ここから本文です。

更新日:2014年1月29日

チャバネゴキブリ

室内・食品の虫

不快感・病原体の媒介

体表や腸内に細菌をつけて、食器や食品の上を歩くので感染症を媒介するおそれがあり、また、強い不快感を与えます。

成虫

粘着シートに捕まったチャバネゴキブリ

どんな虫?

  • ガス台の下、台所や冷蔵庫、食器棚の裏、引き出しの中など、温度が高く、暗い、狭いすき間に群れをつくって生息します。
  • 雑食性で人の食べ物や調理くずなどを食べます。
  • 夜間に活動し、特有な悪臭を発します。
  • 暖かいところを求めて、家電製品やOA機器などに侵入して、漏電や故障の原因になることがあります。
  • メスは卵鞘(卵の入った袋)を持ち歩き、ふ化する頃に生育に適する所に産み落とすので駆除が難しくなります。

ページの先頭へ戻る

対策は…

  • エサになる残飯などを片づけましょう。
  • 台所周辺はいつも清潔にしましょう。

発生した時は

  • ガス台の下や冷蔵庫の裏など、すき間の清掃をしっかり行いましょう。
  • 台所などの水滴は飲み水となります。水滴をふき取りましょう。
  • 発生状況に合わせて、粘着シート、毒エサ、エアゾール剤、くん煙剤などを使用するとよいでしょう。

「住まいの虫たち」トップページへ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182

ファクス番号:011-622-7311