ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

カツオブシムシ類

衣類・食品の虫

衣類や乾燥食品などを食害

知らない間に毛織物の服に穴が開いていたことはありませんか?カツオブシムシの幼虫は、衣類の害虫として有名です。

ヒメカツオブシムシの成虫と幼虫

 

ヒメマルカツオブシムシの成虫と幼虫

どんな虫?

  • 毛織物、毛皮、生糸や鰹節などの乾燥食品を幼虫が食害します。
  • 幼虫は食品の包装に穴を開けて入り込むことがあります。
  • 幼虫の期間は約300日間と長く、4~5月に成虫となります。
  • 成虫は窓際などの明るいところで発見されることが多いです。
  • 成虫は野外に出て花粉や花の蜜を食べます。

ページの先頭へ戻る

対策は…

衣類に発生した時は

  • 毛織物製品などは、クリーニングしてから密閉できるケースにしまい、防虫剤や脱酸素剤を入れておくとよいでしょう。
  • 「虫干し」には、幼虫や成虫を追い出す効果があります。

食品に発生した時は

  • 乾燥食品などは密閉容器に入れて保管しましょう。
  • 食害された食品は処分しましょう。

「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311