ここから本文です。

更新日:2021年7月20日

火おこし体験の利用方法

休止しています

火おこし体験のご利用は当面休止させていただきます。
皆様にはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承願います。

火おこし体験は、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で、制限付きで実施いたします。皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いします。なお、今後の感染状況により、利用方法を変更又は利用を中止する場合がありますので、ご了承願います。

開催日(令和3年度)

令和3年4月29日(木曜日)から令和3年11月3日(水曜日)までの土曜日・日曜日及び国民の祝日

※新型コロナウイルス感染防止対策として密閉・密集を避けるために、屋外での体験となりますので、雨天の場合は中止とさせていただきます。

※イベントその他の事由により中止とする場合があります。

人数

1日先着30組(1組4人まで)
※ご利用が30組に達した段階で当該日の受付を終了させていただきます。

受付

 丘珠縄文遺跡体験学習館の事務室窓口で申込を受け付けます。
申込の際は、窓口前に設置されている非接触型自動検温器で、必ず体験者全員の体温確認をお願いします(37.5℃以上の発熱のある方を含むグループでのご利用はご遠慮願います)。
※ご利用組数に関わらず、当該日の受付は15時30分で終了させていただきます。
※新型コロナウイルスの感染者が発生した場合に備え、申込書に代表者の氏名・連絡先等をご記入いただきます。ご記入いただいた個人情報は、必要に応じて保健所等の公的機関に提供することがありますので、予めご了解願います。

体験方法

火おこし体験方法(暫定版)(PDF:749KB)

  • 火おこし体験用具を1組1セット貸し出します。
  • 原則、屋外(体験学習館前の緑地)で体験していただきます。
  • 舞きり式の火おこし体験です。
  • 摩擦熱を利用して煙をおこすところまでを体験します(※実際に火をつけることはできません)。

※感染症予防のため、スタッフによる直接指導は当面行いませんので、ご理解・ご協力をお願いします。

火おこし体験

注意事項

  • 熱中症予防のため、30分を目安に体験してください。
  • 他のグループと2m以上の距離をとり、熱中症予防のためマスクを外して体験してください。
  • 感染症予防のため用具は消毒済みです。他のグループと用具を共用しないでください。
  • 道具が破損した場合は、受付まで申告してください。
  • 体験後、道具は受付の返却ボックスに各自で戻してください。
  • 体験後は、必ず石けんで手洗いをしてください。

※丘珠縄文遺跡にお越しの際は、新型コロナウイルス感染防止の取組にご協力をお願いします。また、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)」及び「北海道コロナ通知システム」のご利用にご協力をお願いいたします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌市埋蔵文化財センター

〒064-0922 札幌市中央区南22条西13丁目1-1

電話番号:011-512-5430

ファクス番号:011-512-5467