ホーム > 教育・文化・スポーツ > 郷土史と文化財 > 博物館活動センター > イベント情報 > 「くじら!クジラ!鯨!」ミニ展示・ワークショップ・ミュージアムトーク

ここから本文です。

更新日:2024年6月13日

「くじら!クジラ!鯨!」ミニ展示・ワークショップ・ミュージアムトーク

くじら!クジラ!鯨!チラシ画像2(PDF:2,069KB)

開催概要

2024年7月6日(土曜日)~26日(土曜日)はクジラ月間「くじら!クジラ!鯨!」。
クジラについて楽しく知ってもらう3つのイベントを開催します。(イベントは全て申込不要です。)

海の無い札幌でどうしてクジラ…?と不思議に思うかもしれませんが、実は札幌市南区でクジラ化石が発見されているんです!

1:ミニ展示&ワークショップ「クジラの折り紙」(期間中毎日開催!)

札幌市南区小金湯で発掘されたクジラ化石の発見のいきさつや研究紹介パネル、20分の1の大きさの復元骨格模型などを展示します。また、期間中は毎日、小金湯産クジラ化石に近いとされるセミクジラの折り紙を作ることが出来ます。

日時

2024年7月6日(土曜日)~2024年7月27日(土曜日)期間中の開館日
セミクジラ折り紙は16時30分まで

田中学芸員と小金湯産クジラ20分の1模型2

2:クジラとカイギュウの折り紙&よみきかせ「標本と絵本」

札幌で化石が見つかった、セミクジラサッポロカイギュウを折り紙で作って、体の違いを比べてみよう。
セミクジラは大きな折り紙を使うよ!

また、クジラ化石の研究の裏側の物語がわかる絵本の読み聞かせも行います。

日時

2024年7月6日(土曜日)、13日(土曜日)
各日11時00分~と14時00分~
各回30分程度

左:サッポロカイギュウ折り紙
右:セミクジラ折り紙

3:学芸員のミュージアムトーク&よみきかせ「標本と絵本」

クジラ化石の研究をしている田中学芸員によるミュージアムトークを行います。

クジラの進化や、化石の研究について知り、普段は見られない研究中の小金湯産クジラ化石の実物を見ることができるチャンスです!

また、クジラ化石の研究の裏側の物語がわかる絵本の読み聞かせも行います。

田中学芸員と小金湯産クジラ20分の1模型

日時

2024年7月20日(土曜日)、27日(土曜日)
各日11時00分~と14時00分~
各回30分程度

 

場所

札幌市博物館活動センター(豊平区平岸5条15丁目1-6)
駐車場の台数に限りがあります。公共交通機関のご利用にご協力ください。

対象

全年齢

申込

申込不要。当日直接会場へ。

費用

無料

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市博物館活動センター

〒062-0935 札幌市豊平区平岸5条15丁目1-6

電話番号:011-374-5002

ファクス番号:011-374-5014