ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

ノミ類

吸血する虫

吸血・発赤・かゆみ

褐色で扁平な吸血性の昆虫です。ヒトノミは見られなくなりましたが、最近ではネコノミ、ネズミノミ、スズメトリノミの被害にあうことがあります。

ネコノミ

ネコノミ

スズメトリノミ

スズメトリノミ

どんな虫?

  • 本来は猫やネズミ、野鳥などの体に寄生していますが、寄生先の動物(宿主)が死んだり巣から離れたりすると、宿主から離れたノミが人から吸血するようになります。
  • 人の皮膚につくのは血を吸う時のみで、それ以外は部屋のすみや畳の下、床下などに潜んでいます。
  • オス・メスとも吸血し、メスは畳などに卵を産み、幼虫はごみの中で成長します。

ページの先頭へ戻る

対策は…

  • 発生源となる野良猫、ネズミ、野鳥などの巣を取り除き、十分清掃をしましょう。
  • 巣を取り除く時は、ノミに刺されないよう長袖の服や手袋を着用するなど、服装を整えてから行いましょう。

発生した時は

  • じゅうたんや畳の下、床下などを清掃しましょう。
  • 薬剤を使う場合は有機リン系殺虫剤などがよいでしょう。
  • ノミはペットにつくことがあります。必要に応じてペットのノミの駆除も行いましょう。

「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311