文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

ここから本文です。

更新日:2018年12月10日

8階西病棟

病棟の紹介

 当病棟は泌尿器科・腎臓移植外科・緩和ケア内科・産婦人科の混合病棟(35床)です。

 泌尿器科では良性・悪性の泌尿器科疾患を抱えている方が入院されています。前立腺癌においては侵襲が少なく早期に社会復帰ができる、手術支援ロボットを用いた手術を行っています。その他、外科的な治療に限らず、化学療法や放射線療法・ホルモン療法など幅広い治療を行っています。

 腎臓移植外科では、生体・献腎移植を受けられる方が入院されています。ABO血液型不適合移植、抗ドナー抗体陽性移植など、難易度の高い腎移植にも積極的に取り組んでいます。また、透析を経ない腎移植(先行的腎移植)を推進しています。

 緩和ケア内科では、がん終末期にある方が入院されています。苦痛症状の緩和と、自然な経過を大切に自分らしい生活が送れるようにケアしています。

 産婦人科では、良性・悪性の女性生殖器疾患を抱えている方が入院されています。外科的治療・化学療法を主とし、疾患に伴う症状管理を行いながら女性としてのQOLを尊重し、身体的・精神的サポートを行っています。

 医師・看護師・薬剤師・リハビリテーション科スタッフ・検査技師・栄養士等多職種が連携し、個々のニーズに添った心の通う医療やケアが提供できるようチームワークを大切にしています。

スタッフ構成

  • 泌尿器科医師
  • 腎臓移植外科医師
  • 緩和ケア内科医師
  • 産婦人科医師
  • 看護師
  • がん専門看護師
  • 認知症看護認定看護師
  • 医療補助員
  • 看護事務補助員


カンファレンスの様子です

看護サービスについて

 私たちは「入院中や退院後の生活に関する患者さん、ご家族、一人ひとりの意思を尊重し、丁寧な看護を実践します」という病棟理念に基づいたケアを実践するよう努めています。
お一人おひとりの生活を大切に、心身ともに穏やかに過ごせるように医師・看護師・リハビリテーション科スタッフ・薬剤師・栄養士がチームを組み、専門的な視点から患者さんとご家族をサポートしていくことに力を注いでいます。また、がんに伴う辛い症状の緩和に努め、患者さんやご家族の気持ちに寄り添い、望む姿に近づくことができるように関わらせていただきます。病気を抱えながらも、その人らしい生き方を自分で意思決定できるように、患者さんと家族の気持ちに寄り添いながら支援させていただきます。

 

 


患者さんのお誕生日会をしました
(写真掲載許諾済)


「自然」を取り入れることで心が温かくなることを願い
札幌市立大学の学生の協力を得て装飾した廊下です