンセット

ピンセット(約50本)

バット

バット(5個)

たも網大(長)

たも網大(約1m)

木製約40本

たも網小

たも網小(30cm)

約30本

観察用アクリルケース

観察用アクリルケース(12個)

シャーレ

シャーレ(約10個)

温度計

温度計(数本)

バケツ

バケツ

(8個)

pH試験紙

pH試験紙(適宜用意)

 

 

 

◆配布

水生生物観察会などで活用していただくために、水生生物調査のポイントや札幌の川でみかける魚類などについてわかりやすく解説しています。

内容等へのご意見がありましたら、下記問い合わせ先までお願いいたします。

水生生物調査ハンドブック水生生物調査ハンドブック

◆環境教育リーダー制度の紹介

札幌市環境教育リーダー制度の内容や利用の仕方について説明しています。

◆説明会への人員派遣や河川水質についての説明

水生生物観察会へ職員を派遣し、観察の手伝いや河川の水質について、簡易水質試験キット等を用いて説明を行います。

 

水辺の活動パネル展の開催

川の様子や水辺の生きものなどを観察した学校を代表して「「中の島小(3年生)」、「八軒小(4年生)」、「手稲東小(4年生)」の活動内容を展示しました。皆さんも身近な水辺で探検してみませんか?

平成30年(2018年)度水辺の活動パネル展
開催日時

平成31年(2019年)3月1日(金曜日)~3月5日(火曜日)10時00分~20時00分

※初日は12時から、最終日は17時まで

会場

札幌駅前地下歩行空間(チ・カ・ホ)北1条イベントスペース東

※環境活動報告展の中で活動内容を展示しました。

 

水遊び場水質調査

本市では水環境計画において、「地域で親しむことができる水辺を創出し維持する」ことを目標としており、河川管理者、公園管理者が河川や公園等の整備を進めております。

そこで、本市では夏の利用シーズン前に、河川等を利用した水遊び場(親水施設)水質調査を実施し、水質把握に努めております。

詳細はこちらを参照してください。→水遊び場水質調査のページへ

水生生物調査

水辺での活動に適した場所や各地に生息する水生生物等を調査しております。

詳細はこちらを参照してください。→水生生物生息調査のページへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882

ファクス番号:011-218-5108