ここから本文です。

更新日:2015年11月18日

平成27年度受賞者の紹介

第44回(平成27年度)札幌芸術賞受賞者

 札幌芸術賞 角 幸博 (かど ゆきひろ)

 

 

角幸博~受賞功績の紹介~

 北海道大学工学部建築工学科を卒業後、豊平館などの歴史的建造物の調査・研究を行い、その報告書や評論等を通じ、歴史的建造物の価値について市民理解の向上を図る活動を行ってきた。
 また、NPO法人歴史的地域資産研究機構(れきけん)の中心的存在として、地域と一体となった歴史的地域資産の保存活用を実践するなど、学術・文化の発展・振興を図る役割も果たしている。
 これらの実績は、本市の文化芸術の振興に大きく貢献している。

~受賞者の主な経歴~ 

 札幌市豊平区在住

昭和45(1970)年 北海道大学工学部建築工学科卒業
            北海道大学工学部 助手
昭和55(1980)年 「さっぽろ文庫15 豊平館・清華亭」などを執筆
昭和58(1983)年 重要文化財豊平館修復委員会 委員
平成 9 (1997)年 北海道大学大学院工学研究科 助教授
平成10(1998)年 「札幌の建築探訪」 監修・執筆
平成14(2002)年 北海道大学大学院工学研究科 教授
平成19(2007)年 札幌市文化財保護審議会 会長
平成23(2011)年 北海道大学大学院工学研究院 教授退職
                 北海道大学 名誉教授
                 北海道大学大学院工学研究院 特任教授
平成24(2012)年 北海道大学大学院工学研究院 特任教授退職
                 NPO法人歴史的地域資産研究機構(れきけん) 代表理事
                          札幌市豊平館修理整備等検討委員会 委員長
                          札幌市文化芸術基本計画検討委員会 委員
平成25(2013)年 旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮保存活用等検討委員会 委員
平成26(2014)年 赤れんが庁舎修復等方針検討委員会 委員長
平成27(2015)年 旧永山武四郎邸及び旧三菱鉱業寮設計活用等検討委員会 委員

現               在 NPO法人歴史的地域資産研究機構(れきけん)代表理事、
           北海道大学  名誉教授、北海道文化財保護協会  副会長

 

 札幌芸術賞 土田 英順 (つちだ えいじゅん)

  

 

土田英順~受賞功績の紹介~

 チェロ奏者として日本フィルハーモニー交響楽団や新日本フィルハーモニー交響楽団などで活動し、昭和49年に札幌交響楽団に移籍。その後、首席チェロ奏者を務めるなど、札幌の音楽の普及・発展に対し多大な貢献をしてきた。
 また、演劇公演に出演するなどその活動範囲は多岐にわたり、東日本大震災以降については、全国各地でのチャリティーコンサートを開催するなど、社会貢献活動という面でも大きな功績がある。
 これらの実績は、本市の文化芸術の振興に大きく貢献している。 

~受賞者の主な経歴~

札幌市厚別区在住

昭和32(1957)年 桐朋学園大学音楽学部卒業
                   日本フィルハーモニー交響楽団に所属
昭和44(1969)年 ボストン交響楽団に所属
昭和45(1970)年 日本フィルハーモニー交響楽団に所属
昭和47(1972)年 新日本フィルハーモニー交響楽団に所属
昭和49(1974)年 札幌交響楽団に所属
平成 9 (1997)年 札幌交響楽団を離れ、ソロでの演奏活動を開始
平成16(2004)年 北海道演劇財団の演劇に出演(以降、様々な演劇に出演)
平成23(2011)年 東日本大震災以降、全国各地でチャリティコンサートを開催
平成26(2014)年  「第17回まちかどのフィランソロピスト賞」受賞(社会貢献)

現               在 音楽家(チェリスト)、俳優、公開オーディションの審査員
                          を務めるなど、多岐にわたる活動を行っている。

 札幌芸術賞 HBC少年少女合唱団(えいちびーしーしょうねんしょうじょがっしょうだん)

