ここから本文です。

更新日:2024年2月27日

今後のイベント情報

市役所本庁舎でパネル展を開催します

R5展示バナー

パネル展

市制100年を迎えた令和4年度に開催したパネル展をアンコール展示します。また、令和6年2月に新たに制定した札幌市公文書館ロゴマークをご紹介するパネルも併せて展示します。

開催の詳細

日時

令和6年2月20日(火曜日)から29日(木曜日)の平日、午前8時45分から午後5時15分まで。

なお、2月20日は12時から開催し、2月29日は15時までです。

会場

札幌市役所本庁舎1階ロビー西側

※公文書館ではありませんのでご注意ください。

 

 

※参加受付は終了しました【3月16日(土曜日)】講演会を開催します

札幌の歴史、新発見!

「開館10周年記念 公文書館講演会 札幌の歴史、新発見!」

最近、新たに史料を漁っていて、札幌の歴史に新たな1ページを加える、ある事実を発見しました。


大友亀太郎がつくった橋はどこにあったのか。
今でも流れている豊平川・創成川・伏古川の流れはどのように変化してきたのか。
井戸が掘られていたのに創成川・胆振川に住民が水汲みをする場所をつくったのは何故か。
トノサマバッタは札幌のどこに被害を与え、山口のバッタ塚はどのようにつくられたのか。


などなど、今まで知られていなかった事実や異なる部分を紹介するとともに、当時の住民の生活を考えてみたいと思います。

開催の詳細

日時

令和6年3月16日(土曜日)
14時00分から16時00分(開場:13時30分、途中入退場可)

会場 公文書館3階講堂
アクセスの詳細は「周辺地図・アクセス」のページをご覧ください。
講師 榎本洋介氏(元札幌市公文書館職員)
定員 60名(応募者多数の場合は抽選。抽選結果は申込者全員に2月28日以降通知します。)
申込期間

【受付は終了しました】

令和6年2月2日(金曜日)から令和6年2月26日(月曜日)

講演会チラシ

講演会チラシ(PDF:1,113KB)

札幌の歴史、新発見!フライヤー

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部公文書館

〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-2

電話番号:011-521-0205

ファクス番号:011-521-0210

メールアドレス:kobunshokan★city.sapporo.jp(★を@に置き換えて送信してください)
※日・月曜日、国民の祝日及び年末年始は休館日です。休館日にお問い合わせいただいた場合は翌営業日以降回答いたします。