ホーム > くらし・手続き > 交通 > 自転車 > 大通周辺の駐輪場

ここから本文です。

更新日:2022年4月26日

大通周辺の駐輪場

お知らせ

  • 大通周辺有料駐輪場のうち、3か所の駐輪場(北1西1地下駐輪場、西2丁目線地下駐輪場、南2西4五番街駐輪場)において、精算機内のシステムの設定に誤りがあり、令和4年4月1日(金曜日)~7日(木曜日)までの間に、日を跨いで一時利用をされた方の料金について過収受が発生していたことが判明いたしました。
    ご利用の皆様にご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
    返金対応の方法等については以下のお知らせをご覧ください。
    お知らせ「大通周辺駐輪場の一時利用に係る料金の収受誤り及びご返金について」(PDF:55KB)

大通周辺の駐輪場について

札幌市では、札幌市自転車等駐車場条例を令和3年5月に改正し、大通周辺の自転車等駐車場(駐輪場)を令和4年(2022年)4月から有料駐輪場といたします。

これまで、札幌駅周辺の公共駐輪場14か所について有料駐輪場として供用してきましたが、既に供用している大通周辺の公共駐輪場や、令和4年4月に供用開始となる西2丁目線地下駐輪場についても、札幌駅周辺の駐輪場利用者の方々と同じく、一定のご負担をしていただくものです。
利用料金による収入は、駐輪場の維持管理費に充てられます。

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

案内チラシ(PDF:4,339KB)

 

お問い合わせ先

大通周辺自転車等駐車場につきましては、指定管理者(大通周辺自転車等駐車場利用推進グループ)が管理しております。

駐輪場の運営に関する御意見、御要望につきましては、下記リンクの利用者アンケートをご参照ください。

 

西2丁目線地下駐輪場の完成

これまで整備を進めてきた西2丁目線地下駐輪場が、令和4年4月1日(金曜日)に供用開始となりました。

駐輪場の出入口はスロープ2か所のほか、エレベーター2か所(うち1か所は令和4年夏頃利用開始予定)があります。また、駐輪場は大通駅の地下鉄コンコースと接続しており、地上に出ることなく徒歩で大通駅や地下街と行き来することができます。

また、西2丁目線地下駐輪場の供用開始に併せて、西2丁目線沿いの路上駐輪場は令和3年度をもって廃止となりました。

 

西2丁目線地下駐輪場の地上平面図
西2丁目線地下駐輪場の東側出入口

西2丁目線地下駐輪場の内部写真

大通周辺の放置禁止区域及び有料駐輪場一覧、利用料金

令和4年4月から、大通周辺は自転車や原動機付自転車の放置禁止区域に指定されております。

路上や公園などに放置している自転車等は撤去の対象となりますので必ず駐輪場を利用してください。

駐輪場の空き状況の確認については、下記リンクまたは西2丁目線地下駐輪場管理事務所(011-211-5190)までお問い合わせください。

駐輪場を利用できる車種

駐輪場を利用できる車種は下表のとおりです。

駐輪場

自転車

原動機付自転車

西2丁目線地下駐輪場

利用可

利用可
(排気量125cc以下)

北1西6暫定駐輪場

利用可

利用可

(排気量50cc以下)

市役所駐輪場

利用可

(タイヤ幅55mm以下)

(重さ25kg以下)

利用不可

北1西1地下駐輪場

大通西1丁目駐輪場

大通西5丁目駐輪場

大通西6丁目駐輪場

南2西4五番街駐輪場

利用可

利用不可

※駐輪場の位置については上記の一覧をご確認ください。

駐輪場の利用方法について

営業時間

北1西1地下駐輪場、西2丁目線地下駐輪場は、6時00分~24時00分の営業です。

そのほかの駐輪場は、24時間入出場ができます。

利用期間

大通周辺の駐輪場の利用期間は、4月1日から11月30日です。
なお、西2丁目線地下駐輪場の地下1階のみ通年営業(12月29日から1月3日を除く)となります。

また、自転車等の冬期保管を利用される方は、北1西1地下駐輪場、西2丁目線地下駐輪場をご利用ください。

定期利用

申し込みは次のとおり受付けています。

1.定期利用の申し込み方法

申し込みの際に「車体番号」や「防犯登録番号」(登録している方のみ)と車体の色やタイヤのサイズなどの自転車の特徴を申し込み用紙に記入していただきます。
「車体番号」は自転車に刻印されています。
また、「防犯登録番号」は自転車に貼っている防犯登録シールに番号が記載されています。
定期利用の申し込みの際には、これらの番号と自転車の特徴をメモして持参していただくか、または直接自転車に乗ってお越し下さい。
なお、原動機付自転車でのご利用の場合は標識番号が必要です。

学生の方は学生証をご持参下さい。

~定期利用に使用する定期券について~
SAPICA又は敬老優待乗車証(敬老ICカード)(PDF:67KB)をお持ちのかたは定期券として利用できますのでご持参ください。
お持ちでない方は、この機会に地下鉄やお買い物等で利用できる便利なSAPICAのご購入をおすすめします。
なお、SAPICAをご用意できない方向けの駐輪場専用ICカードも駐輪場窓口でご用意できます。

