文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • Foreign language
  • 音声読み上げ
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス

市立札幌病院公式ホームページ > 診療科・部門 > センター > 総合周産期母子医療センター

ここから本文です。

更新日:2022年4月20日

総合周産期母子医療センター

立会い分娩一時中止のおしらせ

 この度、2021年11月24日から再開しておりました立会い分娩を2022年1月12日より一時中止することになりました。市中の感染者数の増加に伴い、感染対策に関する条件である札幌市中の新規感染者数が10万人当たり15人以上となった場合に相当するためです。どうぞ、ご理解くださいますようよろしくお願いいたします。

ゆきだるま

立会い分娩を2022年1月12日から一時中止します

令和4年(2022年)1月1日
市立札幌病院 産婦人科部長 平山恵美 

マタニティ

 

感染対策に関する条件

  • 立会い分娩者は産婦が36週0日になった時点から毎日健康観察シートを記入して頂きます
  • 下記に該当する場合は立会いができません
    • 札幌市中の新規感染者数が10万人当たり15人以上となった場合
    • 立会い分娩日の7日前の間に症状(発熱・咳・倦怠感・鼻水などの症状)がある場合
    • 立会い分娩日の7日前の間に当院が定める流行地域との行き来がある場合
    • 立会い分娩日の7日前の間に大人数での会食や不特定多数との15分以上マスクなしの接触がある場合
    • クラスター発生中の場所への出入りがある場合

令和4年度オンラインクラスのご案内(PDF:386KB)

家族のイラスト

令和3年(2021年)11月17日
市立札幌病院 9階東病棟
011(726)2211

 

 

総合周産期母子医療センター

胎児期から新生児への切れ目のない周産期医療を実現し、後遺症なき生存を目指します。

当院は道央圏における周産期医療の基幹病院としての役割を担っております。平成18年(2006年)には総合周産期母子医療センターの指定をうけ、市内外からハイリスク妊婦を受け入れており(母体搬送は年間約110件)、産科と新生児科が連携し、母児の管理・治療に尽力しています。産科異常の治療のみならず、様々な合併症をお持ちの妊婦さんの治療や、新生児の異常についても関連診療科と連携をとり、当院の総合力を生かした診療を行っております。

 

病棟の紹介

MFICU 病室
MFICU 病室

9階東病棟は、総合周産期母子医療センターの産科病棟です。正常妊娠・分娩からハイリスク妊娠・分娩までの妊産褥婦の患者さんが入院しており、安全・快適に入院生活を送れるように努力しています。また、産婦人科医が常に当直しており、24時間対応できる体制をとっております。

 

看護サービスについて

国が策定した「健やか親子21」(新エンゼルプラン)を受けて、道央圏の総合周産期母子医療センターとして位置づけられました。産科と新生児科が連携し、緊急事態に対応できるように24時間体制をとり、ハイリスク妊産褥婦を受け入れ、高度な医療を提供しています

看護サービスについて当院では、切迫早産や前期破水、妊娠性高血圧症候群、様々な合併症妊娠に対して、妊娠中から集中的に管理・治療ができる環境を整えております。少しでも長く妊娠を継続し母子ともに安全に出産できるように支援させていただいております。また、患者さんとその家族に対してこころの温まる看護を誠意を持って提供しています。

 

満足していただける出産をめざして

バースプランを取り入れて、産婦さんが「自分の出産」を考えられる機会をもち、出産のサポートさせていただいています。入院中は母子同室で赤ちゃんが欲しがる時に授乳をする方法(自律授乳)を行っています。入院期間は経膣分娩の場合は産後4~5日間、帝王切開の場合は産後6~7日間となっています。

 

陣痛室

陣痛室

陣痛室

 

産科について

産科では母体・胎児集中治療室(MFICU)を6床備え、一般産科病床30床と併せて入院を受け入れており、自院外来の妊婦さんのみならず他院から搬送されるハイリスク妊婦の妊娠分娩の管理を行っています。医師は常勤医8名で、24時間体制で診療にあたっています。切迫早産、妊娠高血圧症、前置胎盤、胎児発育不全などの産科異常での入院症例が多いですが、分娩後出血性ショックなど他院から救命救急部に搬送される症例もあり、そのようなケースでは集中治療室(ICU)の医師や放射線診断科の医師とともに治療を行っております。また、母体合併症で各種薬剤を服用している場合には、産科担当薬剤師が母乳育児についての相談を妊娠期から行っており、できる限り産婦さんの希望に沿えるよう検討を行っております。

 

新生児内科について

歴史的には昭和42年(1967年)小児科の一部に「未熟児室」という名称で新生児部門が作られ、北海道医療の草分けとして多くの未熟児新生児を受け入れてきました。昭和54年(1979年)に「未熟児センター」として小児科から独立し、専任医師制、独立看護単位となりました。平成7年(1995年)現在地へ新築移転後平成8年(1996年)から「新生児科」と名称変更し、平成9年(1997年)に新生児特殊集中治療室(NICU)6床の厚生省認可施設となりました。平成18年(2006年)に総合周産期母子医療センターに認定され、周産期医療充実の社会的必要性が高まっていたことから平成21年(2009年)にはNICUを15床に増床しています。現在は「新生児内科」として常勤医6名おり、NICU15床とGCU(回復期病床)21床を合わせ、36床で入院を受け入れ、24時間診療にあたっています。

NICU(新生児集中治療室)
NICU(新生児集中治療室)

GCU(回復期病床)
GCU(回復期病床)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。