ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 墓地・火葬場 > 札幌市の葬送を取り巻く状況 > 墓地の現状と課題(墓地ニーズの多様化)

ここから本文です。

更新日:2021年12月15日

墓地の現状と課題(墓地ニーズの多様化)

お墓の形態

札幌市では、少子高齢化が進んだことなどにより、墓石型の需要は減ってきていますが、樹木葬合葬墓といった新しい形態のお墓への需要が増えてきています。

樹木葬とは

墓石の代わりに樹木を墓標やシンボルとするお墓の形態のこと。

札幌市内の墓所販売数、合葬墓の利用実績の推移

お墓の使用契約

平成30年度(2018年度)に実施した市営霊園の使用者に対するアンケート調査によると、お墓の有期限利用について「制度があると良い」とする意見が約67%となっています。

また、既に家墓、代々墓などのお墓を持っている方の約67%が維持管理を継続する意向を持っている一方で、約16%が墓じまいや他の形態のお墓への変更を希望するなど、管理継続以外の意向を持っています。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182  内線:375

ファクス番号:011-622-7311