ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

新型コロナウイルス感染防止の取組

丘珠縄文遺跡体験学習館及びおかだま縄文展示室は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に必要な措置を講じた上で開館いたします。ご来館の皆様には、ご迷惑・ご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

ご来館の皆様へ~新型コロナウイルス感染防止についてのお願い~

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、丘珠縄文遺跡にお越しの際は、次のことにご協力くださいますようお願い申し上げます。

ご来館の皆様へ~新型コロナウイルス感染防止についてのお願い~(PDF:447KB)

・来館前に体温を測定し、ご自身の体調をご確認願います。
・次のいずれか一つにでも該当する場合は、入場をお控えください

  • 37.5℃以上の発熱がある方
  • 咳(せき)・咽頭痛(のどの痛み)などの症状がある方(下記の症状を含む)
    ※咳、呼吸困難、全身倦怠感、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐
  • 過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国や地域への訪問歴がある方

消毒用アルコールを設置しておりますのでご利用ください。
マスクの着用をお願いします。
咳エチケットをお守り願います。
・施設内では、会話をお控え願います
・施設内では、他のお客様と十分な距離を取ってください。
・トイレでは石けんによる手洗いをお願いします。
展示ケースにはさわらないでください。
・施設内での長時間の滞在はご遠慮願います。
・感染者発生時に備え、ご自身で来館日時を記録願います。
・館内スタッフはマスクを着用させていただきますのでご了承願います。
※ご来館の際は、窓口前に設置されている非接触型自動検温器による体温の確認にご協力をお願いいたします

「北海道コロナ通知システム」の登録について

丘珠縄文遺跡体験学習館及びおかだま縄文展示室は、「北海道コロナ通知システム」に登録しています。
本システムは、不特定多数の方が利用する施設やイベント等において、新型コロナウイルスが拡大することを防止することを目的とし、施設利用やイベント参加の際、QRコードからEメールアドレスをご登録いただくと、同じ日、同じ施設を利用した方の中から新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、北海道からEメールでお知らせするものです。

丘珠縄文遺跡にご来場の際は、体験学習館と展示室にそれぞれ掲示しているQRコードを読み込み、表示された画面からEメールアドレスを登録することにより、「北海道コロナ通知システム」をご利用いただくことができます。
※QR
コードは、施設ごとに異なりますので、体験学習館と展示室を訪れる場合は、それぞれの施設で読み込み・登録が必要となります。
※ご来場された日ごとに、読み込み・登録が必要となります。

本システムの詳細については、北海道の「北海道コロナ通知システム」のページをご確認願います。

「新北海道スタイル」安心宣言(丘珠縄文遺跡)

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、「7つの習慣化」に取り組みます。

「新北海道スタイル」安心宣言(丘珠縄文遺跡)(PDF:455KB)

新型コロナウイルスまん延防止のための取組(PDF:419KB)

1.スタッフのマスク着用や小まめな手洗い

2.スタッフの健康管理を徹底

3.施設内の定期的な換気

・施設の出入口や窓等を開放し換気を実施

4.設備、器具などの定期的な清掃・洗浄

・手のふれる頻度の高い箇所の随時消毒

5.人と人との接触機会を減らす

・施設内での近距離での会話や発声の自粛呼びかけ
・お客様相互に十分な距離(2m程度)をとるよう呼びかけ

6.お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけ

・発熱などの症状がある方の入場制限
・入館時のマスク着用・アルコール消毒の呼びかけ
・お客様自身による来館日時の記録の呼びかけ

7.施設内掲示やホームページなどを活用し、施設の取組を積極的にお知らせ

「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用について

丘珠縄文遺跡体験学習館及びおかだま縄文展示室をご利用いただく際は、お使いのスマートフォンへの「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)」のインストールにご協力をお願いいたします。
※「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)」は、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができる、スマートフォンのアプリです。

本アプリの詳細については、厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ」のページでご確認願います。

感染症拡大防止のための当面の取組

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、当面の間、以下の取り組みを行います。

感染症拡大防止のための当面の取組(PDF:326KB)

・体験メニュー「火おこし体験」・「土器パズル」は、市内の感染状況に応じて制限付きで開催又は休止します

展示室等の団体見学の受入を当面休止します

・さわることができる展示物の展示を当面取り止めます

・休憩コーナー(体験学習館)のテーブル・椅子を当面撤去します(施設内での飲食はご遠慮ください)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市埋蔵文化財センター

〒064-0922 札幌市中央区南22条西13丁目1-1

電話番号:011-512-5430

ファクス番号:011-512-5467