ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

カメムシ

不快な虫

山ろく地帯での発生が多く、秋に屋内に侵入して、不快な臭気を放ちます。

壁に付いたスコットカメムシ

スコットカメムシ

どんな虫?

  • 春から秋頃までは、山林などに生息しています。
  • 10月中旬頃、越冬のため屋内へ侵入します。春先になると、越冬を終えて野外に戻ります。
  • 体が扁平なので、窓枠や溝、換気口など、ごく狭い場所からでも侵入することができます。
  • 森林を背にした白壁の家が侵入被害を受けやすいようです。
  • 分泌される臭気は、手につくと取れにくく、屋外に干した洗濯物を汚すことがあります。

ページの先頭へ戻る

対策は…

  • 屋外の広範囲に生息する虫なので、発生源を抑えることは出来ません。

  • 家屋への侵入が始まる前に、大きな穴をふさぎ、窓枠や溝、換気口の周囲などに専用の殺虫剤を散布しておくとよいでしょう。

発生した時は

  • ガムテープなどでつぶさないように捕まえ、処分しましょう。
  • 多数侵入された時は、くん煙剤を利用し、すき間に潜入しているカメムシを室内に追い出して捕まえる方法もあります。

矢印「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311