 

hbc少年少女合唱団

                 ~受賞功績の紹介~

                  昭和40年に創立され、今年で50周年を迎える。団員が入れ替わりながらも高い芸術              
                   性を維持し続け、札幌市民芸術祭などにおいて数多くの賞を受けているほか、フィレンツェ   
                                   国際合唱フェスティバルでは、日本の合唱団として初めてグランプリを受賞するなど、国内
                                         はもちろん海外からも高い評価を得ている。 
                                            また、各種コンサートや他都市との交流事業等を通じ、子どもの情操教育や札幌の音
                                         楽文化の継承・発展にも寄与し続けている。
                                            これらの実績は、本市の文化芸術の振興に大きく貢献している。

                                         ~受賞者の主な経歴~

                                            昭和40(1965)年 前身となるHBC児童合唱団が組織変更され、HBC少年少女
                                                                      合唱団が設立される
                                            昭和42(1967)年 第1回定期演奏会
                                            昭和44(1969)年 札幌市民劇場奨励賞受賞(以降、札幌市民芸術祭において大
                                                                      賞や奨励賞を複数回受賞)
                                            昭和61(1986)年 宮様スキー大会国際競技会の開・閉会式で演奏(以降、毎年
                                                                実施)
                                            平成 1(1989) 年 韓国宣明児童合唱団と合同演奏会
                                                                米国・ポートランド市を訪問し親善公演
                                            平成 3(1991)年  国際生中継テレビ番組「日ソ・テレモスト」に出演
                                            平成 8(1996)年  ポール・モーリア札幌公演に賛助出演
                                            平成 9(1997)年  ドイツ・ミュンヘン市を訪問し親善公演
                                            平成10(1998)年 中国中央民族楽団札幌公演に賛助出演
                                            平成25(2013)年 フィレンツェ国際合唱フェスティバルでグランプリ受賞
                                                               北海道合唱コンクール金賞受賞(以降3年連続金賞受賞)
                                                                     全日本合唱コンクール全国大会銀賞受賞(翌年度は銅賞受賞) 

                                            現                在 札幌を中心として国内外においてもコンサート活動を
                                                                     行うほか、各種団体のイベントに招かれ合唱を披露
                                                                     するなど、精力的に活動を行っている。 

第43回(平成27年度)札幌文化奨励賞受賞者

  札幌文化奨励賞 石田 敏明 (いしだ としあき)

 

石田敏明~受賞功績の紹介~

 平成16年にベルリン音楽大学大学院修了後、ピアノ奏者として札幌を中心に各地でコンサート活動等を精力的に行い、各種コンクールや札幌市民芸術祭において賞を受けるなど、その活動は高い評価を得ている。
 また、大学等の講師や各種コンクール、オーディションの審査員として後進の育成にも熱心に取り組んでいる。
 これらの活動は、本市の文化振興に大きく貢献するものであり、奨励に値する。


~受賞者の主な経歴~

    札幌市豊平区在住

                                             平成 5(1993)年 札幌市民芸術祭奨励賞受賞 
                                             平成 6(1994)年 北海道教育大学札幌校芸術文化課程卒業 
                                             平成 8(1996)年 北海道教育大学大学院修士課程修了 
                                                                      第8回ハイメスコンクール第1位 
                                             平成12(2000)年 ベルリン音楽大学卒業
                                             平成16(2004)年 ベルリン音楽大学大学院修了
                                                                札幌大谷短期大学 非常勤講師(~平成24年) 
                                             平成17(2005)年 第10回JILA音楽コンクールにて最優秀伴奏者賞受賞 
                                             平成18(2006)年 札幌大谷大学 非常勤講師 
                                             平成19(2007)年 第16回道銀芸術文化奨励賞受賞 
                                             平成21(2009)年 札幌市民芸術祭大賞受賞 
                                             平成27(2015)年 北翔大学短期大学部 非常勤講師 
                                             現                在  モーツァルトアーベント副会長、日本ピアノ教育連盟
                                                                       北海道支部幹事、札幌音楽家協議会、ハイメス、
                                                                       Grand Clair、ベルリナー・ベーレン各会員。札幌大谷
                                                                       大学芸術学部、北翔大学短期大学部各非常勤講師

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157