ホーム > 健康・福祉・子育て > 生活衛生 > 墓地・火葬場 > 札幌市の葬送を取り巻く状況 > 火葬場の現状と課題(札幌市内の火葬場の概要)

ここから本文です。

更新日:2021年6月25日

火葬場の現状と課題(札幌市内の火葬場の概要)

火葬場マップ札幌市には里塚斎場山口斎場の2つの火葬場があります。

火葬場では9時30分から15時の間で到着順に火葬を受け付けており、市民の火葬料は無料としています(市民以外の方が火葬をする場合は有料)。

昭和59年度(1984年度)に里塚斎場が完成した時から、友引日を休場としているため、札幌市内では友引日に火葬をすることはできません。

これは、それまでの友引日の火葬実績が極めて少なかったことや、機器の点検日を確保する必要があるためです。

 

 友引とは

七曜日と同様の暦注である六曜のうちの一つの曜日。「友を引く」「災が友に及ぶ」と読めることから、この日に葬儀、火葬を行うことを避ける傾向があります。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所生活環境課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5182  内線:375

ファクス番号:011-622-7311