ここから本文です。

更新日:2019年10月11日

令和元年度受賞者の紹介

第48回(令和元年度)札幌芸術賞受賞者

札幌芸術賞 大木 秀一(おおき しゅういち)

令和元年度札幌芸術賞受賞おおきしゅういち

 ~受賞の理由~

 教育者として、長きに渡り合唱指導に精力的な活動を行い、指導する合唱団を文部科学大臣賞をはじめ、数多くの全国的な賞に導くなど、札幌の青少年の音楽活動の発展に対し多大な貢献をしてきた。
 また、声楽家、指揮者としての活動に加え、札幌合唱連盟の理事長や札幌市民芸術祭の実行委員を務めるなど、幅広い市民の創造・発表活動を推進しており、本市の文化芸術の振興に大きく貢献している。 

 主な経歴(PDF:40KB)

 

 

 

 

札幌芸術賞 北村 清彦(きたむら きよひこ)

令和元年度札幌芸術賞受賞きたむらきよひこ ~受賞の理由~

 美学芸術学の研究の第一人者として、多数の研究書を著すだけでなく、北海道芸術学会を創設し、北海道の美術・芸術の発展に多大な貢献をしてきた。
 また、教授として教鞭を執る北海道大学に芸術学講座を新設し、道内外で活躍する学芸員を数多く輩出するとともに、札幌芸術の森美術館専門委員会委員長のほか、様々な企画等においても各種委員を歴任し、本市の文化芸術の振興に大きく貢献している。

 主な経歴(PDF:57KB)

 

 

 

 

 

札幌芸術賞 文屋 治実(ぶんや はるみつ)

令和元年度札幌芸術賞受賞ぶんやはるみつ

 ~受賞の理由~

 チェリストとして、精力的な公演活動を長きに渡り継続しており、その成熟した技術と高度な解釈をもとにした演奏は、国内外で高い評価を得ている。
 また、指揮、編曲、現代音楽の魅力の発信など、多彩な音楽活動に取り組むとともに、若手音楽家の育成に情熱を注ぎ、プロとアマチュアの奏者の融合によるオーケストラを実現させるなど、本市の文化芸術の振興に大きく貢献している。 

主な経歴(PDF:44KB)

 

 

 

 

 

第47回(令和元年度)札幌文化奨励賞受賞者

札幌文化奨励賞 奥山 健恵(おくやま たけよし)

令和元年度札幌文化奨励賞受賞おくやまやけよし

 ~受賞の理由~

 高校3年生の冬からバレエを学び、その後ニューヨークを拠点に研鑽を積み、全国コンクールにおいて、バレエ、創作舞踊など複数の部門で賞を受けるなど、多彩な表現力が高く評価されている。
 また、バレエだけではなく、オペラやYOSAKOIソーラン祭の振り付けを担うほか、若手の育成・指導にも尽力するなど、ダンス界の活性化を目指した幅広い活動は、本市の文化振興に大きく貢献しており、奨励に値する。 

主な経歴(PDF:45KB)

 

 

 

 

 

札幌文化奨励賞 特定非営利活動法人コンカリーニョ(とくていひえいりかつどうほうじんこんかりーにょ)

令和元年度札幌文化奨励賞受賞特定非営利活動法人コンカリーニョ

 ~受賞の理由~

 平成7年に遊休倉庫を改装して運営を開始。地区の再開発に伴う倉庫解体後、新たな劇場を再建し、演劇やコンテンポラリーダンスなど札幌で発展を続ける分野を中心に数多くの公演を実現させてきた。
 また、地域活動に関わる住民や団体とも連携し、地域交流事業をはじめ、芸術文化をコミュニティの活性化に結び付ける活動を精力的に継続するなど、本市の文化振興に大きく貢献しており、奨励に値する。

 主な経歴(PDF:49KB) 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157