ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 住まいの衛生 > 衛生害虫 > 住まいの虫たち > 目次 > ユキムシ(トドノネオオワタムシ)

ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

ユキムシ(トドノネオオワタムシ)

不快な虫

初夏と晩秋に、体全体が綿で包まれたような虫が、屋外をフワフワ飛び回ることがあります。これは、アブラムシの仲間で、人に危害を加えることはありません。

ユキムシ

どんな虫?

  • 春はモクセイ科の木、夏から秋はトドマツに発生します。
  • 樹液を吸って生育します。
  • 木で生活している時は羽がありません。
  • 6月下旬から7月上旬、10月下旬頃になると、羽と白い綿(ろう)が生えた虫体が現れ、木々の間を移動します。
  • 人に危害を加えることはありません。

対策は…

  • 室内に入られないように、網戸を取り付けましょう。

ページの先頭へ戻る

豆知識

ユキムシの仲間は、全て綿を持っているわけではありません。ケヤキフシアブラムシは、ユキムシと同じように、ケヤキとササの樹液を吸って生育します。しばしば大量発生することがあり、視界が悪くなることもあります。

ケヤキフシアブラムシ

ケヤキフシアブラムシ

 


 

「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311