ここから本文です。

更新日:2019年9月30日

毒きのこによる食中毒

きのこハンドブック

札幌市では毎年9月10日~10月10日を「きのこによる食中毒予防月間」と定め、きのこによる食中毒の未然防止に努めています。
きのこによる食中毒予防は、食用と確実にわかっているものだけを食べることが第一です。
毒きのこを見分ける便利な方法はありません。よくわからないきのこは、採らないようにしましょう。触れるだけで皮膚に炎症を起こす種類のきのこもあります。

札幌市では、毒きのこの見分け方を紹介したパンフレット「野や山のきのこハンドブック」を作成しています。保健所及び各区保健センターで配布していますのでお役立てください。

相談窓口

保健所及び各区保健センターでは、きのこの食中毒を未然に防止するために、市民からの相談を受け付けております。

~きのこの相談についてのお願い~

きのこの種類は数千種類もあると言われ、名称の不明なきのこや食毒不明のものが相当数あるため、全てのきのこを特定することはできませんので、予めご了承願います。
また、保健所・保健センターで
は、札幌市発行の「野や山のきのこハンドブック」に掲載されているきのこの相談が基本となります。

種類を特定できないきのこは、食べないでください。

毒きのこによる食中毒の発生状況(札幌市)

最近の食中毒発生事例(平成10年以降)

発生年月 原因きのこ 患者数 原因施設
平成10年8月 テングタケ 2名 家庭
平成11年10月 カキシメジ(推定) 4名 家庭
平成12年9月 イッポンシメジ 4名 家庭
平成14年9月 ツキヨタケ 6名 家庭
平成15年8月 テングタケ 1名 家庭
平成16年10月 ツチスギタケ 1名 家庭
平成19年5月 シビレタケ属のきのこ 1名 家庭
平成23年9月 イボテングタケ 1名 家庭
平成25年9月 きのこ(推定) 2名 家庭
平成25年9月 ニセアセタケ(推定) 2名 家庭
平成27年9月 テングタケ(推定) 1名

家庭

平成28年9月 テングタケ(推定) 1名

家庭

平成28年10月 ツキヨタケ 2名

家庭

令和元年9月 テングダケ(推定) 1名 家庭

きのこの種類別の食中毒発生状況(昭和45年~平成30年)

 円グラフ

※クロトマヤタケによる食中毒では1名の方が亡くなっています(昭和50年)。

ページの先頭へ戻る

予防のポイント

きのこによる食中毒予防には、知らないきのこは「採らない」「食べない」「人にあげない」が基本です!

きのこ採りイラスト

  • 知らないきのこは、食べないでください。
  • 確実に鑑定された食用きのこ以外は絶対に食べない!
  • 知らないきのこは決して人にあげない!
  • きのこ狩りでは、有毒きのこが混じらないように注意しましょう。
  • 図鑑の写真や絵にあてはめ、あいまいな鑑定はしないでください。
  • 料理する前にもう一度、食べられるきのこかどうかを確認しましょう。
  • 食べて体に異常を感じた時は、一刻も早く医療機関で診察を受けてください。
    また、食べたものを持参し、症状を医師にきちんと説明してください。

次のような「きのこの迷信」は科学的根拠のない俗説です。
絶対に信じないでください。

×縦によく裂けるきのこは食べられる。
×毒きのこは美しく、食用きのこは地味な色をしている。
×虫が食っているきのこは食べられる。
×においが良ければ食べられる。悪ければ毒きのこ。

※エキノコックス症に注意しましょう。

  • 野山では、沢水などの生水を飲まないようにしましょう。
  • きのこは、水道水でよく洗い、生で食べないようにしましょう。
  • 野山に出かけた時は、よく手を洗いましょう。

ページの先頭へ戻る

代表的な間違いやすい毒きのこ

※詳しくはそれぞれのリンク先の「野や山のきのこハンドブック」をご覧ください。

間違いやすいきのこ 簡単な見分け方
タマゴタケ(食)
ベニテングタケ(毒)(PDF:373KB)
タマゴタケは、傘の下のつばや柄が橙黄色であるが、
ベニテングタケは白色。
ハタケシメジ(食)
クサウラベニタケ(毒)(PDF:348KB)
ハタケシメジは、ヒダが灰白色で、柄が中実。
クサウラベニタケは、ヒダが白色から肉色で、柄が中空でもろい。
ムキタケ(食)
ツキヨタケ(毒)(PDF:338KB)
ムキタケは、表皮がはがれやすい。
ツキヨタケの石づきを縦に裂くと黒いシミがある。
クリタケ(食)
ニガクリタケ(毒)(PDF:316KB)
クリタケは、柄が上方は黄白色で下方は褐色。
ニガクリタケは、柄が傘と同色。噛むと味が苦い。
チャナメツムタケ(食)
カキシメジ(毒)(PDF:392KB)
チャナメツムタケは、柄にササクレがある。
カキシメジは、成長するとヒダに茶褐色のシミができる。
ホンシメジ(食)
イッポンシメジ(毒)(PDF:357KB)
ホンシメジのヒダは白。
イッポンシメジのヒダは、はじめ白色でのち肉色になる。
ヤマドリタケ(食)
ドクヤマドリ(毒)(PDF:321KB)
ヤマドリタケは、柄の上部に帯白色の網目がある。
ドクヤマドリの柄には網目模様がない。また、管孔に傷つけると青変する。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。