ここから本文です。

更新日:2016年2月26日

ヒラタキクイムシ

建材・家具の虫

春、成虫が発生・ラワン材を食害

建材や家具の表面に穴があき、そのまわりにきな粉のような木材の粉がこぼれている場合、キクイムシによる被害が疑われます。

ヒラタキクイムシ

ヒラタキクイムシの被害

建材の被害

どんな虫?

  • 成虫はラワン材やナラ、ケヤキ、カバ、キリなどの木材の表面に卵を産み、幼虫が内部を食害します。
  • 4~5月頃、成虫が木材に直径2mmくらいの穴をあけて出てくる時、大量の木粉がでます。
  • 家具や建具について室内に持ち込まれる場合が多く見られます。

ページの先頭へ戻る

対策は…

発生した時は

  • 建材や家具を取り替えましょう。取り替えが困難な場合は、穴の中の木粉を取り除き、市販のキクイムシ用殺虫剤を注入し、周りにも殺虫剤を塗るとよいでしょう。
  • 木材の表面に、ニスやラッカーなどを塗ると産卵防止になります。
  • 被害が激しい場合は、専門の駆除業者に相談しましょう。

ページの先頭へ戻る


豆知識

建材や家具を害する虫には、他に「オオナガナガシンクイムシ」や「オオナガシバンムシ」、「マツザイシバンムシ」などが見られます。

 オオナガシンクイムシの一種オオナガシバンムシ


「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所環境衛生課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5165

ファクス番号:011-622-5177