ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

コクゾウ

食品に発生する虫

米や麦などの穀類やその加工品を食害する虫で、成虫は口の部分が細長くなっています。

コクゾウ

米粒に潜むコクゾウ

どんな虫?

  • 米びつなど穀類の保管場所で発生し、幼虫が米、麦、トウモロコシなどの穀類やその加工品を食害します。
  • 幼虫は穀粒内で成長し、サナギから成虫となって穀粒を脱出します。
  • 成虫の寿命は100日ほどです。
  • 成虫は冬期間、穀粒を離れて越冬します。
  • 米をといでいる時に発見されることが多いようです。

ページの先頭へ戻る

対策は…

  • 米びつの米は毎回使いきり、清掃してから新しい米を入れましょう。
  • その他の対策は「マメゾウムシ類」の対策と同じです。

「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311