ホーム > くらし・手続き > まちづくり・地域の活動 > 町内会・自治会 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた町内会・自治会行事や活動の実施に係る留意点

ここから本文です。

更新日:2021年4月21日

新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた町内会・自治会行事や活動の実施に係る留意点

北海道は、令和3年4月15日付の感染症対策本部会議において、札幌市内の感染者数が引き続き増加傾向にあり、入院患者数の増加や、病院・福祉施設等での集団感染事例が発生していることを踏まえ、4月16日(金)までとしていた札幌市を対象とした強い防止対策措置を5月14日(金)まで延長することを決めました。
札幌市も、同日付の札幌市感染症対策本部会議において、これから花見の時期やゴールデンウィークを迎えることから、改めて市民の皆さまに感染リスクを回避する行動の徹底をお願いしていくと共に、札幌市内のコミュニティ施設における感染防止対策の強化などを行うことを決めました。
地域活動を実施する場合においても、今後、地域で総会等の開催時期を迎えるにあたり、人流の抑制と感染防止対策の徹底により一層ご留意いただくと共に、「札幌市の地域活動ガイドライン」に加えて、下記の項目についても実践していただけますよう、ご理解ご協力お願いいたします。

・感染リスクを回避できない場合における「不要不急の外出」および「不要不急の市外との往来」は自粛する。
・大人数が集まる行事は、感染防止を徹底し人と人との間隔を十分に確保するなど、適切な開催方法を検討する。
・とりわけ飲食を伴う集会等については、徹底した感染防止対策を講じる。

【変異株の広がりに伴う実践・徹底】
・飲食時でも会話の時はマスクを着用する「黙食」の実践
・休憩場所など、感染リスクが高い場所での対策の徹底
・人との距離を取るなど「3密」を回避する行動の徹底
・マスク着用時にも大きな声での会話は控えるよう徹底
・こまめに、十分な量のアルコール等での手指消毒の徹底
・ドアノブなど共通で触れる部分の消毒を徹底

「新北海道スタイル」に基づく地域活動について(9月18日更新)

「新北海道スタイル」を実践しながら、新型コロナウイルス感染拡大の予防と地域活動の両立を図るための基本的な考え方をまとめましたので、各種地域活動を実施する際の参考としてください。

・札幌市の地域活動ガイドライン(PDF:703KB)

・札幌市の地域活動ガイドライン 別紙(イベント等の開催制限について)(PDF:1,734KB)

・札幌市の地域活動ガイドライン 感染症対策チェックリスト(屋内・屋外活動用)(PDF:900KB)

・札幌市の地域活動ガイドライン 参加者名簿(例)(エクセル:15KB)

総会等の会議開催について

総会や役員会等の会議については、多人数が集まる形式で開催すると集団感染が発生するリスクが高まります。このため、開催する場合は、マスクを着用し大きな声での会話を控える、近い距離で集まることを避ける等といった基本的な感染防止対策に加えて、書面表決や委任状の活用により、可能な限り少人数で実施する等の対応をご検討ください。

※書面表決:議題に対する賛成・反対の意思を書面表決書に記載し、事前に提出する手法
※委任状:議題に対する賛成・反対の意思決定を委任状に記載した代理人に委ねる手法

【参考】書面表決等による総会の進め方(例)

  1. 「総会の開催案内」、「議案」、「書面表決書」、「委任状」を町内会・自治会の会員に配布する。
  2. 総会に出席しない会員から「書面表決書」または「委任状」を提出してもらう。
  3. 集めた「書面表決書」、「委任状」を役員等で集計する。
  4. 総会を開催する。
  5. 会員に総会の結果を回覧等でお知らせする。

認可地縁団体の総会について

認可地縁団体については、地方自治法第260条の13に定めるとおり、少なくとも毎年1回、構成員による通常総会を開かなければならないとされています。

また、認可地縁団体の総会は、下記の総務省のQ&Aのとおり、実際に集まらずともWeb会議など、参加者が相互に議論できる環境であることが求められています。そのような環境が整わない場合、初めから会員が実際に集まる機会を設けずに、書面表決のみで総会とみなす手法は、原則認められません

総会の開催方法については、本ページ「総会等の会議開催について」をご参照の上、開催時期、実施方法等をご検討ください。

【参考】総務省Q&A
Q.新型コロナウイルスの感染症の拡大を受けて、認可地縁団体の総会等の開催方法について、どのように対応すればよいでしょうか。
A.認可地縁団体の代表者は、少なくとも毎年一回、構成員の通常総会を開かなければならないとされていますが(法第260条の13)、総会に出席しない構成員は、書面で、又は代理人によって表決をすることが可能とされています(法第260条の18第2項)。
なお、認可地縁団体の構成員は多数に及ぶことに留意が必要ですが、例えば、総会に出席せず、書面で、又は代理人によって表決をする構成員が相当数見込まれる状況において、実際に集まらずとも、出席者が一堂に会するのと同等に、相互に議論できる環境であれば、Web会議、テレビ会議、電話会議などにより総会を開催することも可能と解されます。
また、規約により役員会を設置するものとされている場合にも、同様の環境であれば、Web会議、テレビ会議、電話会議などにより役員会を開催することが可能と解されます。

書面表決のみによる総会としたい場合

上記のとおり、認可地縁団体の場合は、総会参加者が相互に議論できる環境を設けることが必要であり、会員の同意なく初めから書面表決のみを参加手段として総会を開催することはできません。
ただし、事前に、各会員に対し書面表決のみによる総会開催の実施可否について確認を行い、誰からも反対がないことを確認した場合には、会員が実際に集まる機会を設けずに、書面表決の実施のみで総会とみなすことはできると解されます。

回覧について

町内会・自治会内で行われている回覧は、地域内における情報連絡の重要な手段であると考えていますが、感染拡大防止のため、緊急性等を考慮し回覧が必要であると判断された場合には、手渡しを避けて郵便受けに入れる、こまめに手洗いを実施する等、ご留意ください。

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局市民自治推進室市民自治推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2253

ファクス番号:011-218-5156