ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

シバンムシ類

食品に発生する虫

乾燥した植物質の食品などを害する虫で、食品に発生する種類としては、ジンサンシバンムシとタバコシバンムシが代表的です。

ジンサンシバンムシ

タバコシバンムシ

タバコシバンムシ

どんな虫?

  • 食品の保管場所や畳などに発生し、幼虫が乾めん、ビスケット、菓子類、香辛料、薬用人参、畳床、ペットフードなどを食害します。
  • マユを作る時に、表面に食べかすやフンをつけて塊状にします。
  • 羽化した成虫は、食品から離れるため、室内などで発見されて初めて被害に気づくことが多いようです。

ページの先頭へ戻る

対策は…

  • 食品類を確認しても発生源がわからない場合は、畳床を見てみましょう。
  • その他対策は「マメゾウムシ類」の対策と同じです。

ページの先頭へ戻る


豆知識

シバンムシの幼虫には、天敵である「シバンムシアリガタバチ」が寄生することがあります。

時としてこの寄生バチが寝ている人を刺すことがあります。


「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所環境衛生課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5165

ファクス番号:011-622-5177