ここから本文です。

更新日:2019年3月21日

エボシカメレオン

エボシカメレオン

*有鱗目

SQUAMATA

(トカゲ亜目SAURIA)

*カメレオン科

Chamaeleonidea

*英名

Veiled chameleon

*学名

Chamaeleo calyptratus

分布 アラビア半島南西部に分布し、高地にある湿度の高い森林に生息しています。
特徴

イエメンの固有種で、全長60cm程度です。

危険を感じると体を大きく膨らませて体色を変化させ、口を大きく開けて威嚇音を出して威嚇行動を取ります。

生息地は降雨量が少ないため、植物から水分を摂取できるようになっています。

繁殖形態は卵生で1回に20~72個の卵を地中に産み、卵は約150~200日で孵化します。

雌は妊娠すると体色が黒く変色なり、雄雌の見分け方は比較的容易で、雄は後肢の踵に小さな突起がありますが、雌にはあります。

食性 動物食傾向の強い雑食で、昆虫類、節足動物等を主に食べますが、カメレオンとしては珍しく植物の葉や果実等も食べます。
寿命 野生下:約5年 飼育下:約5年
その他 CITES:付属書Ⅱ

は虫類・両生類館の動物へもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428