※地下鉄や市電等の定期券発売所では、SAPICAの駐輪場定期券の登録はできません。

※定期利用のお申し込み1件につき、自転車1台、駐輪場1か所の登録となります。複数の自転車を登録されたい場合はその台数ごとに、また複数の駐輪場を定期契約されたい場合はその駐輪場ごとにお申し込みが必要となります。

2.受付期間

ア)利用開始日の2週間前から受付します。

例1)4月1日を利用開始日とする方は、3月18日から受付を開始します。

例2)4月9日を利用開始日とする方は、3月26日から受付を開始します。

イ)利用申し込みは、駐輪場ごとに先着順に受付いたします。

ウ)各駐輪場の利用台数には限りがありますので、満車となった時点で受付を終了します。

3.受付場所・受付時間

利用申し込みの受付場所・受付時間は下表のとおりです。

2か所の販売場所で、大通周辺の全ての駐輪場の定期利用を申し込むことができます。

受付場所 3月18日~3月31日 4月1日以降

北1西1地下駐輪場管理事務所

(住所:札幌市中央区北1条西1丁目創世スクエア地下1階)

8時00分~19時00分 6時00分~24時00分

西2丁目線地下駐輪場管理事務所

(住所:札幌市中央区南1条西2丁目ほか)

8時00分~20時00分 6時00分~24時00分

電話でのお問合せは、011-211-5190(西2丁目線地下駐輪場管理事務所)までお願いします。

 

一時利用

北1西1地下駐輪場、西2丁目線地下駐輪場、南2西4五番街駐輪場

  1. 駐輪場に入る際に一時利用券発行機で車種を選択し、一時利用券を発行してください。
  2. 入場ゲートの読み取り部分に一時利用券をかざすとゲートが開きますので、入場し、一時利用専用の駐輪スペースに停めてください。
    料金は後払いです。
    ※一時利用券は退場する際にも必要ですので、紛失しないようご注意ください。
  3. 駐輪場から出る際は、自動料金精算機の読み取り部分に一時利用券をかざしてください。自動料金精算機に利用料金が表示されるのでお支払ください。
  4. 利用料金は、1回あたり(24時間以内)、自転車が100円、原動機付自転車が200円です。
    24時間を超えて駐輪する場合は、駐輪場から出る際に追加料金が24時間ごとに、自転車が100円、原動機付自転車が200円発生しますので、あわせて精算して下さい。
  5. 出場ゲートの読み取り部分に精算後の一時利用券をかざすとゲートが開きますので退場できます。一時利用券は備え付けのごみ箱に捨ててください。

北1西6暫定駐輪場(自転車の場合)

  1. 駐輪場内の南側に一時利用専用の場所があります(48台分)。
  2. 自転車の場合は、一時利用専用場所の空いているラックに自転車を載せてください(自転車のスタンドは立てないでください)。
  3. 自転車を載せてから、奥まで押し込むと無料時間経過後にロックが掛かります。自転車のカギは、必ずかけてください。料金は後払いです。
  4. 駐輪場から出る際は、精算機に駐輪位置番号を入力し、精算ボタンを押してください。
    利用料金が表示されますので、精算してください。
  5. 利用料金は、1回あたり(24時間以内)、自転車が100円です。
    24時間を超えて駐輪する場合は、駐輪場から出る際に追加料金が24時間ごとに100円発生しますので、あわせて精算して下さい。
  6. 精算が済むと、ロックが解除されます。自転車を後方に引いて出庫してください。

北1西6暫定駐輪場(原動機付自転車50cc以下の場合)

  1. 駐輪場内の南側に一時利用専用の場所があります(5台分)。
  2. 原動機付自転車の場合は、一時利用専用場所の空いているバイクロックの前に停め、タイヤにチェーンをかけてください。
  3. チェーンピンを、赤い挿入口に奥まで挿入し、ランプが消えることを確認してください。
    料金は後払いです。
  4. 駐輪場から出る際は、自動料金精算機に駐輪位置番号を入力し、精算ボタンを押してください。利用料金が表示されますので、精算してください。
  5. 利用料金は、1回あたり(24時間以内)、原動機付自転車が200円です。
    24時間を超えて駐輪する場合は、駐輪場から出る際に追加料金が24時間ごとに200円発生しますので、あわせて精算して下さい。
  6. 精算が済むと、ロックが解除され、ランプが点滅します。チェーンを外し、フックに掛けてから出庫してください。

注意事項

駐輪場は、自転車等をお預かりするのではなく、自転車等を置く場所を提供するための施設です(12月~3月の冬期保管を除く)。
駐輪場内における自転車等の事故、盗難等による損害については、札幌市はその責任を負いません。
必ず施錠などの盗難防止等の措置をお願いします。

 

リンク:自転車トップページへ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市建設局総務部自転車対策担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎6階

電話番号:011-211-2456

ファクス番号:011-218-5134