ここから本文です。

更新日:2018年10月19日

水生生物観察会の方法

川を調べてみよう

川のきれいさを調べる方法について、みなさんは知っていますか。
水生生物観察会では実際に川へ行き、体験して学ぶことができますが、ここではみなさんが水辺の環境問題に興味をもち、理解してもらえるように、簡単で楽しくできる調査方法について紹介します。

どうやって調べるの?

まず、川底の石をひっくり返してみましょう

その川にどんな水生昆虫がすんでいるかで、水のきれいさがわかります。

水生昆虫のほかには、川の水を直接調べる方法もあります。

観察したあとは、観察用紙と記録用紙に調べた結果を記入し、集計用紙にまとめます。

札幌には川がたくさん流れているので、それぞれの川を比べてみてください。

これだけは守ろう!

へ行くときはつぎのことを守りましょう

  1. 川の深いところや、流れの速いところへは行かないようにしましょう。
  2. 大人といっしょに行きましょう。
  3. 観察した生き物は、川へもどしましょう。

自然を大切に

には魚や水生昆虫など多くの生き物がすんでいます。また、川は電気や水道水などで私たちの生活を支えてくれています。
自然や生き物を守るために、できるだけ普段から汚れた水を流さないようにしたり、ごみを拾うなど、ひとりひとりが川を汚さないように心がけることが大切です。

水生昆虫図かん

水生昆虫図かんでは、川でよく見かける水生昆虫を紹介しています→水生昆虫図かん

水生生物調査ハンドブック

観察会などで水生生物調査ハンドブックをご活用したい方は、必要部数を提供することができますので、お手数ですが下記担当課までご連絡ください。

また、下表からダウンロードすることもできます

水生生物調査ハンドブック

一括

表紙(PDF:627KB)

(PDF:6,476KB)

はじめに(PDF:391KB)
目次(PDF:93KB)
川を調べる前にすること(PDF:160KB)
調べる川を事前に見る(PDF:232KB)
調査用具の準備(PDF:482KB)
川の中の生き物を調べる(PDF:468KB)
「きれいな水」にすんでいる生き物(PDF:1,130KB)
「少しきたない水」にすんでいる生き物(PDF:1,057KB)
「きたない水」にすんでいる生き物(PDF:1,021KB)
「大変きたない水」にすんでいる生き物(PDF:949KB)
札幌の河川水生生物マップ(PDF:428KB)
札幌の川にすんでいる虫たち(主な指標生物)(PDF:355KB)
札幌の川にすんでいる魚たち(PDF:551KB)
水のきれいさと指標となる生物(PDF:153KB)
川のようすを見る(PDF:242KB)
透視度(PDF:190KB)
COD(化学的酸素要求量)(PDF:264KB)
観察用紙に記入する(PDF:330KB)
記録用紙に記入する(PDF:258KB)
集計用紙に記入する(PDF:324KB)
記録用紙の記入の仕方(PDF:362KB)
水質の判定と結果のまとめ方(PDF:203KB)
私たちができること(PDF:264KB)
背表紙(PDF:108KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882

ファクス番号:011-218-5108